「アイズワン初のソロ「巻ウンビ、ジャケット画像公開…反転魅力満載

グループアイズ員出身権は雨初のソロアルバムのジャケット画像を公開してデビューカウントダウンに入った。 所属事務所響きエンターテイメントは去る11日午後6時、公式SNSに巻ウンビの最初のミニアルバム「オープン(OPEN)」のジャケット画像を掲載して耳目を集中させた。 2枚のジャケット画像は、巻ウンビの完成形ビジュアルと反転魅力を完全に表現した。 巻は雨初のソロアルバムのジャケット画像を公開した。写真=響きエンターテイメント最初のイメージの中巻ウンビはホワイトとブラックが調和した身体のドレスを着て正面を見つめてシックな雰囲気をかもし出した。一方、2番目のイメージでは、空の空ホワイト衣装と清らかな感じのメイクアップで独歩的な清楚をいっぱい発散した。 また、最初のミニアルバム名「オープン」がベールを脱い目を引いた。アイズ員のメンバーの中で、最初のソロ出撃に出た巻ウンビの新しい出発を知らせる「オープン」に向けたグローバルファンたちの関心がより一層熱くなっている。 巻ウンビの最初のミニアルバム「オープン」は、来る24日午後6時、各種音源サイトを通じて発売される。 [ソンジンアMKスポーツ記者]

アイズワン初のソロ巻ウンビ、ジャケット画像公開シックVS清楚

[スポーツソウル|ジョンハウン記者]グループアイズ員出身権は雨初のソロアルバムのジャケット画像を公開してデビューカウントダウンに入った。 所属事務所響きエンターテイメントは去る11日午後6時、公式SNSに巻ウンビの最初のミニアルバム「オープン(OPEN)」のジャケット画像を掲載して耳目を集中させた。 2枚のジャケット画像は、巻ウンビの完成形ビジュアルと反転魅力を完全に表現した。 最初のイメージの中巻ウンビはホワイトとブラックが調和した身体のドレスを着て正面を見つめてシックな雰囲気をかもし出した。 一方、2番目のイメージでは、空の空ホワイト衣装と清らかな感じのメイクアップで独歩的な清楚をいっぱい発散した。 また、最初のミニアルバム名「オープン」がベールを脱い目を引いた。アイズ員のメンバーの中で、最初のソロ出撃に出た巻ウンビの新しい出発を知らせる「オープン」に向けたグローバルファンたちの関心がより一層熱くなっている。 巻ウンビの最初のミニアルバム「オープン」は、来る24日午後6時、各種音源サイトを通じて発売される。 の写真|響きエンターテイメント

トゥモローバイトゥゲザー、リパッケージアルバム取り寄せ56万↑[公式]

[スポーツ傾向] ビッグヒットミュージック「2021年グローバル大勢ボーイズグループ「トゥモロー・バイ・トゥゲザーがリパッケージアルバムに再び強大なアルバムパワーを証明する。 11日アルバム流通社であるYG PLUSによると、トゥモロー・バイ・トゥゲザー(スビン、FRBは、ボムギュ、テヒョン、ヒュニンカイ)の正規2集リパッケージアルバム「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」お取り寄せ量56万枚を超えている。 トゥモローバイトゥゲザーは去る5月に発売した正規2集「混沌の章:FREEZE」で線注文70万枚を超えたのに続いて、約3ヶ月ぶりに発表するリパッケージアルバムの線注文だけで「ハーフミリオン」を達成した。 トゥモローバイトゥゲザーはFIGHTとESCAPEバージョンのコンセプトフォトとクリップ、トラックリスト、アルバムプレビューなどを順番に公開してカムバック期待感を高めている。 タイトル曲「LO $ ER=LO♡ER」は、叔母ポップパンクジャンルの曲で、世界の視線では、たとえ「ルーザー(LO $ ER)」のように見えても唯一の、世界であり救世主である「君」には、お互いを救う「ラバー(LO♡ER)」になりたい少年の心を表現した。中毒性の強いメロディーにZ世代が現実で感じる感情をトゥモローバイトゥゲザーだけのスタイルで解放した。 また、「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」はデビュー後初めて披露ペンソン「交換日記(二バトヅワリワリ)」が収録される。ダンサブルなポップジャンルで、5メンバーは集め(MOA)だけを考えて、直接書いた歌詞に格別のファンの愛を表現した。 一方、Z世代の熱狂的な支持の中に「混沌の章:FREEZE」と米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」で5位にランクインした後、9週連続チャートインを継続等のグローバルブームを継続しているトゥモローバイトゥゲザーは来る17日、「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」でカムバックする。 アンビョンギル記者[email protected]

