jpg?type=w540″> (写真=ショープレイ提供)
[日刊スポーツキム・ウング記者] MBN「燃えるトロットマン」の「1:1ライバル戦」パート1(PART1)サイトを通じて発売される。

去る17日放送された’燃えるトロットマン’ではオーディション芸能の花といえる’1:1ライバル戦’が繰り広げられた。

エネルギーボーイ青年太白指摘した相手は西川セレブのパク・ミンスで、両参加者は故郷のプライドをかけて対決を繰り広げた。パク・ミンスはナフンアの「名者」を本人だけの色で完全に再解釈、成長速度が最も速い参加者として認められ、新しい優勝候補に浮上し、次のラウンドに進出する快挙を成し遂げた。

浮上するトロット韓流スターのキム・ジュンヨンの「火蝶」の舞台では、破格的な水中パフォーマンスが披露された。キム・ジュンヨンは目を離せない華やかなパフォーマンスで好評を得て芸能人代表団のモルタルを獲得し、個人最高金額を獲得してきちんとした勝利を収めた。

決勝戦を彷彿とさせたエノクと神聖の舞台では、龍護常博の対決を繰り広げながら、韓치前が分からない緊迫感で視聴者たちの呼応を導いた。本選1次でジンに上がったエノックは、ソルウンドの「再び一度だけ」を選曲、ミュージカル的な要素を加えた曲解釈で見る人々の愛姫を溶かす完璧な舞台を広げた。どんな曲でも自分だけのスタイルで消化し、リスナーたちの鼓膜をしっとりとさせる神性の「ビーチの女性」は、視聴者たちの目と耳を楽しませる舞台で熱い歓声を受けた。

にはファン・ヨンウン、ナム・スンミン、エノク、ミン・スヒョン、シン・ソン、ソン・テジン、パク・ミンス、チョン・ジョンヒョク、漢江、イ・スホが3週目「国民応援投票」トップ10に名前を挙げて関心を集中させた。さらに10人部屋は、正月連休の初日である21日午後8時「ネイバーナウ」でライブで行われる「燃えるトロットマンスペシャルトークショー」に参加することが知られ、期待感を高めた。

ニールセンコリアによると「燃えるトロットマン」視聴率は全国有料放送世帯基準14.3%(1部)、11.4%(2部)を記録した。

‘1:1 ライバル戦’パート1(PART1) 音源はカンフンの’愚かだが’、武竜の’様の灯り’、ソン・テジンの’ガラジ’、イ・スホの’18歳順が’、チョンダ韓の「牙」、チェ・ソンの「天上再会」、チェ・ユンハの「孤独な酒」、太白の「履歴書」、漢江の「ベンチ」を含めて全13曲の音源が発売される。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!