、大変なようだ”
16日午後6時発売 type=w540″>写真=チェ・イェナカムバックショーケースⓒMHNスポーツイ・ジスク記者

16日午後4時、ソウル龍山区漢南洞ブルースクエアマスターカードホールでチェ・イェナ初のシングルアルバム「ラブウォー」発売記念カムバックショーケースで記者たちと質疑応答時間を持った。進行は放送局のキム・イルジュンが引き受けた。視線から見た「愛」の過程を盛り込んだアルバムだ。また、チェ・イェナが直接作詞・作曲に参加し、ミュージシャン・コールド(Colde)のプロデュースが加わった。としての面貌を見せたチェ・イェナは「準備する過程で大変ではなかったが今は一生懸命参加して学ぶ段階だと思う」とし「今後完全に私だけの曲を作ることになる日が来てほしい」と伝えた。

写真=チェ・イェナカムバックショーケースⓒ >チェ・イェナは今回のアルバムについて「イェナだけの視線で見た愛の過程を盛り込んだ」とし「既存に私がたくさん見せてくれた私の色とは違った感じ」と紹介した。

そして「直接歌を聞いてみると、「乗り継ぎ恋愛」ナヨンとレアカップルが思い浮かんでインスピレーションを少し受けた」と付け加えた。このようなイメージも可能で、新鮮だという感じを与えようとした”と”アルバムジャケット 写真に良いコメントが多くて準備過程を通して良かった”と明らかにした。過去の曲とは違ってダークした”とミュージックビデオとジャケット写真撮影当時エピソードを解放した。

01/16/0000092783_003_20230116175403648.jpg?type=w540″>写真=チェ・イェナカムバックショーケースⓒMHNスポーツイ・ジスク記者

タイトル曲「Love War(Feat.BE)最も危ないで倦怠した時期を表現した曲だ。特にチェ・イェナとビオが別れ直前の恋人として分解互いの立場を歌う。と成徳になったようで作業を通して幸せだった”と”性的関係なくコラボ体験そのものだけでも栄光”と感想を明らかにした。 over(ラブイズオーバー)」と後悔なしで愛した相手を離れる別れの瞬間を盛り込んだ「ウォッシュアウェイ」が収録された。与え、ウォッシュアウェイに新しい変化を、最後のラブウォーではインパクトを与えたかった”と”曲の流れを気にしたのでこの部分も考えていただきたい”と話した。

写真=チェ・イェナカムバックショーケースⓒMHNスポーツイジチェ・ソンミン氏のアドバイスを聞く姿が放送で公開された。今回の活動にもアドバイスを受けたことがあるかどうかについての質問にチェ・イェナは「以前は先生のように’この振付にはポイントを与えてほしい’こんな話をたくさんしてくれたが、今回は’ただいい。こうすればいい’と応援だけ多くやってくれた。また、「この場を借りて申し訳ないと言いたい」と伝えた。同じだとし、「変化と挑戦を恐れずに多くを無関心に見せるイェナの未来を期待してほしい」と感想を明らかにした。’は16日午後6時発売され、当日ショーケースを皮切りに音楽、芸能活動に突入する。 16日午後4時ソウル龍山区漢南洞ブルースクエアマスターカードホールでチェ・イェナ初のシングルアルバムラブウォー発売記念カムバックショーケースへ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!