ソヒョン、誕生日に清楚いっぱいピンク魅力[TEN★】

公開された写真には、誕生日のお祝いのイベントを満喫しているソヒョンの姿が盛られている。 何よりもソヒョンはクロップ形態のニットにジーンズを着て、ボリュームスタイルを誇っており、見るこれらの視線をひきつけた。 一方ソヒョンはネットフリックス映画モラルセンス」に出演する。 写真=ソヒョンSNS 照準ウォン記者[email protected]

(女性)子供シュファ、真っ白な肌にセクシー美…天上界の女神ビジュアル[M +★SNS]

シュファ美貌写真=シュファインスタグラム (女性)子供シュー化女神美貌を公開した。 シュファは去る28日午後、自分のインスタグラムに人間のswan(人間のスワン)」という文と写真を掲載した。 写真の中にブラックスタイリングでシックな魅力を発散する彼の姿が捉えられた。 真っ白皮膚と華奢な肩のラインにシュファはセクシーでくらっと魅力を加えた。 また、清純美あふれるビジュアルとシャープなヨプテに女神美を発散した。 一方(女性)子供は去る1月新曲化」を発売して活発な活動を繰り広げた。 [イナムギョンMBNスター記者]

ソン・ジヒョ、ファンが送ったコーヒー茶のおかげで…日差しのような美貌【TEN★】

俳優ソン・ジヒョが国際ファンに感謝の気持ちを伝えた。 ソン・ジヒョは28日、自分のインスタグラムに国際ファン連合の方が送ってくださったコーヒー茶のおかげで、現場で一緒に苦労したウルチム、ドラマスタッフの方々の夜においしく、涼しく、暖かい飲み物飲んああ!!!」という文と一緒に複数の写真を掲載した。 また、今あげるだけ。皆さんの応援にいつも心強いです。フイラ..7月16日に表示されるよ」と付け加えた。

ブレイブガールズユナ、ラジオスペシャルDJ…ファンのおかげで、本当に心強いです[TEN★】

グループブレイブガールズユナが日常を伝えた。 一方ブレイブガールズのメンバーユナは25日、ネイバーNOW芸能番組プカンス」に出演してナムヒョム単語」を使用した不測の議論に巻き込まれた。来る30日までのスペシャルDJを務める。 写真=ブレイブガールズユナSNS 照準ウォン記者[email protected]

コ・ウナ、ダイエット後の雰囲気〜超え四壁…弟ミールと外食[TEN★】

俳優コ・ウナが近況を伝えた。 コ・ウナは27日、自分のインスタグラムを通って」仕事の後の部屋代表様がジューシーて買ってくれた。私のお気に入りの雰囲気グルメ実質の食糧グルメ〜久しぶりに外食!!!素晴らしい!難しく、言うことをよく聞くよ」という文を掲載した。

アーティスティックスイミングデュオビョンジェジュンXギムヒョビン選手、素晴らしい水中写真集公開

マガジンデイズ・デ・」が7月号を通じて国内唯一の男性アーティスティックスイミング選手ビョンジェジュンとパートナー選手ギムヒョビンの幻想的な水中写真集を公開した。 /写真提供=デイズド 二人の選手は、デイズ・デ・」のグラビアでチェーンに作成された上でのドレスを着て、ダイナミックなポーズを披露し、撮影に臨んだ。 /写真提供=デイズド ビョンジェジュン選手とギムヒョビン選手は、今年2月の国際水泳連盟( FINA)ワールドシリーズで銀メダルを受賞した感想をデイズ・デ・’とのインタビューで明らかにした。 ファンデミクに全世界の戦闘機は訓練に支障がある状況でした。私どもも6週間のプールがドアを閉めた状態で試合を申請しました。水中練習をすることができないせいで、地上で行うことができる練習に集中しました実は6くれる選手にはかなり長い時間です。実力がたくさん退化し、どのようになるかもしれない状況での大会に申請になったのです。準備が不足したからメダルを取るだろうと期待していなかった。しかし、受賞までになって気持ちが本当に良かった” /写真提供=デイズド また、今後の将来を描いて目標を話したりした。ビョンジェジュン選手はまだオリンピックとアジア大会で男女混合種目がまだ正式種目に採択されていない。そのため、着実にオリンピック出場を念願しています」と、今後の正式種目に採択されるまで覚悟を固めた。ギムヒョビン選手は最終的にオリンピック出場を夢見ています。長期的には、世界選手権大会に出ることが目標だ。代表になることがある場合は良いでしょう」と力強く目標を明らかにした。

イウォングフラットヘッドと5年に会った恋人が別れ… 2歳考えるといけないと(聞い菩薩)[総合]

[スポーツ朝鮮ドットコム静紙記者]コメディアンイウォングがかつらを送ることにした。 28日放送されたKBS Joy芸能プログラム何でも聞いて菩薩」ではコメディアンイウォングが13年フラットヘッドの生活を清算してかつら着用を依頼した。 この日イウォングは事実かつらである」とすることができ、北朝鮮の新しいスタイルで登場した。彼は26歳から頭を押す開始した。13年の間にフラットヘッドをしたかつら使うのがぎこちない。かつらを使わなければなら一つ悩みである」と依頼した。 書け」、使うな」と周辺意見も分かれると。 イウォングは書いていたかつらを脱いでは、過去13年の間にフラットヘッドで生き受けたストレスを打ち明けた。 彼は仲間が皮肉。灰色の服を着て肉を食べると僧侶が肉を食べる悩む」と最も重要なのは、合コンするときひどく傷を受けた」と思い出した。 また、イウォングは5年ほど会った恋人が2歳を考えると、結婚はないようだ」と言っていた。結局、別れた。当時大変だった」と打ち明けた。 これイ・スクンはこの姿まで愛する人に会わなければハルテンデ」とし、イウォングは一度脱毛なら少しちょっと…」とした。 イウォングはかつらを着用することを躊躇している理由はフラットヘッドが唯一のキャラクターだ。収益が生じイベントも行く」としかつらをつけることが途切れるようだ」と躊躇した。するとソ・ジャンフンは外せばされる。ギャグするとき脱ぐギャグを組むことができないか」と助言した。 ソ・ジャンフンは、フラットヘッドで得たものが多いと思いますが、過去にいたようには勝負がアンナジないか。過去にこだわることなく、今回の機会を通じてかつらをかぶって新人の姿勢で新たに生まれるのがオトルガたい」とし競争相手も多い」とした。 イウォングは時々調べる方がおられる。私を見てかつらじゃない」と言えば顔が赤くたよ」と語った。これソ・ジャンフンは、初めの球がされるように切迫していないなと思った」とし数軍隊というのが何の苦労。恥ずかしいことが一つもない」とした。 イ・スクンは”ウォン区姿を全国民の半分以上が覚えていれば脱い通ってもされる。そうでなければ使うのがよいようだ」としながら、新しい姿を推薦した。これイウォングはこれから書き続けて通う」と脱フラットヘッドを宣言した。 [email protected] ▶財テクよくするには?無料で見る金銭買っ -Copyrightsⓒスポーツ朝鮮(http://sports.chosun.com/)、無断転載および再配布禁止