jpg?type=w540″>
ニュージンスがデビュー約6ヶ月ぶりにアメリカのビルボードチャートで第4世代ガールズグループ最高キャリアを達成した。最新チャート(1月21日者)によると、ニュージンス(ミンジー、ハニ、ダニエル、ハリン、ヘイン)シングルアルバム「OMG」の収録曲「Ditto」がメインシングルチャート「ホット100」で96位を占めた。

これでニュージンスはいわゆる「第4世代K-ポップアーティスト」の中で初めてビルボード「ホット100」に入ったグループになった。ニュージンスはまた、デビュー後約6ヶ月ぶりに「ホット100」に入り、Kポップアーティストの中でデビュー後最短期間にこのチャートにチャートインする新記録を立てた。

7日「Ditto」でビルボード「グローバル(米国を除く)」11位、「グローバル200」26位に上がり、それぞれのチャートで独自の最高順位の新記録を立てた。また、この曲で「ワールドデジタルソングセールス」で1階段上昇した4位に上がり、ビルボード「ホット100」に惜しく参入できなかった25位までの順位チャートであるビルボード「バブリングアンダーホット100」に初めて入場し、17位に安着

それから2週間でビルボード「ホット100」まで突破し、慌てずに高空行進中だ。さらにデビュー6ヶ月ぶりのビルボード「ホット100」進入であり、サイ、防弾少年団、ブラックピンク、TWICE以来初めてこのチャートに入ったKポップアーティストという点でさらに注目が集中する。


ニュージーンの。世界的に注目される新興ミュージシャンを対象としたビルボード「新興アーティスト」(1月7日者)で2階段上がった20位に位置し、デビュー曲「Hype boy」を「グローバル(アメリカを除く)」(70位)と’グローバル200′(121位)に安着させて21週連続でビルボードチャートに名前を上げたりもした。ニュージンスはスポーティファイ韓国「週刊トップアーティスト」(12月29日者)で1位に上がった後、2週(集計期間12月23日~1月5日)連続首脳を守っている。彼らは2016年9月以降デビューしたK-POPグループの中で唯一該当チャート1位に上がったグループだ。

また、ガールズグループ全盛期を作り出している第4世代アイドルギャップバスケットでニュージンスはデビューするとすぐに国内トップクラスのアーティスト級の活躍を繰り広げた。メンバー全員が10代の彼らは以前のガールズグループ市場でよく見られなかったY2Kティーンの感性を刺激して突風的な人気を集めた。 Hype Boy’Cookie’が音源ですべて大ヒットを打ち出した彼らは後続アルバムにも大きな期待がかかり、ミニ2集先行開曲’Ditto’に続きタイトル曲’OMG’まで成功した反応を引き出した。これに伴い、ビルボードへの参入は切り離された当賞だったが、デビュー6ヶ月ぶりの活躍では果たして驚くべき成果にならざるを得ない。オンザブロック’に出演してデビュー2ヶ月ぶりに精算を受けたと明らかにして話題にもなった。デビュー以来半年の間、大小の議論もあったが、ニュージーンズに向けた大衆の信頼と期待感は次第に大きくなっている。合計158万枚を超える累積出荷量を記録しています。
[email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!