「黒いウサギの年」と呼ばれるだけに、有毒今年1月1日からウサギバンドスターに向けた注目が絶えない。私たちが知っているウサギは純粋で優しく賢い動物です。また繁栄、繁栄の意味を持っていることもある。このようにスマートに自分の席を見つけて目についたウサギのバンドスターがある。スターニュースは戒め年を迎え、今年芸能界を率いていく1999年生まれのスターたちと話を交わした。彼らの明るくて希望のあるエネルギーは肌で感じられます。

ティーズ/写真=キム・チャンヒョン記者[email protected]提供=KQエンターテインメント去る2018年ミニアルバム1集「TREASURE EP.1:All To Zero」でデビューした彼らは強いコンセプトで一気に視線を集めた。その後、タイトル曲「海賊王」、「ウェーブ」(Wave)、「アンサー」(Answer)、「ゲリラ」(GUERRILLA)、「ハラジア」(HALAZIA)などをヒットさせた。特にエイティズは海外で大きな人気を集めて大規模な海外ツアーを進め、成功裏に仕上げた。

2023年ウサギのバンドを幸せに迎える5人のメンバーがいる。エイティズはユンホ、女像、山、ミンギ、ウヨンが1999年生まれでウサギ帯だ。 1グループに5人もいるだけに、今年が格別に感じられるはず。ユンホは「私たちが2023年をシングルアルバム「スピンオフ:プロンザウィットネス(SPIN OFF:FROM THE WITNESS)」を発売しながら始めましたが、良い反応を得ているようで年初から幸せです。 2023年の年末までに完成させていただきます」と述べた。もっと高く力強く走ってみよう!」と堂々とした感想を伝えた。 、別の短い話を込めている。誰なのかさえ不明な匿名の目撃者、彼の視線に触れることになる今回のスピンオフの叙事詩はまるで一本の短編映画を繰り広げた。彼らの努力に合わせて、今回の新曲は今年1月14日にビルボード200チャート7位に初めて参入することに成功した。ビルボード200チャートは実物レコード販売量とデジタル音源ストリーミング回数(SEA)、ダウンロード回数(TEA)を総合して順位をつけるチャート。 「スピンオフ:プロムザウィットネス」は合計41,500点を獲得し、「Outro:Blue Bird」で同じ日付ビルボードホットトレンディングソンズチャート4位、ビルボードアーティスト100チャート6位、ビルボードトップセリングアルバムチャート2位などセブやはり強気を見せた。

メンバーユンホ、女相、山、ミンギ、ウヨン(時計方向)/写真=スターニュースDBメンバーたちは毎回記録を更新することに対する負担感が存在するだろうか。ユンホは「負担感より、心地良い責任感だと思います。感謝するにも、私たちの音楽を愛してくださる方々を見て、「今後より良いアルバムと舞台をお見せしなければならない」という決意をすることになりますよ」と話した。サンは「まだ私たちがこんなに多くの愛を受けているというのが信じられないようです。本当に感謝してまた栄光だと思います。

ミンギは「全部ATINY(エティニー、公式ファンクラブ名)のおかげです。いつも一応応援してくださって愛してくださるファンの方々こそ、私たちの原動力のようです。加えた。

このような新曲活動のため、今年の雪の連休にも練習に邁進する計画だ。女相は「昨年に続く2月から『ザ・フェローシップ:ブレイク・ザ・ウォール(THE FELLOWSHIP:BREAK THE WALL)」ヨーロッパツアーが始まります。 。これにウヨンは「それでもまた民族代名節の説であるだけに、隙間が美味しいものも食べて楽しい時間を持ちながら充実した連休を過ごすようにします」と付け加えたりもした。女相は「2023年はATINY、私たちのメンバー、家族、KQ家族全員が健康で幸せに過ごすのが私の願いです」と話した。ウヨンは「個人的には2022年よ​​り成長するウヨンになるために一生懸命努力する計画です。頻繁に訪れたくて、一層多様な活躍ができる一年になりたいと思います」と伝えた。黒ウサギの年と呼ばれるだけに、有毒今年1月1日からウサギバンドスターに向けた注目が絶えない。私たちが知っているウサギは純粋で優しく賢い動物です。また繁栄、繁栄の意味を

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!