BLACKPINKは、2016年にデビューしたYGエンターテインメント所属の 4人組ガールズグループで、ジス、ジェニ、ロゼ、リサで構成された多国籍ガールズグループです。

K-POPを代表するワールドスターガールズグループで、デビューから現在まで様々な記録を立てています。

デビュー前

デビュー前の2012年にYGでピンクパンクという名前で 「The girls are coming!」というフレーズと共に ジェニの映像を公開しました。 これだけでなく、ジェニーのラップ練習映像とリサのネタばれ映像がありましたが、デビューはならなかったです。

2016年7月6日、デビュー前の ダンス練習映像を公開しました。 映像の歌は、リアーナのBitch Better Have My Moneyの ヒップホップリミックスバージョンを エクスプレットした曲です。 振り付けは世界的な振り付け師、 パリス·ゴブルが作ったそうです。 原本(パリス·ゴブルが属するクルーのダンス大会参加映像)です。


初の団体ティーザーが公開された2016年6月29日、一日中リアルタイム検索ランキング1位を獲得しました。 2016年7月29日に2回目のティーザーが公開され、8月8日午後8時にデビューアルバムの音源とミュージックビデオが公開されました。

メンバー全員が外国語に堪能なことから、海外での活動も活発になると予想されます。 YG公式立場でも韓国だけでなく、海外市場を狙ったグローバルなグループだと言いました。 ジェニー、ロゼ、リサが皆英語が話せ、リサが東南アジア出身であるのを見て、東南アジア圏と日本語に流暢なジェニー、リサとジスを前面に出して日本活動を活発にするものと見られる。

メンバー間の親密度

お姉さんライン – ジス&ジェニ
普通ジェンチュと呼びます。 練習生の時から仲良しで、年も同じなのでお互い仲良くしてきたそうです。 お互いにパートナーと言えるほどチームを構成していく上で助け合い、「ソウルメイト」と呼ばれるほど固いです。 どうしてもジスが年長者で活発な性格なので、ジェニーはジスに頼って、ジスはジェニーを率いて何かを提案する姿がよく演出されます。

末っ子ライン – ロゼ&リサ
普通リチェンと呼びます。 リサが初めてロゼを見て双子だと思うくらい、本人と多くの部分が似ていて驚いたそうです。 実の姉妹以上の相性を見せながら、ロゼもリサに同じ感情を感じて、まるでドッペルゲンガーのような感じがすると言った。 現実の友達姉妹のような感じがします。 ツンデレにも見えますが、実は気遣う人もいます。 ロゼがペロセーリング中の言葉です。

末っ子’s、ショッピングメイト。 – ジス&リサ
普通、チュリ&リチュと呼びます。 普段明るい性格のジスとそのようなジスにとてもよく従うリサだが、全てのいたずらはこの二人によって始まるといいます。 また、お互いにたくさんの写真を撮って共有します。 リサがジス大好きだと言うほどジスに慕う理由は、練習生の時からジスが自分の世話をよくしてくれているからだと言います。 そしてジスがショッピングする時に最もよく合うメンバーがリサだと言い、ショッピングする時にリサと一緒にすると心が楽でいいと言いました。 「お笑い芸人ラインと呼ばれるほど二人でいるとにぎやかです。

ラップライン。 – ジェニ&リサ
普通、ジェンリサ&リーゼンと呼びます。 メインラッパーのジェニーとリードラッパーのリサの組み合わせで、お互いに前後を支え合いながらラップの調和がとても良いです。 ピリッとしたラッピングのリサとグルーブと低音ラッピングが独力で見えるジェニです。 Kill This Loveで一緒に取り交わす英語ラップで狂った相性を見せてくれました。 舞台の上での才能が目立つ組み合わせです。

hubby&wifey、リアクション! – ジェニー&ロゼ
普通、ジェンチェン&ロゼニって呼びます。 二人ともシャイで恥ずかしがり屋ですが、この二人の間ではロゼがリードする。 練習生の時から2人が互いを呼んでいた愛称であり、ジェニーがロゼに沢山抱かれる姿を見ることができ、普段英語で話をしていると通じる部分が多くて、互いによく合うという。 そして隣でジスとリサがしきりにいたずらをしたりすると一番大きく笑って面白がる. 2人のリアクションは似ていて、 1人がリアクションをすると 隣で同じように真似します。 ジェニーがロゼの母を「ママ」と呼ぶほど親密な関係です。

ボーカルライン、モッパンズ。 – ジス&ロゼ
普通チュチェン&チェスと呼びます。 二人で食べるのが好きです。 4人でご飯を食べたら、 最後まで食べるのがジスとロゼだそうです。 その中でも特にロゼが 一番最後まで食べるそうです。 そしてメインボーカルのロゼとリードボーカルのジスは一緒にバラエティー出演もたくさんして、姉のジスはロゼの音色が好きで称賛もたくさんします。 ロゼもメインボーカルらしく、 ジスの音色にハーモニーがよく合うんです。 またロゼはジスの顔が大好きです。

ハイテンション。 – ロゼ&リサ+ジス
普通チュリチェンって呼びます。 メンバーの中で一番テンションの高いロゼと一緒に 付き合ってくれるリサで構成されてますが、 たまにジスも合流して一緒に遊びます。 ジェニもテンションが低いわけではないですが、私2人に比べると物静かな性格なので 妹たちがテンションが高い時自制させるメンバーです。 ロゼとリサのテンションは時々あの世のテンションであるほど溢れる時が多く、笑いを誘う組み合わせです。 ジェニーは普段はおとなしいので不本意に抜けていますが、舞台の上では才能を思う存分発散するギャップを見せてくれます。

構成

YGエンターテインメントで、 最初であり唯一リーダーがいないグループです。 メンバー4人が友達のように過ごして、お互いに話し合い、より良い結果を出すためにリーダーを決めなかったという。

チーム名

BLACKPINKというグループ名は、最もきれいな色で表現される「ピンク」を「ブラック」と否定する意味を付け加え、「きれいに見るな」「見えるものがすべてではない」という反転の意味を込めているそうです。 一方、歌もチーム名のほとんどを追っている。

デビューする前までの仮称はPINKPUNKで、メンバー数も9人を計画していたそうです。一方、ファンの間ではチーム名が「TLC-F」「12」という噂がありました。 当時、ファンたちが略して指すチーム名は「テルシェフ」です。 また、確定前には「マグナム」指数:何か変身すべき名前というチーム名も候補群に上がっていました。

実力

デビュー後、様々な音楽番組とラジオなどに出演し、4~6年間磨いたずば抜けた実力を見せています。 優れたダンス、ダンス、ボーカルの実力だけでなく、才能もすべて素晴らしいです。 メンバーそれぞれが担う役割と特技が明確なのに、本人が主なポジションではない分野で劣らない実力を見せるとても大きな長所があります。

リードボーカルを担当しているチスは、しっかりした発声と安定的なライブ消化能力が強みとされている。

メインラッパーとリードボーカルを担当しているジェニはアイドルの中で最上位圏のラップ実力を持っており、ダンスと歌の実力も最高なので完全体と言っても差し支えないほど多方面に優れた実力を持っています。

メインボーカルとリードダンサーを担当しているロゼは独歩的に魅力的な音色を武器にボーカルの力量を発揮しており、リードダンサーらしくダンスの実力もなかなかの腕前です。

メインダンサーでありリードラッパーでもあるリサのダンスの実力はすべての韓国アイドルの中でも断然目立ち、ラップでもジェニに劣らない実力と比重を占めて存在感を現わしています。

こうして4人の実力派メンバーが集まって 作り出すステージが、 多くの話題を呼んでいます。 そのためか、アイドルや歌謡界に関心のない大衆にも認知度がかなり高いです。 実力派アイドルのイメージをしっかり守っていながらも、音楽性とビジュアルもまたとても優れています。 また、ジスとジェニーが初の正規アルバム「THE ALBUM」のタイトル曲である「Lovesick Girls」の作詞と作曲を、ロゼは初のソロアルバム「R」のタイトル曲「On TheGround」と収録曲「Gone」に作詞家として参加し、アーティストとしての力量をさらに高めています。

