SMエンターテインメントが26年余り続いた「イ・スマン体制」からマルチ体制への拡張でSMエンターテインメントだけのアイデンティティを引き続き発展させていく。

20日、株式会社SMエンターテインメント(SMエンターテインメント、以下SM)(共同代表イ・ソンス、タク・ヨンジュン)は株主と役職員、すべての利害関係者から信頼され尊敬されるグローバル企業への跳躍のため、昨年2月からSM大韓支配構造改善及び株主価値向上キャンペーンを主導してきたアラインパートナーズ資産運用株式会社(代表イ・チャンファン、以下アライン)が提案した支配構造改善方案を電撃受け入れることにした。アラインはSMの今回の決定を大歓迎し、今後友好的株主として、SMのガバナンス改善と株主価値向上のために協力することにした。

今回の決定で、SMは理事会の独立性と透明性、信頼性をさらにしっかりとできるようになった。エスエムは、様々な株主を代弁し、エスエムの株主価値向上キャンペーンを主導してきたアラインのイ・チャンファン代表を定期株主総会でその他非常務理事として推薦することにし、アライアン側推薦委員1人が含まれた臨時社外取締役候補推薦委員会を通じて、3人の新任社外取締役も独立性と専門性の両方が検証された人物として推薦される予定だ。そして、社外取締役候補推薦委員会を発足、グローバル水準へのガバナンス改善のための作業を本格化する予定だ。まず、内部取引委員会を設置し、これまで議論になってきた主要内部取引について綿密に検討し、必要な措置を講じることにしました。を導入し、社外取締役候補推薦委員会の設置を通じて今後も取締役会の独立性を持続維持していく予定である。プロデュース体制を導入すると明らかにした。 SMは長期的に持続可能なプロデュース体制構築のために2023年からマルチプロデュース体制に切り替えることにした。 SMは過去26年間、イ・スマン創業者の持続的なクリエイティブプロデュースで、SMのみの特別なアイデンティティを構築してきた。 1996年にデビューしたH.O.T.を皮切りに、SMはS.E.S.、神話、ボア、東方神起、スーパージュニア、少女時代、SHINee、f(x)、EXO、レッドベルベット、NCT、エスパなど大韓民国を代表するK-POPアーティストを輩出してきたバーエスエムは、「今後は新しいマルチプロデュース体制のもとで才能があり、能力のある複数の後輩プロデューサーがエスエムだけの固有アイデンティティを継承発展していく予定だ。また、最大化されると見ている」と明らかにした。イ・スマン総括プロデューサーは昨年、個人会社ライク企画によるプロデュース契約終了を公式に発表した。また、イ・スマン総括プロデューサーの去就に関連した立場を直接的に言及するのではなく、一緒にできる未来を夢見る姿。他にも非核心資産の売却、IR強化、株主還元政策発表などにより、今後、SMは株主価値の向上に拍車をかけることが期待される。

代表は「SMの尊敬されるグローバルエンターテイメント企業への跳躍のため、皆が信頼できる独立した理事会の構築などガバナンスの改善が必要だという複数の株主及び利害関係者の意見に共感し、内部討論の末にアラインの提案を積極的に受け入れる。することにした”とし”持続可能なマルチプロデュース体制の導入、企業支配構造の改編、株主コミュニケーション強化などを通じてSMをめぐる資本市場の懸念を払拭する”と話した。 「SMは国内最高そして最多アーティストプールとオリジナルIPを保有した名実共同K-POP代表企業」とし「SMの経営陣の今回の決断は、SMが皆に愛される世界的企業に発展するための歴史的きっかけになるだろうし、韓国資本市場行動主義投資の先進的事例として記録されるだろう」と述べた。価値向上パートナーであり友好的株主として残すことにした。今回の変化をきっかけに、SMは業界での位相にふさわしい透明で先進的なガバナンスを持つグローバルエンターテイメントの先導企業として飛躍することが期待される」と明らかにした。

次は、SMとアライメントの両社間の12の合意事項です。

以下、「定期株主総会」)において、SMは取締役会を社内取締役3人、社外取締役3人、その他非常務取締役1人で構成することとし、新たに選任される社外取締役3人は社内取締役1人、外部人事1人、そしてアライアン側推薦委員1人で構成された臨時社外取締役候補推薦委員会を通じて推薦することにする。

アライアンのイ・チャンファン代表を推薦する。

4) 定期株主総会以降、全員社外取締役で構成された社外取締役候補推薦委員会を設置し、今後社外取締役候補は当該委員会で推薦する。

取締役ではなくすべての取締役と監査で構成される内部取引委員会を設置し、SMおよび大株主および特別関係者、関係会社、および子会社とのすべての取引について慎重に検討し、必要な措置を講じる。

6) 定期株主総会以降、SMは理事会内補償委員会を設置し、経営陣の成果評価、補償水準及び補償形態決定等を進めるようにする。報酬委員会の委員は、社内取締役ではなく取締役全員で構成する。そして、子会社が保有する本業とは無関係な非核心資産を売却し、核心事業の成長のための投資財源として活用することにする。

10)SMは、今後3年間にわたって別途当期純利益の少なくとも20%を株主に還元するという方針を開示し、履行し、その方針は3年ごとに再開示する。

11)アラインは提起請求を撤回する。のために協力する。 20日、株式会社SMエンターテインメント(SMエンターテインメント、以下SM)(共同代表理性

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!