2022 年の振り返り

1. 紹介 + ベスト アルバム アート
2. 今年の歌<3. 今年のアルバム
4. R&B とソウル
5. ロックとオルタナティブ
6. ラップとヒップホップ
7. ダンスとエレクトロニック
8. ポップとバラード
<強い>9。民俗と国
10.ジャズとブルース (1 月 23 日)
11.クロスオーバーと世界 (1 月 24 日)
12.最優秀共同作品 (1 月 25 日)
13.新人アーティスト オブ ザ イヤー (1 月 26 日)
14.アーティスト オブ ザ イヤー (1 月 27 日)
15.その他の表彰 (1 月 28 日)
16.結びの言葉 (1 月 29 日)

2022 年、フォーク ミュージックはよくあることのようにリストのトップを独占することはありませんでしたが、比較的静かな年でさえ、見られる音楽は確かな品質であふれていました。. Doma の美しいセカンド アルバムはバンドメイトの Gunwoo によって完成され、Kim Doma の死後にリリースされました。 Kwak Pureunhaneul と Lee Gwon-hyeong は、最初の 2 枚の後に旗手としての地位を確立した後、それぞれ 3 枚目のスタジオ アルバムをリリースしました。エレクトロニカとスポークン ワードの実験、アコースティック ソリチュードの研究、デルタ ブルースはすべて公正なゲームでした。

注:

「次の 10」と名誉ある言及のリストは、アーティスト名で並べ替えられています。 2022 年のフォーク アンド カントリー Spotify プレイリストはこちらで、以下にも埋め込まれています:

ベスト フォーク アンド カントリー アルバム2022年

Mulgwaumm – 잠재적 초점 (潜在焦点)

Mulgwaumm – 文字通り「水と音」 – の水は濁っていることが多いそして屈折。ベテランのアコースティック ミュージシャンの最初のソロ フルレングスは、重厚で引き締まった歌声と、フォーク ギターと同じくらいノイズ エレクトロニカであるアンビエント サウンドスケープで満たされています。 (「Peeping Tom」や「Red Rope」の切り刻まれて粉々になった音のような瞬間で、それは最良の方法で Mid-Air Thief の作品を思い起こさせます。)しかし驚くべきことに、容赦なく、このもやからいくつかの最も美しいメロディーが生まれます。フォークとそれを超えて、しっかりとした形をとること(「クリムゾン」)と静けさの中で流れること(「セディメント」)の両方。これらにより、Latent Focus は完全な注意を必要とする没入感のある体験になりますが、それは豊かに還元されます。

次点者

E_so – E_so

E_so はアーティストの名前ですが、巣から出るという意味もあります。デビュー アルバムではないこのセルフ タイトルのアルバムは、時には直接的に (「Voyage of Sleep」、「Nest」)、時には孤独な音響効果と暫定的なメロディーのラップ波を通して、出発と混乱を歌っています。しかし、アルバムが本当に優れているのは、その不安定な物語に強い力と反抗を吹き込むことであり、そのアレンジの精神はその大きな部分を占めています。 「Island」の不思議な雰囲気と不思議なパーカッション、「E_so Blues」のエキゾチックなコーラス、そして「To. L” のほぼチップチューンのように弾かれた弦が、色と控えめなエネルギーを加えます。

The Next 10

Choi Beck-ho – 찰나 (瞬間)

ドマ – 도마 (ドマ)

ジョン ウン – スナ

クァク プルンハヌル –ほぼ (T)here

イ・グォンヒョン – 창작자의 방 (クリエーターの部屋)

イ・ジョンイン– 나의 정체 (My Stagnation)

Lucid Fall – 목소리와 기타 (ギターのそばの声)

Soopeul – Promenade

Summer of Thoughts – 손 (手)

Xeuda – 이름 없는 것들 (名前のないもの)

2022 年のベスト フォークおよびカントリー ソング

ハ・ホンジン – 날 사랑해 주오/병원에서 말하길 (Love Me Again/Doctor Said)
Written 、ハ・ホンジン作曲・編曲

ザ・ディープ・カウンターしゃがんだギターとハ・ホンジンの重い、事実に基づいたボーカルによって生成された y-ブルースのグルーブは、最初の小節から始まり、トラック全体の長さをドライブします。最初はリフが荒々しく、ナレーターの求愛が素直。その後、長いソロの後、「Doctor Said」の部分が開始されます。歌詞はより暗い方向に変化し、ハは急上昇するオープニングを見つけ、全身ロックです。嘆きに浸り、忠実に滴り落ちる「Love Me Again/Doctor Said」の両方の半分は、耳を傾けずにはいられません。

次点者

Xeuda – 터널을 지나가요 ( Through a Tunnel)
Xeuda 作詞・作曲。編曲:Cacophony, Xeuda

E_so のように、Xeuda のタイトル トラックは動き続けることについてですが、彼女の語りははるかに骨の折れるトレッキングについてのものです。 Xeudaのナレーターは、「重い岩でいっぱいのバックパックを背負って」トンネルを実際に引きずり、ライトが消え、嘲笑に耐えます。孤立感と切迫感は、ドライビング・ギターと叩きつけるタムの間、さらにはステレオ・チャンネル間で振動する微妙な風の遠吠え効果まで明白です。最後の 1 分半のエスカレーションは、ナレーターにとっては意志の試練であり、私たちにとっては魔法にかけられた瞬間です。