デビュー当初はメンバー別パート量に多少の差があるという評価が多かったが、年次が経つほどパート崩壊が減り、ついにLovesick Girlsでは4人のパート時間がほぼ同じになった! メンバーの実力が向上しつつあるという意味でファンと大衆の間で好評を得ています。

音楽のスタイル

“BLACKPINK IN YOUR AREA!”
“BLACKPINK IS THE REVOLUTION!”
シグネチャーサウンド


YGが追求するヒップホップベースをベースに、 様々なジャンルの音楽を披露しています。 例えば、ヒップホップサウンドにエレクトロニックを組み合わせたり、ヒップホップサウンドにパンク·ロックを組み合わせたりと、幅広い試みを行っています。 また、BLACKPINKのファンだけでなく、一般にもアピールできる音楽傾向を持っており、ファンと大衆の耳を同時に虜にする空前のヒット曲を生み出しています。

全体的な音楽プロデュースはテディが担当して、YGの子会社とテディが 代表を務めるザ·ブラックレーベル所属のプロデューサーたちが 作詞作曲に参加しています。 最近は外国の作曲家たちとのコラボレーションも活発に行われており、多彩で新しいBLACKPINKならではの音楽が流れています。

BLACKPINKというグループ名からも分かるように、大きく2つの音楽の方向性を表していますが、ダークなヒップホップコンセプトのブラックと、明るく可愛らしく愛らしいポップダンスコンセプトのピンクが対比され、ジャンルを問わず全ての音楽をBLACKPINKの色に合わせて盛り込んでいます。

BLACKPINKの音楽特性の中で一つ目は、愛に関するテーマをそれぞれ違うスタイルの音楽で 溶かすことです。 愛という大きなテーマの下に内在している暗くて絶望的な要素と、同時に明るく幸せな要素を多様に盛り込んでいます。 デビュー曲の口笛とブンバヤがあり、暗い内面の愛のテーマを扱った「Kill This Love」があります。 3曲とも愛というテーマを変えて表現した曲で、ピンクのコンセプトに合わせた『最後のように』や『Ice Cream』のように明るく弾む感じの可愛らしさを表現した曲があります。

二番目の音楽の特性はガールズヒップホップです。 自分自身を愛し、いつも堂々として、内·外面の強靭な自我を表現するガールズヒップホップは、「Girl Crush」というコンセプトとともに、BLACKPINKならではの強烈で強いヒップホップビートの感じの曲を大衆に披露しています。 代表曲にはトゥドゥトゥドゥがあり、収録曲のPrettySavageもガールクラッシュコンセプトの歌詞とヒップホップビートでBLACKPINKならではのアイデンティティを表現した曲と評価されています。

また、2020年6月に発表した「How You Like That」のような場合も、ヒップホップビートのEDMサウンドを融合させた曲として絶望的で辛い状況でも希望を捨てずに、これからもっと進んでいこうという哲学的な意味を込めた曲で、これからBLACKPINKがミュージシャンとしてさらに成熟して多様な音楽を披露するきっかけとなったもう一つの代表曲となりました。

BLACKPINKのアルバムは、 収録曲が美味しい店として呼ばれるほど、 収録曲も愛されています。 特にForever YoungとPretty Savageはタイトル曲競争をしたりもしたし、音源成績もかなりよかったです。 ミュージックビデオが出ていないにもかかわらず、関連映像の再生数が爆発的です。Pretty Savage音源Forever Youngダンス映像です

BLACKPINKは、国内外で音楽性が認められているだけに、海外のアーティストとのコラボレーションも活発に行っています。 ドゥア·リファを皮切りにレディー·ガガ、セレナ·ゴメス、カディビと作業をし、歌も歌わなかったが、ダビド·ゲタナ·アリアナ·グランデなどがアルバム作業に作詞、作曲に貢献したことがあります。 その他にもいろんな有名アーティストがBLACKPINKとのコラボレーションをしたいとラブコールしています。

2016年、SQUARE ONEアルバム発売と活動内訳

最初の活動曲は、二つのタイトル曲「BOOMBAYAH」と「WHISTLE」ですが、ラップ、ボーカルのパート区分が曖昧で、パート分配は似ています。

2016年8月14日に人気歌謡でデビューしました。 この日、ロゼはデビュー舞台を終えた後、バックステージで泣きました。

2016年8月21日です。 人気歌謡でデビュー14日目にして地上波1位を占め、当時のガールズグループの中で地上波1位を最短記録を立てました。 アンコールステージ映像をお願いします。

8日にミュージックビデオを公開してから3時間で300万ビューを突破し、9月6日現在、ダブルタイトル曲の「口笛」と「BOOMBAYAH」の再生数がそれぞれ2,500万ビュー、3,000万ビューを達成し、合計5,500万ビューを超えた。

YG特有の神秘主義コンセプトをそのまま継承したからか、 デビューして2週間が経ったにもかかわらず、 公式スケジュールが人気歌謡の一つだけでした。 YGも、新人を隠さないんです。 BLACKPINKだけが例外という状況です。 ビックバンは序盤に活動が活発で、2NE1もデビュー前、ビックバンとローリーポップを撮ってすぐ正規アルバムとリアリティーを出した。 iKONとWINNERもそれぞれ サバイバルとリアリティーを撮りました。 iKONですら、1ヵ月ごとに「ディッシング」2曲を相次いで発表し、名前を広めることに力を入れている。

2016年8月25日、ついにBLACKPINKのメンバーたちの日常生活を描いた ‘ブルピンTV’が午前9時にNAVERで公開されますという記事が出ました。 25日午前10時、YGの公式ブログ(www.yg-life.com)とNAVER TVで1話が電撃公開されました。 該当映像は21日、SBS人気歌謡でガールズグループ史上最短の13日間で地上波音楽放送1位になったBLACKPINKの姿が収録されました。 それだけでなく、放送局に向けて家を離れるメンバーの様子や控え室のビハインドなども見ることができます。 午後10時には公式YouTubeチャンネルにもアップロードされました。

2016年8月28日、再び人気歌謡で「BOOMBAYAH」と「WHISTLE」の2曲とも2週連続1位候補に上がりましたがEXOのLOTTOに押されてしまいました。

デビュー10日で10個以上のCM出演のオファーを受けました。 ほとんどがスポーツやアパレルブランドです。 YGによると、BLACKPINKは現在、電子機器、流通、通信、衣類、ビューティー業界のラブコールを受けているそうです。 BLACKPINKのオファー決定の黒幕として、ある関係者は「BLACKPINKが新人ですが、デビュー後の空前絶後の記録でイメージがかなり良いです。 きれいなルックスにスタイル的にも並々ならぬ感覚を見せており、広告界で関心が高い」と紹介しました。 YGは、「CM提案は慎重に考慮して契約するつもりであり、無分別なCM出演よりは、イメージに合うものを選別する」という立場を明らかにした。

8月の月間チャートでガオンチャートやMelonチャートなどで月間TOP100上位にランクインしデビューしたその月自らが大型新人であることを立証しました。 つまり8ヶ月間で最も多く聞こえた音楽の一つがまさに新人であるBLACKPINKの”口笛”です。

バッグブランドセントスコットの2016 Fモデルに抜擢されました。 セントスコット公式ブログです。

ファッション雑誌ナイロン11月号の表紙モデルに抜擢されました。

2016年、SQUARE TWOアルバム発売と活動

11月1日、’SQUARE TWO’というアルバムでカムバックしました。 タイトル曲は「火遊び」と「STAY」です。

<火遊び>で「カナダホット100」チャートにK-POPガールズグループが初めて進入しました。

11月1日、芸能週間アイドルに出演して収録を終えました。 放送は11月16日に放映します。 デビュー後初のバラエティー出演です。

初めてVアプリ放送を5分間したんですが、 初めてだからかぎこちない感じがあります。

11月16日<2016 Asia Artist Music Awards>に出演して新人賞を受賞しました。 ところがよりによって舞台で音響事故が発生しました。

11月16日、週間アイドルBLACKPINK編が放送されました。 放送でSTAYのアカペラバージョン#過ロゼとリサのダンブリング#ブンバヤ2倍速ダンス#を披露しました。

