)-テヨン。写真ㅣインネクトトレンド

テヨンがナアル「Ballad Pop City」プロジェクトの2番目の歌唱者に出る。シングルタイトル「一人で歩きます」、2月2日午後6時発売のお知らせとともに、ちょっとしたオーディオティーザーを公開した。真に変わった写真を背景に、「Ballad Pop City」、「Produced by Naal」、「2月2日」、「テヨン」、「一人で歩きます」タイポが順次公開され、惜しい感性を伝える。ピアノの旋律に加えて、暖かく鳴り響く文字列の演奏が流れ、新報に対する疑問を高める。これまでテヨンはポップ、バラード、ジャズ、R&Bなど様々なジャンルを行き来する幅広いボーカルスペクトルを披露するのはもちろん、発表する曲ごとにヒット行進を記録してリスナーたちの多くの愛を受けてきただけに、ナアル表「別れ」バラードをどのように表現やったかさらに期待を高める。

オーディアティーザー。写真ㅣインネクストトレンド

ナアル「Ballad Pop City(バラードポップシティ)」はナアルが作詞、作曲、プロデュースを務め、ナエルを含む「ソン・シギョン」、「テヨン」の3人のボーカリストが続き歌うプロジェクトアルバムだ。 「別れ」をテーマにした90年代の感性のバラード曲が満たされ、昨年末にはソン・シギョンが歌った「病気の私を」が最初の曲として公開された。

ナアルプロジェクト2番目の歌唱者として参加したテヨンの「一人で歩きます」は、どの別れのイメージを伝えるか2月2日午後6時に確認することができる。

ジャンルを盛り込んだシングル「Soul Pop City(ソウルポップシティ)」を発表した。感性的なEPサウンドとスムースなフックが特徴のタイトル曲「I Still Love You」をはじめ、夢幻的なEPサウンドが特徴のイントロ曲「Soul Pop City」、モダンブギーサウンドを忠実に再現した80年代ソウルナンバー「1985」を収録し、さらに深くなった自分の音楽世界を披露したことがある。

ファン・ヒョイオンライン記者出る。ナアルは25日「Ballad Pop City」プロジェクトの2番目のランナーで「テヨン」、シングルタイトル「一人で歩きます」、2月2日午後

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!