次の 10

E_so – 섬 (Island)

Gimyoungsoyoung – 낙법 (How to Fall)

Kang Tygu – O

クァク プルンハヌル – コヨーテ

ムルグワーム – 퇴적 (堆積物)

ソヒ – 무지개 개구리 (虹のカエル)

サゴン – 유령궁전 (Ghost Palace) (Feat. Darin)

Summer of感想 – 착륙 (着陸) (Feat. キム・サウォル)

uGOGOng – 자전거 뒷자석 (自転車の後部座席)

Xeuda – #2 칼 (No. 2 Blade)

アルバム

Big Baby Driver – 残り
Gonne Choi、Kim So-yeon – 오늘의 난 미지근 하게 축제 (友情)
ハ・ホンジン – 너의 행복 (幸せ)
ヘルムズ – 混沌のハミング
チョン・チャンジュン – 흐름 (ホルム)
チョン・ウソン – 흰 (ホワイト)
ジファン – I’m No Stranger to You
カン・アソル – 충무에서 (チュンム)
カン・ティグ– さようなら
キム・デスン – さびたけどうつくしいIV すべての私の理由
キム・ピルソン – 太陽を感じる
イ・ジェーン – 나의 시선 끝에는 (At the End of My Gaze)
イゴヨ– 우리네 (私たちみんな)
パク・ジョンボム – 우리의 계절 (私たちの季節)
パク・ガンス – アルバム 9
サゴン – ほら、トナカイさん
ソヒ – 虹の季節
シン・ジフン – 별과 추억과 시 (星と記憶と詩)
シムン – 香り
シワ – 잠 못 이루는 당신에게 (静かな夜のために)
スロー 6 – 夜更かし
>ソン・ヘウン – 기억의 조각들 (思い出の断片)歌)
イサヘル – 볕과 그늘 (プラットバンド)
ユン サイハン – 편히 (心を曲げない)
ヨゾ – 이름들 (名前)
ユジン ソル – マンダラ

Big Baby Driver – O
チェ・ベックホ – 찰나 (瞬間)
ドマ – 겨울 발라드 (김도마 ver.) (冬のバラード (キム・ドマ ver.))
ドマ – 화양연화 (In the Mood for Love)
E_so – 둥지 (巣)
E_so – 물결 (フロー)
E_so – 이소 블루스 (E_so Blues)
ウンドヒ – 信念
Gonne Choi – 축제 (祭り)
Heo H oy-kyung – I Hope You’re Well
Herhums – The End
Hwang Puha – 신세계 (新世界) (Feat. Lang Lee)
Im Woong – 숨은 숲 (隠れた森)
Jihwan – その後…弱い
チュ・ハヌル – 공중누각 (空中城)
カン・アソル – 충무에서 (チュンム)
キム・チョウォン – 禁じられた愛
キム・デスン – 그저 웃지요 (笑ってみましょう)
キム・デスン – 참 잘했어요 (よくやった)
キム・ヒョンジュン – 담벼락 (子供っぽい)
キム・サウォル – 둥글게 (儀式)
クァク・プルンハヌル – ワイルド・メドウ・ボールルーム
クァク・プルンハヌル – 도시 + 하니랜드 (ドシ + ハニーランド)
イ・グォンヒョン – 석촌호수 (湖) (with イェラム、チョン・ヨンソン)
イ・グォンヒョン – 얼간이들 (愚か者)
イ・ジェーン – 풀꽃 (草の花)
イ・ジョンイン – 괜찮은 하루 (良い一日)
イ・ソラ – 바다가 보이는 곳에서 살아요 (オーシャン ビュー)
Lucid Fall – 사피엔스 (サピエンス)
Mulgwaumm – 적끈 (赤いロープ)
Mulgwaumm – 크림슨 (クリムゾン)
Nasun – 생각 (考える)
Park Kang-soo – 슬픔도 춤춘다 (Even Sorrow)ダンス)
サゴン-親愛なるアン
ソヒ-순자야 (スンジャ)
シン・ジフン-남은 이에게 (残された者へ)
シムン-시소 (シーソー) (Feat.キム・サwol)
Smacksoft – 별의 기억 (星)
ソン・ヘウン – 바다로 (海へ)
Soopeul – 새벽달 (夜明けの月)
Summer of Thoughts – 너는 내가 (あなた) (Feat.クォンウォル)
ウォン・テリム – 세상의 모든 말과 노래 (すべての言葉、すべての歌)
ウォン・テリム – 향초, 부스러기 (キャンドル、フラグメント)
Xeuda – 잘 가 (다시 만나자) ) (今はさようなら)
イサフル – 밤산책 (夜)
ユン・サイハン – 편히 (Unbend the Mind) (Feat. Ye Ram)
ヨゾ – 짝사랑 (片思い)
ユジンSol – 얼굴들 (顔)
uGOGOng – 김지민에게 (キム・ジミンに)

著者による歌詞の翻訳。 Bugs Music のアーティスト プロフィールとアルバム カバー画像。

過去のシリーズを読む:

2021 のレビュー

2020 年のレビュー

2019 年のレビュー

2018 年のレビュー

2017 年のレビュー

2016 年のレビュー

2015 のレビュー

2014 年のレビュー

2013 年のレビュー

2012 年のレビュー

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!