11月19日Melonミュージックアワードで新人賞を受賞しました。

メロンアワード口笛火遊び舞台、レッドカーペット、今までやった舞台の中で音響が一番好きです。

11月20日、人気歌謡の控え室で V LIVEをしました。 http://www.vlive.tv/video/17364

11月27日、「火遊び」でカムバック後初の人気歌謡1位を占めた。

11月27日、公式YouTubeチャンネルの 総再生数が3ヵ月で3億を突破しました! ブンバヤと口笛、火遊びのミュージックビデオはそれぞれ7000万ビュー、5700万ビュー、3100万ビューを突破した。 各ミュージックビデオの再生数も着実に増加しており、今後の記録がより期待されます。

11月28日と29日の2日間、全州でランニングマンの撮影を行いました。 デビュー後、地上波バラエティーは初めて出たもの! 放送は12月18日に放映されました。

12月4日、2週連続人気歌謡 1位となりました。

12月4日、V LIVE放送で ヌッパンをしました。#50分間実行しました。これまでのVアプリの中で最長時間。

12月11日、6週間の火遊び活動を終えました。 残念ながらトリプルクラウンは失敗です。 「4週間の口笛活動に比べれば長くしました。

12月18日にファンたちが待っていたランニングマン全州ツアー2編が放送されました。 BLACKPINKの分量は大丈夫です。 ランニングマンのメンバーと一緒に、 ブラックチームとピンクチームに分けて ゲームを進行しました。 ジスとリサは、ユ·ジェソク、チ·ソクジン、李クァンスとともにブラックチーム、ジェニとロゼは、金ジョングク、ハハ、ソン·ジヒョとともにピンクチームです。

12月26日、SBS「歌謡大典」で口笛、火遊びの舞台を披露しました。

12月28日ランニングマンの撮影一ヶ月で メンバージスとロゼがラジオスターに出演して収録を終えました。

2017年の活動内容

1月3日、メンバーのジスが デビュー後初の誕生日を迎えました。

1月11日ラジオスターにメンバーのジスとロゼが出演しました。 腹話術の個人技士を披露し、デュエットでLove Yourself映像を歌いました。 ジスが非公開練習生時代、SMマネージャーにキャスティングされたエピソードを公開したこともあります。

1月13日ゴールデンディスクアワードで 新人音源賞を受賞しました。

1月16日メンバージェニーがデビュー後初の誕生日を迎えました。

1月15日、ファンの名前がBLINKに確定しました。

1月18日、VアプリにBLACKPINKのCH+ができました。 CH+は有料で購入すると芸能人と直接コミュニケーションすることができます。 価格は1ヶ月に200コイン(4400ウォン)です。

1月19日ソウルに行きます。大賞で新人賞を受賞しました。

1月21日、オンスタイル ゲットイットビューティーの撮影をしました。

1月31日、デビュー曲BOOMBAYAHのMVが 公開5ヵ月で1億ビューを突破しました!
2月5日、ジスがSBSの人気歌謡のMCを始めました。 GOT7ジニョンとNCT(NCT 127、NCT U)ドヨンと共に進行を務めながら、 スローガンは各自の名前を一文字ずつ取りました。
2月11日メンバーで僕がデビュー後 初の誕生日を迎えました。

2月22日ガオンミュージックアワードで新人賞と音源賞を受賞しました。 レッドカーペット、ステージ、控え室のV LIVEです。

新人賞受賞の感想、8月音源賞受賞の感想、11月音源賞受賞の感想、 12月BIGBANG音源賞代理受賞の感想です。

ガオンミュージックアワードの帰宅途中、CH+の開設で初めて生放送をしました。 26分やって、2分のハイライトは 無料公開です。

2月26日のONSTYLEゲットイットビューティー完全体で登場し、普段のスキンケアやメイクの習慣などを紹介しました。 BLACKPINKの分量は、40分くらいです。 大学新入生パネリストのうち2人にメンバーが直接メイクをしてくれました。

3月27日、メンバーリサが デビュー後初の誕生日を迎えました。

4月11日、「火遊び」ミュージックビデオの再生数が公開5ヵ月(163日)で1億ビューを突破した。

4月15日、口笛のプロモーションビデオの再生数が、公開から8ヵ月(251日)ぶりに、1億ビューを突破した。


仁川空港税関名誉広報大使に任命されました。

炭酸水トレビのCMを撮りました。

延世大学の学園祭AKARAKAを含め、デビュー以来初めて様々な大学の学園祭やフェスティバル舞台に上がっています。 この祭りの名前はYGXユニセフウォーキングフェスティバル、明知(ミョンジ)大学祭り、建国(コングク)大学祭、聖潔(ソンギョル)大学祭、光云(クァンウン)大学祭、延世(ヨンセ)大学祭です。

2017年、「最後のように / AS IF IT’S YOUR LAST」発売と活動

6月22日に3枚目のアルバムが発売されることを知らせて、16日からジェニ-ジス-リサ-ロゼの個人ティーザーを1日間隔で公開しました。

8月5日、JTBC社の知り合いのお兄さんに出演しました。

8月8日、最後のようにMVの再生数が 公開46日、7時間18分で1億ビューを突破しました。

8月13日午後11時11分、BOOMBAYAHの再生数が 2億ビューを突破しました。

9月8日、BLACKPINKユーチューブの購読者が400万人を突破しました。

9月23日大田スーパーコンサートに参加しました.[1] 後日、Vアプリ(ニョンアンアン編)#で明らかにしましたが、同日はとりわけよくないことがいくつかあった。 リサがリハーサルの時に頭を打ちました。ジェニも少しよろめいて、ジスが同日転んで足にけがをしました。

10月1日、コリアミュージックフェスティバルに参加しました。
10月22日釜山ワンアジアフェスティバルに参加しました。

11月4日ついにBLACKPINK TV(リアリティ)のティーザーが公開されました。 メンバーたちが知り合った日は、彼らの デビュー1周年の8月8日で、場所はハワイでした。 メンバーの意見を反映した宿所で撮影すると言い、お姫様のように接すると言い、自給自足生活をさせるというコンセプトです。 放映日と放映チャンネルは公開されていません。

「11月15日、DCコミックス映画『ジャスティス·リーグ』で、最後のようにPV#が登場しました。

12月15日、最後のように MVの再生数が2億再生を突破しました。

12月25日、SBS歌謡大典でワンダーガールズの「So Hot Remix」バージョンを披露しました。 BLACKPINKならではの洗練された雰囲気を盛り込んで編曲し、歌謡大典舞台の中でも特に好評を博した舞台でした。 特に、海外のK-POPファンの間で大ヒットしました。

2018年の活動内容

ブルピンハウスという名前の 個人リアリティーバラエティーを 発売しました。 NAVERTVとYouTubeではエピソード別に公開する予定でしたが、JTBC2に追加編成されてからはTVチャンネルでも見ることができます。

3月17日、日本のアルバムであるBLACKPINKのリパッケージアルバムのトレーラーが公開されました。

3月21日、YGエンターテインメントのトップである ヤン·ヒョンソクのインスタグラムに BLACKPINKのレコーディングが終わったと アップされたことで、YGの3番目の打者として もうすぐカムバックする予定です。

3月31日、火遊びしたMVの再生数が 516日で2億ビューを突破しました。

4月02日、STAYのMVの再生数が 518日で1億ビューを突破しました。

4月06日、口笛のMV再生数が607日で2億ビューを突破しました。

4月09日、BOOMBAYAHの再生数が 610日で3億ビューを突破しました。

5月10日、長い空白を最後に 新曲のMV撮影を行いました。

5月14日、最後のようにMVの再生数が 326日で3億ビューを突破しました。



5月16日、明知大学の学園祭舞台に上がりました。 舞台は口笛、STAY、火遊び、最後のように順番に進められ、アンコール曲でもう一度火遊びをしました。 「もともと『ブンバヤ』をアンコール曲にしようとしたんですが、明知(ミョンジ)大学側がブンバヤ伴奏を準備できなかったので歌えなかったんです。

5月17日、ソウル科学技術大祝祭の舞台に上がりました。 雨がたくさん降る日なのに待ってくれてありがとう」と言って、一人ずつ短い愛嬌を見せたりもした。 舞台は口笛、STAY、火遊び、最後のように…の4曲とアンコール曲「ブンバヤ」まで全曲歌い終えて終了した。 アンコール曲でジェニーが歌詞を忘れるというミスがありました。