ツーバトゥ、リパッケージアルバム予約注文だけ量56万枚を突破

[ソウル=ニューシース】トゥモローバイトゥゲザー。 2021.08.12。 (写真=ビッグヒットミュージック提供)[email protected] [ソウル=ニューシス】イ・ジェフン記者=グループ’トゥモロー・バイ・トゥゲザー」(TXT・ツーバトゥ)がリパッケージアルバムに強大なアルバムパワーを証明した。 12日アルバム流通社であるYGプラスによると、トゥモローバイトゥゲザーの正規2集リパッケージアルバム「混沌の章:ファイト・オア・エスケープ(FIGHT OR ESCAPE)」お取り寄せ量56万枚を超えた。 トゥモローバイトゥゲザーは先立って去る5月に発売した正規2集「混沌の章フリーズ(FREEZE)」で線注文70万枚を超えた。約3ヶ月ぶりに発表するリパッケージアルバムの線注文だけで「ハーフミリオン」を達成した。 タイトル曲「ルーザー=ラバー(LO $ ER=LO♡ER)」は、叔母ポップパンクジャンルである。世界の視線では、たとえ「ルーザー(LO $ ER)」のように見えても唯一の、世界であり、救助者であるあなたには、お互いを救う「ラバー(LO♡ER)」になりたい少年の心を表現した。 の所属事務所ビッグヒットミュージックは「中毒性の強いメロディーにZ世代が現実で感じる感情をトゥモローバイトゥゲザーだけのスタイルで解いた」と紹介した。 また、「混沌の章:ファイト・オア・エスケープ(FIGHT OR ESCAPE)」には、デビュー後初めて披露ペンソン「交換日記(二バトヅワリワリ)」が収録される。ダンサブルなポップジャンルで、5メンバーはファンダム集め(MOA)を考えて歌詞を直接書いた。 一方、トゥモロー・バイ・トゥゲザーは「混沌の章フリーズ」で、米国ビルボードのメインアルバムチャートビルボード200」で5位にランクインした後、9週連続チャートインを続けている。

トゥモローバイトゥゲザー、リパッケージアルバムの線注文量56万枚を突破…強大なアルバムパワー

[スポーツソウル|ジョンハウン記者]トゥモロー・バイ・トゥゲザーがリパッケージアルバムに再び強大なアルバムパワーを証明する。 11日アルバム流通社であるYG PLUSによると、トゥモロー・バイ・トゥゲザー(スビン、FRBは、ボムギュ、テヒョン、ヒュニンカイ)の正規2集リパッケージアルバム「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」お取り寄せ量56万枚を超えている。 トゥモローバイトゥゲザーは去る5月に発売した正規2集「混沌の章:FREEZE」で線注文70万枚を超えたのに続いて、約3ヶ月ぶりに発表するリパッケージアルバムの線注文だけで「ハーフミリオン」を達成した。 トゥモローバイトゥゲザーはFIGHTとESCAPEバージョンのコンセプトフォトとクリップ、トラックリスト、アルバムプレビューなどを順番に公開してカムバック期待感を高めている。 タイトル曲「LO=LO♡ER」は、叔母ポップパンクジャンルの曲で、世界の視線では、たとえ「ルーザー(LO)」のように見えても唯一の、世界であり救世主である「君」は、互いにを救う「ラバー(LO♡ER)」になりたい少年の心を表現した。中毒性の強いメロディーにZ世代が現実で感じる感情をトゥモローバイトゥゲザーだけのスタイルで解放した。 また、「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」はデビュー後初めて披露ペンソン「交換日記(二バトヅワリワリ)」が収録される。ダンサブルなポップジャンルで、5メンバーは集め(MOA)だけを考えて、直接書いた歌詞に格別のファンの愛を表現した。 一方、Z世代の熱狂的な支持の中に「混沌の章:FREEZE」と米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」で5位にランクインした後、9週連続チャートインを継続等のグローバルブームを継続しているトゥモローバイトゥゲザーは来る17日、「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」でカムバックする。 の写真|ビッグヒットミュージック

