40″>写真=各社提供

チョン・ドンウォン、キム・ホジュン、イ・チャンウォンが先輩歌手真性のために舞台上に上がる。

出演のお知らせを伝えた。毎年2桁の驚異的な視聴率記録を達成し、大韓民国代表の祝日大会として位置づけられた。 KBSは40年という長い名無しの歳月の間、ハンギル湾を歩いた末に最上に立った真性のトークコンサートを通じて「大丈夫。うまくいくだろう」という肯定のコメントが持つパワーで、青龍の年に視聴者たちに幸運と機会をプレゼントするというメッセージを伝えたい。建て期待を高める。特にチョン・ドンウォン、キム・ホジュン、イ・チャンウォンが初めて立つKBS説大企画舞台なので、意味が深い。 「ボリット峠」はチョン・ドンウォンが13歳の時に歌って話題を呼び起こし、ヒット数1400万ビューを達成した歌だ。これに原曲歌手ジンソンとの舞台でどんな新しい感動をプレゼントするか期待を大きくさせる。似たような人生を経験してきただけに、同じ共感を持った真性とキム・ホジュンが共にする「私がばか」ステージがどんな姿で誕生するのか気になることを育てる。

最後のゲストはイ・チャンウォンだ。イ・チャンウォンは真性と危機に勝った人生の話を分かち合い、親世代とMZ世代をつなぐ架橋役をする予定だ。イ・チャンウォンは「カジマ」を選曲して切絶した感性と爆発的な歌唱力をプレゼントする予定だ。 「トロットアイドルとトロット大先輩の出会いで、旧正月世代を合わせる楽しさをプレゼントするだろう、期待してほしい」と伝えた。キム・ジヘ記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!