5月17日、YGエンターテインメントの首長ヤン·ヒョンソクのインスタグラムにBLACKPINKに関するコメントにコメントし、6月中旬がカムバックの日であることを明らかにした。 そして、「アルバムがない」というコメントに、「今回はそうしないと言って、アルバムが出ることが分かり、6月から年末まで一生懸命活動することを話した。 また、516-17にわたって BLACKPINKの応援棒をネタバレしました。

5月17日、BLACKPINKの日本デビューが 公式に確定しました! YGエンターテインメントは、7月20日に日本武道館で デビューショーケースを、8月9日[4]にデビューアルバムを 発売すると明らかにしました。 正式デビュー前から原宿の街角にポスターを掲示し、BLACKPINKバスが街中を闊歩するなど[7]ワイベックスでは宣伝に非常に力を入れた。

5月18日、中央大学100周年祭LUCAUS舞台に上がりました。 舞台は口笛、火遊び、STAY、最後のように順に進められ、アンコール曲としてブンバヤまで全曲歌い終えました。 火遊びまでして以来、簡単な挨拶、開校100周年の祝賀挨拶、リサの中央(チュンアン)大学であいうえお作文があった。 STAYを歌った後は、メンバー全員の簡単な愛嬌、 新曲と一緒にカムバックするとロゼが伝えた。 中央大祝祭です。

5月24日、ハニャン(漢陽)大学学園祭の舞台に上がりました。 舞台は中央大学の舞台と同じ順序で全曲歌い終えた。 「火遊び」まで歌った後、簡単な挨拶、ロゼの漢陽(ハンヤン)大学であいうえお作文があった。 STAYを歌った後は、新曲と共に カムバックするということをジェニは伝えた。 漢陽大学祭です。

5月25日、高麗大学の学園祭IPSILENTI舞台が公開されました。 舞台は漢陽大学の舞台と同じ順序で全曲歌い終えました。 公演途中、リサが高麗大学であいうえお作文を 一緒に自然にカムバックを 宣伝しました。 ジスの愛嬌も見ることができました。 「アンコール曲で『ブンバヤ』を歌っていた時、最後のクライマックスで音響事故が発生したんです。 慌てずに無伴奏で3万人の観客と一緒に合唱でステージを締めくくりました。

2018年、SQUARE UP発売と活動

5月25日、YGエンターテインメントの首長 ヤン·ヒョンソクの公式インスタグラム #fromygでBLACKPINKのカムバックが6月15日に確定したことを お知らせしました。

2018年6月1日、アルバム名を知らせる 9秒の動画が公開されました。 アルバム名は「SQUARE UP」です。

6月4日、タイトル曲名が公開されました。 タイトル曲名は、トゥドゥトゥドゥです。
その日の午後、ヤン·ヒョンソクがシングルタイトルですと再び発表した。

6月14日、20秒の「DDU-DU DDU-DU」MVティーザーが アップロードされました。 前日にティーザー映像の編集が 完了したそうです。

6月15日にタイトル曲「DDU-DU DDU-DU」を含む ミニ1集が公開されました。

6月25日(なんと公開されてから10日の5時間45分で)、トゥドゥトゥドゥのプロモーションビデオがユーチューブでのクリック数1億ビューを達成した。 これは全体のK-POPグループ中3位、ガールズグループの中では1位に達する成績です。

6月26日、ビルボードホット100チャートとビルボード200チャートに同時進入する快挙を成し遂げました。 ミニ1集SQUARE UPのタイトル「DDU-DU DDU-DU」が ホット100チャート55位、アルバムSQUARE UPは200チャート40位を記録しました。 HOT 100チャートの場合、K-POPガールズグループとしてはワンダーガールズの ‘Nobody’に続き2番目であり[10]200チャートも、K-POPガールズグループの最高記録です。

7月9日、7月末までミニアルバムSQUARE UPの収録曲である「Forever Young」に活動延長が決定しました。 該当する記事です

7月13日ブムバヤの日本語バージョンミュージックビデオが公開されました. 7月14日口笛、15日火遊び、16日STAY、17日最後のように日本語バージョンのミュージックビデオが公開されました。

7月20日、日本武道館で デビューショーケースを開きました。BOOMBAYAH、火遊び、口笛、STAY、最後の5曲を日本語バージョンで消化し、ファンサービスレベルでBOOMBAYAHの韓国語バージョンをアンコールで公演しました。 公演場は通常は8,000席規模ですが、観客席を360度に全面開放し、最終的には約14,000人が動員された[12]。 ヤフージャパンリアルタイムリアルタイムキーワードランキング10位にランクインし、地元メディア[14]にも何度か報道されました。

7月19日(公開から33日、22時間52分で)、トゥドゥトゥドゥのプロモーションビデオのユーチューブ再生数は2億ビューを達成しました。 これは、K-POPグループ全体の中で1位の記録です。

7月26日公式YouTubeチャンネルの購読者が1000万人になりました。

MTVジャパン8月HOT SEAT[15]に選定されました。 日本デビューショーケースを 無事に終えたことに影響があるようですね。

8月6日兵庫ホトモトフィールド神戸で開催される太陽のワールドツアー(16)のオープニングを行いました。

8月7日、NAVER V LIVEのフォロー数が 現存するガールズグループの中で最も多くなりました。

8月8日、BLACKPINKが2周年を迎えました。 2周年ライブです。

8月14日にYouTubeチャンネルにブルピンハウス12話プレビューがアップロードされました。 8月15日から18日までV LIVEで単独公開され、同時に8月18日YouTubeチャンネルで全編公開する予定です。

8月22日 SQUARE UP – JP ver アルバムが発売されました。

8月23日(公開から6~8日の23時間58分で)、トゥドゥトゥドゥのミュージックビデオは、ユーチューブでのクリック数3億ビューを達成した。 これは、K-POPグループ全体の中で最短記録です。

8月27日、東京の味の素スタジアムで開催される「エイネーション(18)」でオープニングステージに立つ栄光にあずかりました。 全4曲(最後のように、ブンバヤ、口笛、火遊び)を演じました。

8月 30日ミニアルバムBLACKPINKが発売されました.

8月30日、日本テレビ「スッキリ」の「HARUNAまとめ」というコーナーに出演しました。 最初、日本市民たちのインタビューでは実力と美貌、可愛さをすべて備えていると評価していました。 続いてメンバーたちが登場してブンバヤを歌いました。 「日本のどこかに遊びに行ったことがありますか」というMCの質問にリサとロゼはディズニーシー「21」、ジスとジェニーは原宿を「22」回った」と答えた。 日本語はYG内の日本語講師から学んだそうです。

8月30日「プレミアムトークナイト」に出演しました。 日本ラインライブを通じてリアルタイムで生中継され、累積視聴者266,718人を記録しました。

9月2日、埼玉アリーナで開かれた東京ガールズコレクションの舞台に立ちました。 「ブンバヤ、火遊び、最後の3曲を消化しました。 舞台映像をお見せします。

9月3日、神戸ワールド記念ホールで開かれた「神戸コレクションA」に参加しました。 オープニング舞台に立ったんですが、 この日の舞台のヘッドライナーでした。 神戸コレクション史上最も多い13,800人の観衆を動員しましたが、BLACKPINKを見に来たファンもかなり多かったそうです。 「ブンバヤ、火遊び、最後のように、口笛を全部で4曲歌いました。

9月21日、最後のようにプロモーションビデオの再生数が、459日ぶりにユーチューブでの再生数4億ビューを突破しました。 これは、K-POPガールズグループの中で最短記録です。

9月22日、最後のようにMVYouTubeの再生数が K-POPガールズグループのMV再生数1位になりました。

10月6日、トゥドゥトゥドゥのMV YouTubeの再生数が114日で4億再生を突破しました。 これは、K-POPグループの中で最短記録です。

10月19日、Dua Lipaとコラボした曲の「Kiss and Make Up」が公開されました。

10月23日、BOOMBAYAHのミュージックビデオが4億ビューを突破し、K-POP歌手としては初めて4億ビューミュージックビデオを3本保有しているグループとなりました。

