[서울=뉴시스] god 2023.01.20 (写真=エル) p[email protected] *再販売とDB禁止

[ソウル=ニューシス]チョン・ジェギョン記者=グループgodが20日の写真を公開した。

久しぶりに完全体で写真撮影に出たメンバー彼らは昔の思い出を召喚し、軽快さを失わなかった。写真撮影後インタビューが行われた。

デニアンは最近コンサートでどんな感情を感じたかという質問に「いつもコンサートが終わるとスイッチが切れるように普通のデニアンに戻るのに今回の公演は少し違った。初めて空虚さを感じた。今もその余韻が残っている」と話し、舞台への懐かしさを表わした。

続いて「私たち自体は2014年、12年ぶりにまた集まった時とあまり変わったことはない。ただ年齢を食べただけ」とチームに対する愛情を見せた。

ユン・ゲサンまた、「芸能界の初めてのスタートがgodだったからか、体が歌や踊りを覚えている。あれば、心的にも安定する」と話した。

キム・テウは依然として愛される末っ子のように感じられる瞬間について尋ねると、「兄たちが私のボールを引っ張ったり、いたずらする姿が日常だ。それが嫌ではない。今どこに行っても、位置になったが、godは唯一それを下ろすことができる人々」と答えた。

長兄のパク・ジュンヒョンは「鉄がかかる」という意味を聞くと「鉄がかかるというのはそれだけ演技力があるということだ。社会が求める行動をするのだから。多くなったが他人に被害を与えない線でしたいことをしたい欲がある」と答え、真剣な姿を見せた。

もしデビュー年度の1999年度にタイムループするなら、欲しい能力があるかという質問にソン・ホヨンは「経験と年輪」と答えながらも「振り返ってみると、あの時完璧だったのにあまりにも良かったと思う。当時godが何も知らなかったのでもっと頑張った」と答えて切なくその時代を振り返ったりもした。はそれぞれ音楽や演技芸能など個人活動に集中し、2023年を準備している。

/NISI20230120_0001180234_web_20230120095426_20230120100904345.jpg?type=w540″> [ソウル=ニューシス] god 2023.01.20久しぶりに完全体でグラビア撮影に出たメンバーたちは昔の思い出を召喚して軽快さを失わなかった。写真撮影後インタビューが行われた。デニアンは最近、コンサートでどんな感情を感じたのかという質問に

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!