、油井。ソース|チャンネルA’オ・ウンヨンの金相談所’放送画面キャプチャー<スポーティビニュース=チョン・ヘウォン記者>グループブーブガール逆走行と熱愛説後に生じた悩みを打ち明けた。 16日放送されたチャンネルAバラエティ番組「オ・ウンヨンの金相談所」には、ブーブガール民営とユ・ジョンが出演した。

ミンヨンは「(逆走後)とても忙しかった。3日ほど眠れないように仕事をしたこともあった。と言った。

ユ・ジョンは「私たちがただのものではなく、ニュースにも出てきて、道のどこにも私の顔があった。アルバム出てきたが、プログラムが4~5個だった。を行っても「幸せになりますか?」、「おめでとうございます」と言ったが、「これが一瞬で飛んでしまったらどうしようか」という考えをした。続いてミンヨンは「突然一日の朝に注目を浴びたら、下りる道だけが残ったと思った」とし、ミンヨンは「私たちを見ながら「希望を持った」、「良い友達のようだ」という言葉が私は私が好きなことをしただけで、私はこれほどまともな子ではありません。

また、ユジョンは昨年9月、俳優イ・ギュハンと熱愛を認めたことがある。

ユ・ジョンは「誰かが挨拶をしてくれて調べてくれるのが絶対嫌いではない。しかしどこかで誤解を受けたくない」とし「初めて熱愛説が出たのも知人とご飯を食べたが、誰かが見つめることも見え、写真を撮る方もいらっしゃいました。

彼は「これはある瞬間私に矢に戻った。また、私たちは個人ではなくチームだから、そのような記事が出てチーム活動が一番心配になった」とし「このようなことが起こるから」食べてはいけなかったのに」という気がして心配になった」と告白した。

ユジョンは熱愛説の後、家の外にうまくいかないと。彼は「休む日、家でテレビを見て、子犬たちと遊ぶ。友達も最近1年に一度見てみようかな」とし「もともとは友達、家族の人々と約束を作って遊んだ。閉じ込められたようだ」と明らかにした。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!