11月10日~11日、オリンピック体操競技場で初の国内単独コンサートを開きました。

11月12日、ジェニの初ソロ曲である SOLOが公開されました。

11月25日、トゥドゥトゥドゥのMV YouTubeの再生数が164日で5億再生を突破しました。 これは、K-POPグループの中で最短記録であり、K-POPガールズグループとしては初めてミュージックビデオ5億ビューを達成しました。

2019年の活動内容

11月28日、火遊びのミュージックビデオが再生数3億ビューを突破しました。

1月13日、トゥドゥトゥドゥのMVが 再生数6億回を突破しました。

1月26日、最後のようにMVが 再生数5億回を突破しました。

2月11日 Late Show with Stephen Colbert(CBS)出演

2月12日 Good Morning America(ABC)出演

2月15日 Strahan & Sara(ABC)出演します

2月25日、ジェニのSOLOダンス映像が 女子ソロ歌手初めて1億ビューを突破しました。

3月1日、Billboardメイン雑誌の表紙を飾りました。 K-POPグループとしては2番目であり[27] ガールズグループとしては初めてです。

3月2日、火遊びの振り付け映像が 1億ビューを突破しました。 これでK-POPグループ史上、振付映像も1億ビューを超えた曲だけで4曲で、最多であるグループとして記録をもう一度残すことになりました。

3月9日、トゥドゥトゥドゥのMVが 7億再生を突破しました。 266日で7億ビューを突破し、K-POPグループひっくるめて最初の最短記録をもう一度達成しました。

3月14日ユーチューブの購読者数が2000万人を超えました。 これにより、世界のガールズグループの購読者数1位を確固たるものにし、韓国芸能人の中で最多の購読者を獲得しています。

3月14日、トゥドゥトゥドゥの振り付け映像が 2億再生を突破しました。

2019年、KILL THIS LOVE発売と活動

3月25日、リサのティーザー写真と共に タイトル曲タイトルが公開されました。 タイトル曲のタイトルは KILL THIS LOVEです。

3月26日、ジェニーのティーザー写真が 公開されました。

3月27日にジスのティーザー写真が公開されました。

3月28日にロゼのティーザー写真が 公開され全メンバーのティーザー写真が 公開完了しました。

3月28日BLACKPINK X 現代KIAコラボにより起亜の新型モデル車モハビの広報モデルによりソウルモーターショーに姿を見せ、カムバック前に近況を知らせました。

3月28日、シャネル非公開イベントで世界的なスター、ファレル·ウィリアムズとジェニーの合同ステージが予定されています。

4月1日、公式YouTubeチャンネルを通じてリサとジェニーのティーザービデオが公開されました。
4月5日0時に国内及び海外音源サイトに ミニ2集KILLTHIS LOVEとMVが公開されました。

4月7日、KILL THIS LOVEの再生数が 2日14時間13分と全世界最短で1億ビューを突破しました。

4月12日、19日にコーチェラフェスティバル出演が確定しました。 イギリスのグラストーンベリーとともに世界で最も有名なミュージックフェスティバルで、サブライナーとしてメインステージに出演します。コーチェラフェスティバルの出演リストがヒットし、米国Twitterリアルタイムトレンド3位になりました。 その上、同日出演するDJスネークがコーチェラのリストがスターになったきっかけにBLACKPINKに関心ができたか、リサのインスタをフォローして「いいね」を押すなど関心を見せたりもした。 ちなみに、初コーチェラ出演にサブライナー級とインタースコープ側のプッシュがあったのかという話がありますが、BLACKPINKのコーチェラ出演はインタースコープ社との契約があるずっと前の2018年5月に確定している。つまり、サブライナー級の出演はインタースコープとは関係ありません。 反面、インタースコープレコードとの契約は2018年10月に成立しました。

4月18日、アメリカの看板深夜番組のジェームス·コットンショーに出演しました。

4月18日、KILLTHIS LOVEがビルボードチャートHOT 10041位、ビルボード20024位、ソーシャル503位を記録し、既存のBLACKPINKビルボードを順位記録を更新し、韓国ガールズグループ史上ビルボード最高記録を達成しました。

4月25日KILLTHIS LOVEが ビルボードチャートHOT100に 3週連続チャートインされました。

4月31日KILL THIS LOVEがビルボードチャートHOT 100に4週連続チャートインされて、 韓国ガールズグループ初です。

5月7日KILL THIS LOVE Mが、32日7時間で3億再生を突破し、 韓国グループ最短です。

5月7日から北米所属事務所のインタースコープが所属事務所レベルでラジオプロモーションキャンペーンを進める予定だと明らかにした。 正確には会社のラジオプロモーションリストにKill This Loveを追加させました。 いくつかのラジオ放送ではすでに所属事務所のプロモーションが始まる前にKill This Loveを流し始めたが、MediabaseによるとBLACKPINKの最高サポーター放送であるWiLD 94.9が一週間で15回もこの歌を流していたことが確認されました。

5月10日、YouTubeの購読者数が2500万人を超えました。

5月11日KILL THIS LOVEが、 イギリスUKオフィシャルチャートに 5週連続でチャートインされました。 これも同様に、韓国ガールズグループ史上初の記録を樹立しました。

5月11日、トゥドゥトゥドゥのMVが 韓国グループ初最短でYouTubeの再生数8億ビューを突破しました。

5月16日ジェニーSOLOのミュージックビデオが3億ビューを突破し、韓国の女性ソロ歌手としては史上最短の記録を持ちました。

5月23日、BOOMBAYAHの再生数が 6億再生を突破しました。 これはK-POP歌手グループをひっくるめてデビュー曲のMVが初めて6億ビューを突破する記録を打ち立てることになりました。

5月26日、最後のミュージックビデオの再生数が 6億再生を突破しました。 Kpopグループを合わせて6億ビュー以上のMを最多保有しているグループです。

7月25日、約111日ぶりにKILLTHIS LOVEのMV再生数が5億ビューを突破し、KPOPグループの最短記録です。 また、従来のBLACKPINKミュージックビデオの 最短記録を更新しました。

7月28日、ジェニのSOLOミュージックビデオ YouTube再生数が5億ビューを突破しました! これは女性ソロ歌手としては初めてです。

7月30日、約410日ぶりにトゥドゥトゥドゥのプロモーションビデオが、韓国グループ初最短でユーチューブ再生数9億ビューを突破するのに記録を立てた。

8月11日に開かれるTeenChoiceAwardsにノミネートされました。

8月17日、a-nationフェスティバルへの出演が確定しました。 大阪で公演します。

8月18日サマーソニックフェスティバルへの出演が決定しました。 東京公演にのみ参加します。

8月23日、米国RIAAからトゥドゥトゥドゥ曲が デジタルシングル部門でゴールド認証を受けました。 これは大韓民国のガールズグループ初の試みです。

8月26日に開かれるMTV VIDIO MUSICAWARDSにBEST KPOP部門とBEST GRUOP部門にもノミネートされました。
9月7日、ワイヤードミュージックフェスティバルに参加します。

9月11日 KILL THIS LOVE JPバージョンを 発売予定だったが10月16日に延期されました。 ユニバーサルミュージックジャパンとのコラボレーションにより、従来のYGEXから出てユニバーサルミュージックとインタースコープレコードに変わり、初めてユニバーサルミュージックジャパンから発売されるアルバムとなります。

トゥドゥトゥドゥとKILL THIS LOVEの2曲のMVが YouTubeで1000万いいねを突破しました。 「韓国のガールズグループでは初めて1000万いいねを達成しました。

9月12日、K-POPグループ総じてのデビュー曲BOOMBAYAHのMVがユーチューブ初再生数7億ビューを突破しました。

9月29日、177日ぶりにKILL THIS LOVEのミュージックビデオ再生数が6億ビューを突破し、KPOPグループの最短記録です。 また、従来のBLACKPINKミュージックビデオの 最短記録を更新しました。

10月18日テレビ朝日看板音楽番組ミュージックステーションに出演します。 デビュー後初めて出演が決まりました。

10月31日の最後のようにミュージックビデオのユーチューブ再生数が7億ビューを突破し、KPOPグループ初の7億ビュー以上ミュージックビデオを3本も保有することになりました。

