を盛況裏に終え、デビュー初のワールドツアーアジア公演の序幕を華やかに上げた。ツアー「チェックメイト」)の砲門を開いた。先立って米国8都市を回るアメリカ州ツアーを前回車全席完売させて盛り上げ、去る1月14日と15日両日間フィリピンマニラSMモールオブアジアアリーナで開かれた単独コンサートを皮切りにアジアツアーに突入した。

今回の公演は2019年12月海外ショーケースツアー「ITZY PREMIERE SHOWCASE TOUR」ITZY? ITZY!」(あるプレミアショーケースツアー「ある??!」)以来、約3年ぶりに実現したのだ。当初1月14日に1回公演を開催する予定だったが、チケットが超高速完売に伴い15日公演を追加し、これも早く全席完売になった。

ITZYに向けた取材を開くことも熱かった。公演を一日控えて開かれた記者会見にはフィリピン代表ニュースやエンターテイメントチャンネルGMA 7をはじめ、ABS-CBN、CNN Philippines、Philippine Star、Manila Bulletinなど主要メディアが参加した。 ITZYはマニラコンサート開催の感想と期待ポイントはもちろん、ワールドツアー、新年の計画や目標などを話した。ファンでリン酸人になった。 ITZYは開場後、最多観客を記録するほど熱心な関心と愛情を送ってくれたファンのために様々なイベントを用意してありがたい心を伝えた。 GMA 7、CNN PhilippinesはITZYの爆発的なグローバル人気に注目し、単独インタビューの内容を詳しく報道した。アメリカのビルボードメインチャート「ビルボード200」入城の栄光を与えてくれたミニアルバム「GUESS WHO」(ゲス後)タイトル曲「MA.P.A。 In the morning'(マフィア・イン・ザ・モーニング)を筆頭に’違ってくれ’、’ICY'(子供さん)、’WANNABE'(ワナビー)、’Not Shy'(鎌シャイ)、’LOCO'(ロコ)、’SNEAKERS'(スニーカー)などヒット曲パレードを繰り広げ、コンサートでは初披露する最新曲’Cheshire'(チェシャー)、5人5色魅力が宿った個人舞台で公演場温度を高めた。

フィリピンマニラでアジアツアー快調の出発を知らせたITZYは1月28日シンガポール、2月4日インドネシアジャカルタ、2月22日~23日日本千葉、2月26日台湾台北、4月8日タイバンコクで勢いを続ける。

ITZYのデビュー初のワールドツアーは全世界15地域18回規模で興行中展開中であり、来る2月12日にはソウル江西区KBSアリーナで2回目の公式ファンミーティングをオン、オフライン同時開催し、グローバルファンシムをさらにつかむ。

[写真=JYPエンターテイメント]

* YTN starでは芸能人や芸能界の従事者に関連する情報提供を受けます。
[email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!