25日、ハイブとパク・ボゴムがマネージメント契約を議論中だという報道が伝えられた。パク・ボゴムは昨年12月前に所属事務所のBlushumエンターテイメントと専属契約が終了し、FA市場に出た状態だ。 YGエンターテイメントの移籍説が出てきたが、「事実無根」と立場を伝えた。今回はハイブ行きの可能性が提起されたが、ハイブ側も事実無根という立場を明らかにした。ある。様々な作品で愛されてきたスター俳優であるだけに、今後の挙動に関心が集まること。さらに、YGエンターテイメントに続き、ハイブまで大型エンターテインメントとの接触の可能性が提起されて話題を集めた。大きな関心を受けた。ハイブは、個人活動でも乗승装具中の防弾少年団をはじめ、カムバックを控えたトゥモローバイトゥゲザーが先注文で独自の新記録(216万枚)を立てるなど宣伝している。弱気とされていたガールズグループ領域でもニュージンズの限界知らない上昇勢とルセラフィムの人気で興行街道を走っている。で、法接不可な巨大企画会社に生まれ変わるか注目が集まったこと。ハイブ側が迎入説を否定して一段落したが、「説」が提起されただけでも業界の触覚が立てられた。ル・セラフィムがデビュー2ヶ月ぶりにメンバーが脱退する思想初乳の事態を経験し、エンハイフンとニュージンスのメンバーは最近歴史意識不在で論争を起こすなど、何度も問題が浮かび、所属アーティストはもちろんハイブの企業イメージにも打撃キム・ウォニ記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!