11月11日、トゥドゥトゥドゥのプロモーションビデオが、ユーチューブでの再生数10億ビューを突破する大記録を樹立しました。 これは曲発表後515日(約1年5ヶ月)ぶりに達成されたもので、KPOPグループの中で最初と最短の記録全てBLACKPINKが持つことになりました。 韓国歌手としてはPSY以降、10億ビュー以上のプロモーションビデオの再生数を獲得したグループはBLACKPINKのみであり、韓国の女性歌手としては初めてです。

12月から始まる日本三大ドームツアーのコンサートが決定しました。 12月の東京ドームを皮切りに20年1月には京セラドーム、2月にはオークドームでツアーを行います。

2020年の活動内容

1月4日、KILL THIS LOVEのMVが YouTubeの再生数7億再生を突破しました。 これはK-POPグループ最短記録であり、BLACKPINKは7億再生以上のMVが4曲以上で最多記録タイトルも獲得しました。

1月4日~5日、大阪で行われた京セラドームツアーを盛況に終えました。

2月22日に福岡ドームで行われたIN YOUR AREAツアーのフィナーレが終わり、同時間帯に日本国内の劇場でコンサート実況ライブビューイングが上映されました。

2月24日、BOOMBAYAHのMVがYouTubeの再生数8億再生を突破しました。 韓国グループ初デビュー曲のMVが8億ビューを超えた記録を持つことになりました。

2月29日、代々木競技場で開かれる「第30回マイナビ東京ガールズコレクション」に参加します。 今年で4回目の参加要請であり、公演に参加する予定でしたが、コロナの影響により暫定的に延期されてしまいました。

3月24日、トゥドゥトゥドゥのMV YouTubeの再生数が11億再生を突破しました。 韓国グループで初めて11億ビューを超える大記録を持つことになりました。

4月20日KILL THIS LOVEのMV、 YouTubeの再生数が8億再生を突破しました。 これでBLACKPINKの8億再生以上のMVが3曲になりました。

ワールドスターであるレディー·ガガのニューアルバムであるCHROMATICAに、10番トラックであるSOUR CANDYで参加することになり、5月29日に発売されました。

4月24日、STAYのMVYouTubeの再生数が 2億再生を突破しました!

5月4日、BLACKPINKが6月のカムバックを目標に準備中という記事が大々的に報道され、記事が掲載されるやいなや世界のツイッターリアルタイムトレンド2位にランクされるなど話題になった。

5月8日、火遊びしたミュージックビデオが YouTubeの再生数5億ビューを突破しました。

5月18日にトゥドゥトゥドゥの振り付け映像がYouTubeの再生数3億ビューを突破し、K-POP歌手としては初めて3億ビューを超えた振り付け映像の記録を持つことになりました。

5月28日、レディー·ガガとのコラボ曲であるSOUR CANDYが公開され、音源が出てから1日足らずの時点で、57ヶ国iTunesワールドチャートで1位になりました。

5月30日、レディー·ガガとのコラボ曲である「sourcandy」が、世界最大音源ストリーミングサイトの「スポーティパイ」に、グローバルTOPチャートで2位、米国3位、英国5位など、最高順位を取り、アップルミュージック14位に名を連ねた。 これは、K-POPグループの最高記録です。

6月5日、イギリスオフィシャルシングルチャート順位にSOUR CANDYがチャート17位になり、これはK-POPガールズグループの中で最高順位を記録します。

6月9日、アメリカのビルボードメインチャートであるHOT100で BLACKPINKが参加したSOUR CANDYが33位です。 これは、K-POPガールズグループ初の最高順位として記録されました。

2020年、How You Like Thatの発売と活動

6月10日、ついにBLACKPINKのカムバック日が 書かれたティーザーポスターが公開されました。 カムバック日は6月26日に確定しました。

6月12日、最後のようにMVがYouTubeの再生数8億ビューを突破しました。 これでBLACKPINKは、K-POPグループの中で8億再生以上のMVが4本以上と多くのグループに記録されました。

6月16日に、4人のメンバーのティーザー写真が 公開されました。 タイトル曲は、「How You Like That」です。

6月20日口笛のMVがYouTubeの再生数5億ビューを突破しました。

6月26日、447日ぶりに ついにカムバックしました。

6月26日、米国NBCの看板深夜番組である「ジミフェランショー」で、KPOPガールズグループとしては初めてカムバック舞台を持ち、笑い我慢チャレンジも試みました。

6月26日にHow You Like Thatのミュージックビデオが公開されて以来、24時間再生数が8630万ビューを超え、世界最短のミュージックビデオとなり、世界新記録を樹立しました。

6月27日にHow You Like Thatが公開されるやいなや、アメリカを含む61ヶ国のアイチューンズワールドソングチャートで1位になり、これは従来のBLACKPINKの記録を更新し、韓国ガールズグループ初の最多1位の記録を立てました。

6月28日、How You Like Thatの MV再生数が1億ビューを突破しました。 これは、世界最短1億ビュー突破の世界新記録であり、32時間22分で突破という大記録を残すことになり、これは世界ギネス記録に登録されました。

6月28日、How You Like ThatのMVが YouTubeのいいねの数1000万を達成しました。 約52時間ぶりにいいですね。 数を突破しました。

6月28日のHow You Like That世界最大音源サイトであるスポーティパイグローバルTop 50チャートで2位を記録し、これはK-POPアーティストの最高記録です。

6月29日、How You Like Thatがアメリカ最大音源サイトの一つであるAmazonミュージックグローバルチャートで1位を獲得しました。

How You Like Thatが日本最大音源サイトの一つであるLINEミュージックで1位を獲得しました。

6月29日、トゥドゥトゥドゥのMV YouTubeの再生数が12億再生を突破しました。

6月30日、BLACKPINK公式ツイッターアカウントで、世界のBLINKと出会うツイッター「ブルールーム」ライブ同時接続者数が220万人に達し、これはツイッター公式の中で最も多い視聴者数でアクセスしたものと記録された。

7月3日、How You Like ThatのMV YouTubeの再生数が、7日45分で2億再生を突破しました。 この記録も世界最短記録で世界YouTubeのミュージックビデオの中でもう一度世界新記録を打ち立てることになりました。

7月4日、イギリスオフィシャルシングルチャートでHow You Like Thatが20位にランクインし、これもK-POPガールズグループの最高成績となりました。

7月5日SBS人気歌謡でHow You Like Thatがカムバック後地上波初の1位を占めました。

アメリカ時間で7月6日に発表されたビルボードホット100チャートで、How You Like Thatが33位で初登場しました。 従来のBLACKPINK記録を更新し、K-POPガールズグループの最高順位を記録し、ビルボードホット100チャートで成長し続けています。

7月7日にKILL THIS LOVEのMV、 YouTubeの再生数が9億再生を突破しました。

7月7日、ビルボードアメリカデジタルソングセールスチャートで、世界のガールズグループの中で最高順位2位を記録しました。

7月10日、BOOMBAYAHのYouTube再生数が 9億再生を突破しました。

7月11日、How You Like Thatがイギリスのオフィシャルシングルチャートに2週間進入し、44位となりました。

7月17日、How You Like ThatのMV YouTubeの再生数が3億ビューを突破しました。 公開21日目に達成し、従来の記録を最短に更新しています。

7月22日にHow You Like Thatの振り付け映像が YouTubeの再生数1億ビューを突破しました。 16日で1億ビューを達成しました。 振り付け映像でも最短記録を打ち出しました。

8月8日、How You Like ThatのMV YouTubeの再生数が4億ビューを突破しました。 公開43日目に達成し、従来の記録を最短に更新しています。 この日はBLACKPINKデビュー4周年でした。

2020年、Ice Creamの発売と活動

7月23日、BLACKPINKが8月、Newシングルを発表する予定だと言って、 ポスターが上がってきました。 フィーチャリングしたアーティスト欄は当然空けておき、破格的な活動に期待してください」とYGで公式記事にした。

8月3日、スペシャルシングルの日付が 8月28日に確定し、BLACKPINKの公式SNSにポスターがアップされました。 フィーチャリングしたアーティストもまだ公開されておらず、注目を集めています。

8月12日スペシャルシングルの発売時間が韓国基準で午後1時、アメリカ東部基準で8月28日夜の12時に確定し、BLACKPINKの公式SNSにティーザーポスターがアップされました。 フィーチャリングしたアーティストはセレナ·ゴメスであることがわかりました。