防弾少年団ジェイホップ、スポーティパイフォロワー690万人突破。韓ソロ最多記録

防弾少年団ジェイホップ、スポーティパイフォロワー690万人突破。韓ソロ最多記録防弾少年団(BTS)ジェイホップが世界最大の音源プラットフォームスポーティパイ(Spotify)フォロワー数韓国ソロアーティスト1位を継続した。 ジェイホップは12日、スポーティパイフォロワー690万を突破し、従前自分のスポーティパイフォロワー数韓国ソロアーティスト1位の記録を更新した。 ジェイホップは防弾少年団(3693万)、ブラックピンク(2373万)、ツリーワイス(993万)、エキソ(817万)の次に韓国アーティストとして最多フォロワー数を記録中でもある。 防弾少年団ジェイホップ、スポーティパイフォロワー690万突破。韓ソロ最多記録ジェイホップはソロアーティストとして見事記録を書き出すている。 ジェイホップは最近ソロ曲「チキンヌードルスープ」(Chicken Noodle Soup(feat。Becky G))のミュージックビデオがYouTubeの再生回数2億8400ビューを突破し防弾少年団ソロミュージックビデオ最多記録を更新した。 ジェイホップはまた、過去2018年3月に発売したミックステープ「Hope World」の収録曲「Hope World」が11日、5000万ストリーミングを達成し、スポーティパイで5000万ストリーミング曲8曲を記録した最初で唯一のKポップソロアーティストとなった。

トゥモローバイトゥゲザー、正規2集リパッケージアルバム線注文56万枚突破

[ヘラルドPOP=ジョンヒェヨン記者]’2021年グローバル大勢ボーイズグループ「トゥモロー・バイ・トゥゲザーがリパッケージアルバムに再び強大なアルバムパワーを証明する。 11日アルバム流通社であるYG PLUSによると、トゥモロー・バイ・トゥゲザー(スビン、FRBは、ボムギュ、テヒョン、ヒュニンカイ)の正規2集リパッケージアルバム「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」お取り寄せ量56万枚を超えた。 トゥモローバイトゥゲザーは去る5月に発売した正規2集「混沌の章:FREEZE」で線注文70万枚を超えたのに続いて、約3ヶ月ぶりに発表するリパッケージアルバムの線注文だけで「ハーフミリオン」を達成した。 トゥモローバイトゥゲザーはFIGHTとESCAPEバージョンのコンセプトフォトとクリップ、トラックリスト、アルバムプレビューなどを順番に公開してカムバック期待感を高めている。 タイトル曲「LO $ ER=LO♡ER」は、叔母ポップパンクジャンルの曲で、世界の視線では、たとえ「ルーザー(LO $ ER)」のように見えても唯一の、世界であり救世主である「君」には、お互いを救う「ラバー(LO♡ER)」になりたい少年の心を表現した。中毒性の強いメロディーにZ世代が現実で感じる感情をトゥモローバイトゥゲザーだけのスタイルで解放した。 また、「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」はデビュー後初めて披露ペンソン「交換日記(二バトヅワリワリ)」が収録される。ダンサブルなポップジャンルで、5メンバーは集め(MOA)だけを考えて、直接書いた歌詞に格別のファンの愛を表現した。 一方、Z世代の熱狂的な支持の中に「混沌の章:FREEZE」と米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」で5位にランクインした後、9週連続チャートインを継続等のグローバルブームを継続しているトゥモローバイトゥゲザーは来る17日、「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」でカムバックする。

