KBS 2TVで21日放送
ペ・チョルス「今回の放送最後に音楽は終わり…とても幸せだった」

KBS雪大企画ソンゴルメコンサート「40年ぶりの飛行」記者懇談会
ソウル汝矣島(ヨイド)KBS本館で開かれたKBS説大企画のソンゴルメコンサート「40年ぶりの飛行」記者懇談会でポーズを取っている。 2023.1.18 [email protected]

(ソウル=ヨンハップニュース) 」 (ペ・チョルス)

韓国ロックの伝説ソン・ゴルメのペ・チョルスは18日、ソウル汝矣島KBSで開かれた雪大企画のソンゴルメコンサート「40年ぶりの飛行」記者懇談会で「個人的に音楽は食べ物に似ていると思うが、健康のために偏食してはいけないように、精神健康のために音楽も偏食してはならない」とこのように言った。 「と強調した。 3年後の1982年、弘益大ロックバンドブラックテトラのグチャンモとキム・ジョンソンを迎え入れ、バンドの全盛期を迎えた。

愛する」などのヒット曲を輩出して1980年代を代表するバンドとして人気を享受した。

5週間1位を占めるなどヒットをした。リーダーのペ・チョルスは同年進行を引き受けたMBC FM「ペ・チョルスの音楽キャンプ」を進行し、国民DJとして愛された。そんなソン・ゴルメが9集基準32年、1984年グチャンモがチームを脱退してから38年ぶりの昨年ソウルオリンピック公園体操競技場公演を皮切りに再び飛び上がった。ソン・ゴルメが全盛期を謳歌したペ・チョルス・グチャンモ「ツートップ」体制で公演を繰り広げたのだ。 、光州、高陽など全国各地の観客を熱狂させた。 %で、私がどのように歩いて出て公演をしたのか覚えていないほどだった」と公演当時、激しい感情を伝えた。を見て夢を見ているのか実感が出なかった”とし”昨年下半期ずっと公演しながら一言で幸せだった”と聞いた。雪大企画は先月、京畿道高陽で行われたコンサートを放送することだ。ソン・ゴルメは「どうして会った君」、「雨水」、「みんな愛する」のようなヒット曲を聞かせてくれる。マダシム・スボンやイム・ヨンウンなど男女老朽に愛される公演を企画形式で放送している。消化し、私は普及した曲をしたので、旧正月の休暇に家族全員が集まり、様々な音楽的要素に出会えるだろう」と紹介した。

image/001/2023/01/18/PYH2023011813180001300_P4_20230118154824228.jpg?type=w540″>質問に答えるソン・ゴルメペ・チョルス-グ・チャンモ本館で開かれたKBS雪大企画のソンゴルメコンサート「40年ぶりの飛行」記者懇談会で質問に答えている。 2023.1.18 [email protected]

ペ・チョルスは「最近、若い友人たちは私の父母の世代は無条件トロットだけ好きだと誤解できる」とし「しかし、私たちの世代こそビートルズ、ブラックサバス、レッドゼプリンなど、最もロックを多く聞いた世代」と話した。と聞いたことを自慢する時間になってほしい」と付け加えた。しかし、ペ・チョルスが「音楽界引退」を宣言したため、ペ・チョルス・グチャンモ「ツートップ」のソン・ゴルメに出会えるのは今回のKBS放送が最後になる見通しだ。

し、私としては最後の公演までKBS放送を最後に終わったのだとし、「人がどうなるか分からないが、現在まで(これから)音楽をするつもりは持っていない」と述べた。九昌母は「ある程度人生を生きたが、人生と世の日は誰も壮大にできなかった」と余地を残した。同じくらい呼応をたくさんしてくれました。舞台で歌う間、いつも幸せでした」 (ペ・チョルス)

[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!