8月22日午後11時スペシャルシングルの題名「Ice Cream」が公開されました。

8月28日午後1時 Ice Creamとミュージックビデオが公開されました。

8月30日、Ice CreamのMVYouTubeの再生数が 1億ビューを突破しました!
8月30日[36]放送されたMTV VIDEOMUSICAWARDS[37]において、SONG OF SUMMER部門を受賞しました。 アジアガールズグループ初の受賞として記録されました。

アメリカ現地時間の9月8日、アメリカのビルボードメインチャートであるHOT100に、セレナ·ゴメスと共に参加したIce Creamが13位にランクインしました。 これは、K-POPガールズグループの最高順位を記録し、これにより、スパイスガールズ、フィフスハーモニーの次にHOT100に曲を多く入れたガールズグループとなりました。

9月9日ネットフリックスにてBLACKPINKドキュメンタリーが公開されますと発表しました。 これは、K-POPアーティストとしては初めてで、また、世界の女性歌手としては4番目のオリジナルドキュメンタリーであると同時に、ガールズグループとしては1番目の主人公です。[38] 日付は10月14日に確定しました。

2020年、THE ALBUM発売と活動

7月28日、BLACKPINKの初正規アルバム カムバック日が書かれたティーザーポスターが 公開されました。 カムバック日は10月2日に確定しました。

9月2日、KILL THIS LOVEのMVが YouTubeの再生数10億再生を突破しました。 BLACKPINKは10億再生以上のMVが2曲で、 KPOPグループの最多記録タイトルを獲得しました。

9月5日、トゥドゥトゥドゥのMVが YouTubeの再生数13億再生を突破しました。 これもK-POPグループ初の最短記録となりました。

9月8日、「How You Like That」ミュージックビデオのユーチューブ再生数が5億ビューを突破し、従来のBLACKPINKの5億ビュー突破記録を40日も短縮させた。 同日、Ice CreamのミュージックビデオYouTubeの再生数も2億ビューを突破しました。

9月21日初の正規アルバム発売時間が韓国基準で午後1時、アメリカ東部基準で10月2日夜の12時に確定し、BLACKPINKの公式SNSにティーザーポスターがアップされました。

9月22日、THE ALBUM ジスのティーザー写真が 公開されました。

9月23日、THE ALBUM ジェニティーザー写真が 公開されました。

9月24日、THE ALBUMリサのティーザー写真が 公開されました。

9月25日、THE ALBUM ロゼティーザー写真が 公開されました。

9月28日、THE ALBUM タイトル曲のタイトルが公開されました。 タイトル曲のタイトルはLovesick Girlsです。

9月29日、THE ALBUMの トラックリストが公開されました。 4番トラックBet You Wannaには Cardi Bがフィーチャリングしました。

9月30日にLovesick Girlsのミュージックビデオティーザーが 公開されました。

10月1日、YouTube新規オリジナルコンテンツ 「RELEASED」の初主人公となりました。 2日午後12時45分[39] 公開予定です。

10月1日にIce CreamのMVYouTubeの再生数が3億ビューを突破しました。

10月2日午後1時[40] いよいよ正規1集 THE ALBUMが発売されました。

韓国時間の10月3日、Lovesick Girlsが57ヶ国のアイチューンズワールドソングチャートで1位を獲得しました。

10月3日、全世界最大音源サイトの一つであるスポーティパイグローバルTop 50チャートでLovesick Girlsが3位になり、アルバム全収録曲が50チャートにチャートインしました。

10月4日、BLACKPINK公式YouTubeチャンネルの購読者数が5000万を突破しました。

10月5日、Lovesick GirlsのMV再生数が 1億ビューを突破しました。

10月6日、K-POPガールズグループの中で初動アルバムの販売台数は初日に約586,000枚を記録し、過去最短の初動記録を更新しました。

10月9日、イギリスオフィシャルアルバムチャートで THE ALBUMが2位になり、K-POPガールズグループとして初、最高の進入記録を立てました。

10月12日、世界最大音源サイトである Spotifyグローバルアルバムチャートで THE ALBUMが1位になりました。

10月12日、アメリカのビルボードアルバムチャートでTHE ALBUMが2位になり、これは世界の女性グループの中で2008年以降12年ぶりに出た最高の記録で、K-POPガールズグループの中で最高位となりました。

10月13日、BOOMBAYAHがYouTubeのMV再生数10億ビューを突破しました。 BLACKPINKは、K-POPアーティストとして初めて3つのMで10億再生以上の再生数を獲得し、デビュー曲のMが10億再生を突破する記録を打ち立てました。

10月14日にKILLTHIS LOVE YouTubeの振り付け映像の 再生数が3億ビューを突破しました。 BLACKPINKは、K-POPアーティスト初の3つの振り付け映像が3億再生以上の再生数を持つという記録を樹立しました。

10月20日、BOOMBAYAHの振り付け映像の再生数が 2億再生を突破しました。 これでBLACKPINKは2億再生以上の再生数を持つ、 振り付け映像を4つが保有している初の K-POPアーティストとなりました。

10月20日、K-POPガールズグループとしては初めて ジミキエルライブ出演が確定しました。

10月22日にHow You Like That YouTubeのMV再生数が6億ビューを突破しました。

10月25日Lovesick Girls YouTubeのMV再生数が、 2億ビューを突破しました。

10月26日、BLACKPINK初の正規1集アルバムであるTHE ALBUMが総販売約120万枚で、韓国のガールズグループ初の単一正規アルバムミリオンセラーを記録しました。

11月3日、最後のようにYouTubeのMVの再生数が 9億ビューを突破しました。

11月3日にHow You Like That YouTubeの振り付け映像の 再生数が4億ビューを突破しました。 振り付け映像の公開から約4ヵ月ぶりに、 BLACKPINKの振り付け映像の再生数の中で 最も早くて、多くの再生数を記録しています。

11月9日KILLTHIS LOVE YouTubeの MV再生数が11億再生を突破しました。

11月13日、PUBG MOBILE FUN MATCHに出演しました。
11月16日にIce Cream YouTubeのMV再生数が4億ビューを突破しました。
11月17日、KILLTHIS LOVEが スポーティパイ4億ストリーミングを 突破しました。 これはK-POPガールズグループの初、最短、最多記録です。

11月23日、トゥドゥトゥドゥの YouTubeのMV再生数が14億再生を突破しました。

11月23日午前9時BLACKPINK- AROUND THE WORLDというタイトルの映像が公開されました。 オンラインコンサートのティーザー映像に見えます。

11月25日インドネシア·トコペディアチャンネルでLovesick Girlsのステージが行われました。

12月1日昼12時BLACKPINK- THE INVITATIONというタイトルの 映像がアップされました。

12月4日、アメリカ授賞式バラエティヒットメイカーズプログラムで、K-POPガールズグループとしては初めて今年のグループ賞を受賞しました。

「12月8日、米国ビルボードのベストアルバム『Top50』に25位となり、KPOPアルバムの中で最高順位に名を連ねました。

12月9日、BLACKPINKの公式SNSに気候変動の映像が韓国語と英語字幕でそれぞれアップされました。 2021年にイギリスで開かれる国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議に先立ち、メッセージを伝えたものです。

12月15日Lovesick Girlsの振り付け映像YouTubeの再生数が、 1億ビューを突破しました。

12月15日、アメリカの音楽雑誌「ローリングストーン」が選んだベストポップコラボレーションソングとしてIce Creamが選ばれました。

12月24日Lovesick GirlsのMVYouTube再生数が、 3億ビューを突破しました。
12月24日、THE ALBUMが スポーティパイ10億ストリーミングを 突破しました!