ベリーベリー、ミニ6集のハイライトメドレー映像公開。反転魅力発散

[ヘラルドPOP=ジョンヒェヨン記者]ベリーベリー(VERIVERY)がカムバックを控えて新曲のハイライトメドレーを公開した。 ベリーベリーは、12日午前0時、公式SNSチャンネルを介して第六ミニアルバム「SERIES’O'[ROUND 2:HOLE]「ハイライトメドレー映像を公開して音源のフルバージョンへの期待を引き上げた。 ハイライトメドレーにはタイトル曲「TRIGGER」をはじめとする全4曲の新曲が含まれており、これと共に、様々なコンセプトを完璧に消化して反転魅力を発散しているベリーベリー七メンバーたちの姿までベールを脱いファンの目と耳の両方を楽しませた。 まず、タイトル曲’TRIGGER」はベリーベリーの大胆かつ派手な変身を知らせる曲で、中毒性の強いパワフルなムードは聞く人々の心を躍らせている。特に曲の一部だけでベリーベリーのカリスマあふれて男らしいパフォーマンスの気がかりなことを刺激した。 続きファンキーなベースリズムとシグネチャシンセサウンドが引き立つ「Underdog」、東軒、グリップ、年号、湧昇などベリーベリーメンバーたちが直接作詞、作曲に参加し童話のような雰囲気を完成した「Prom」、清涼ても力のあるボーカルが印象的な「Heart Attack」までベリーベリーだけの個性と新たな変身を入れた曲のメロディーは、ファンの爆発的な呼応をもたらした。 ハイライトメドレーを介して第六ミニアルバムの全曲を最初に公開したベリーベリーは素晴らしい音楽的力量と幅広いスペクトルを持つアーティストであることを証明して完成度の高いアルバムでカムバックすることを予告してている。 今年3月セカンドシングルアルバム「SERIES’O'[ROUND 1:HALL]」を発売し、各自が持っている暗い内面の空間を発見し、この闇をどのように活用するかにのメッセージを伝えたベリーベリーが第二の「O」シリーズの新しいアルバムにどのようなメッセージを込めかも注目が集まっている。 一方、本格的にカムバック雰囲気を予熱したベリーベリーは来る23日午後6時、第六のミニアルバム「SERIES’O'[ROUND 2:HOLE]」を介して別の魅力を披露する予定だ。

ブレイブガールズ、ミニ5集リパッケージプロモーションタイムテーブル公開

グループブレイブガールズが新譜プロモーションタイムテーブル画像を公開した。 所属事務所ブレイブエンターテイメントは、12日の深夜、所属事務所とブレイブガールズの公式SNSチャネルを介しミニ5集リパッケージアルバム「After」We Ride”のプロモーションタイムテーブルを公開、本格的なニューリリースカウントダウンに突入した。 寂しい雰囲気を醸し出すモノクロカラーの画像は、今回の新譜を介して披露ブレイブガールズだけの風変わりな感性を期待している。 ブレイブガールズが新譜プロモーションタイムテーブル画像を公開した。写真=ブレイブエンターテイメントブレイブガールズのミニ5集リパッケージアルバムのプロモーションタイムテーブルによると、13日、トラックリスト公開を皮切りに、16日から20日にかけてフォトティーザーを公開、20日にはミュージックビデオのティーザーまで公開新しいアルバムにの期待を高める。 21日には気がかりなことをかもし出すクエスト千マークされており、果たしてどのようなスポイラーコンテンツへ新曲発売熱気を高めせる期待を集めている。 22日にはアルバムスポイラーポストとビデオを公開し、23日には、音源発売と同時にミュージックビデオ本編が公開される予定である。 また、13日午後2時からは、オンラインアルバムサイトを介してブレイブガールズのミニ5集リパッケージ「After」We Ride”の予約販売が開始される。 一方、ブレイブガールズが来る23日発売されるアルバムはブレイブガールズの「サマークイーン」として位置づけにしたミニ5集「Summer Queen」のリパッケージアルバムでタイトル曲は、現実的な歌詞と洗練されたリズムでリスナーたちに多くの愛を受けたブレイブガールズの前作「運転のみして(We Ride)」の裏話を盛り込んだ内容だ。 [ソンジンアMKスポーツ記者]

フォーミニッツ出身チョン・ジユン、21日RB新曲カムバック濃い感性プレゼント[公式]

/写真提供=篤郎イエンティガールグループフォーミニッツ出身ソロアーティストチョン・ジユンが昨年8月に発表したシングルアルバム「BAD」以来、約1年ぶりにカムバックを予告した。 チョン・ジユンの所属事務所篤郎イエンティは12日、「チョン・ジユンが来る21日カムバック予定にある」と述べた。今回の新曲は、既存のに見せてくれた破格的なパフォーマンスではなく、濃い感性が感じられるのR&B曲というニュースだ。 ソロアーティストに転向した後、昨年「BAD」を通じて、4年ぶりにパフォーマンス曲を披露し、パフォーマンスクイーン」の復活を知らせたチョン・ジユンが1年ぶりに披露する今回の新曲は、ダンス曲ではなく、R&Bジャンルのユニークな曲だ。 今回の新曲は暑い夏を涼しくラップ感性的な曲で知られているシンガーソングライターとしての自分だけの音楽世界を構築したチョン・ジユンの能力をもう一度確認してみることができる予定である。 また、ジャンルを選ばない幅広いスペクトルを持つソロアーティストとしての力量を認められたチョン・ジユンのでいつもより多くの音楽ファンたちの関心を受けると期待される。