12月27日午後2時、YouTubeとの合作オンラインコンサート「YG PALM STAGE – 2020 BLACKPINK THE SHOW」を開催予定でしたが、COVID-19の再拡散により2021年1月31日午後2時に延期されました。

12月27日、Pretty Savage人気歌謡のステージ映像再生数が 1億ビューを突破しました。
12月28日、火遊びMVのYouTubeの再生数が 6億再生を突破しました。

12月30日、口笛のMVYouTubeの再生数が 6億ビューを突破しました。

12月30日ロゼのソロが出る予定ですと公式記事を載せ、1月中旬にミュージックビデオ撮影が予定されている」と報道した。 ロゼのソロ活動に続いて、リサのソロ活動も準備している」と話した。

2021年の活動内容をまとめ

1月3日、ジスが誕生日を迎えました。

1月5日、2021BLACKPINKシーズングリーティング限定の霊通ファンサイン会を開催しました。

1月6日にHow You Like Thatの振り付け映像 YouTubeの再生数が5億ビューを突破しました。

1月16日ジェニーが誕生日を迎えました。

1月15日、ジェニーのSOLOミュージックビデオユーチューブ再生数が6億ビューを突破し、これはK-Pop女子ソロ史上、最初の最短記録です。

1月25日ロゼのソロ曲をオンラインコンサートで先行公開する予定です」と記事を通じて明らかにした。

1月25日の夕方、TokopediaでインタビューとPretty Savageステージを披露しました。
1月26日午前0時、ロゼのComing Soonティーザー動画がアップロードされました。

1月28日、The Late Late Show with James Cordenに出演しました。

1月31日午後2時、YouTubeとの合作オンラインコンサート 「YG PALM STAGE – 2021 BLACKPINK: THE SHOW」を開催しました。

2月4日、BOOMBAYAHのYouTube再生数が 11億再生を突破しました。 Kポップグループ全体で11億再生以上のプロモーションビデオが3本以上のグループは、BLACKPINKだけです。

2月9日午前0時にKILL THIS LOVEのMV、 YouTubeの再生数が12億ビューを突破しました。 BLACKPINKの記録を更新し、K-POPのMVの中で最も早く12億再生を達成した記録となりました。

2月11日で私が誕生日を迎えました。

2月15日にIce CreamのMVYouTubeの再生数が5億ビューを突破しました。

2月22日にIce Creamの振り付け映像YouTubeの再生数が1億ビューを突破しました。

2月23日、トゥドゥトゥドゥのMVYouTubeの再生数が 15億再生を突破し、Kpopグループ初最短の大記録を もう一度樹立しました。

3月2日にロゼのソロポスターティーザーが公開され、3月12日にソロデビューの日付も明示されました。

3月12日ロゼの初シングルRが公開されました。

3月13日にHow You Like Thatの振り付け映像 YouTubeの再生数が6億ビューを突破しました。 これは振り付け映像の中で、 最短で6億再生数を記録しました。

3月13日、How You Like ThatのMV YouTubeの再生数が8億ビューを突破しました。

3月19日、ジェニのSOLO振り付け映像 YouTubeの再生数が2億再生を突破しました!

3月20日、ロゼのOn The Groundミュージックビデオユーチューブ再生数が公開7日15時間55分に1億ビューを突破し、女性ソロ最短記録を立てた。

3月21日にDon’t Know What To Doの振り付け映像が YouTubeの再生数2億ビューを突破しました。

3月27日リサが誕生日を迎えました。

4月5日午前0時にロゼの 「Gone」ミュージックビデオが公開されました。

4月18日、スポーティファイ音源のプレイ累積数が 50億ビューを突破しました。

4月19日Lovesick GirlsのMVYouTube再生数が、 4億ビューを突破しました。

4月23日、最後のようにMVYouTubeの再生数が 10億再生を突破しました。 これでBLACKPINKの10億再生以上のMVが4曲で、 ガールズグループとしては初の記録です。

4月30日、ビルボードミュージックアワードのK-POPガールズグループとしては初めてトップソーシャルアーティスト候補に名を連ねました。

5月1日、Pretty Savage、YouTubeオーディオがK-POPアーティスト初の1億ビューを突破しました。 映像ではなくオーディオが1億ビューを超えたのは非常に珍しいことで、ファンがBLACKPINKの音楽を多く聞いていることが立証されたわけです。

5月1日 How You Like That #MVが2000万いいです。 数を獲得しました。 これはPSYの江南スタイル、BTSのDynamite、小さなもののための詩以来 K-POP歌手の中で3番目であり、ガールズグループとしては初めての記録

5月12日にレディー·ガガとコラボしたSour Candy YouTubeのオーディオ再生数が1億ビューを突破しました。

5月22日KILLTHIS LOVE YouTubeの MV再生数が13億再生を突破しました。

5月24日にHow You Like That YouTubeの振り付け映像が 7億ビューを突破しました。 KPOPアーティストの中で振り付け映像が7億ビューを超えたのは BLACKPINKが唯一無二で、最短最初の記録を更新することになりました。


余談

YGエンターテインメントで 2NE1デビュー以来、 約7年ぶりにデビューさせたガールズグループです。

BLACKPINKのことをブルピンやジェンチュリチェンと呼ぶこともあります。

「殆どのインタビューは『オンニ·ライン』であるジスとジェニが、英語インタビューと受賞の感想はロゼが担当する。 Vアプリのチャンネルプラスによると優勝の感想はじゃんけんぽんで決めるそうです。
デビュー前だった2013年にアフターアース映画の広報のために来韓したウィル·スミス、ジェイデン·スミス親子が旧YG社屋に遊びに来て、その前でダンスを披露したという。

ほとんどのBLACKPINKの歌には「BLACKPINK IN YOUR AREA」または「BLACKPINK IS THE REVOLUTION」が歌詞に入りますが、BLACKPINKを象徴するシグネチャーサウンドであり、キャッチフレーズと言えます。

2016年8月13日、リオ五輪現地の競技場から「口笛」が流れ出しました!

メンバージェニがオーバーウォッチをするという事実が V LIVEプラスを通じて明らかになりました! それで、ファンの皆さんへのコメントでも よく見かけます。 BLACKPINK V LIVE CH+のジスは、オーバーウォッチとメイプルストーリー バトルグラウンドをするという事実まで認証しました! 実際にBLACKPINKのリアリティーであるブルピンハウスで、 ジスがスチームでバトルグラウンドを敷いている姿が 少し出てきます。 リサもアサシンクリードを楽しんでいるようです。 そしてブルピンハウスで、 リサはクッキーランをするジスに 無駄なことをしますとディスしました。

BLACKPINKのメンバー全員が自国の基準で 早生まれです。 ジスとジェニーは1月生まれ、ロゼは2月生まれ、リサは3月生まれ、タイは5月学期制に従うため、5月以前の出生者まで早い年齢に該当します。

活動名にパッチムが入るメンバーが一人もいません。

火遊びに消せないので部分的なダンスがメンバーごとに違う。 火遊び「消せない」のダンスが みんな違うってこと知ってますか。

2017年2月22日、ガオンミュージックアワードの 帰宅途中に初めてV LIVEプラスの生放送をしました。 2分ハイライトフル映像は、2週間後にまた見ることができます。 有料なので審議に時間がかかるそうです。

ジスとジェニーがフライングヨガをしていましたが、今は各自ピラティスをするそうです。 メンバー全員ピラティスをしますって。

各種のコミュニティーで「舞台衣装がきれい」とよく言われます。 メンバーたちも衣装を見事に消化します。 また、メンバー全員が私服ファッションセンスに優れており、大変注目されています。

「As If It’s Your Live」のエンディングがミュージックビデオに 出てきたように、手で「L.O.V.E」を作るポーズでしたが、 最後にYGが投げキッスでやろうと言って 変えたそうです。 チョン·ヒョンドン:L.O.V.Eがいいですよ。 しかし、舞台をすればするほど、エンディングを多様に変え、ファンらを胸きゅんさせた。

「『最後のように』曲発売後ラジオ活動を始めました。 6月26日のデビュー初ラジオである『異国主義ヤングストリート』を皮切りに、8月1日現在まで計9つのラジオに出演しました。

2017年8月8日、デビュー1周年を記念して永登浦タイムスクエアCGVにて「PINK THEATER」というファンミーティングを開催しました。 有料チャンネルへの加入者のみ申請可能です。

BLACKPINKのミュージックビデオは「口笛」と「Stay」を除いて全てソ·ヒョンスン監督が演出しました。

2017年8月9日、BLACKPINKのYouTubeチャンネルの 総再生数が10億再生を突破しました。

2017年8月11日にビルボード誌でデビュー1周年を祝う記事を掲載し、1年間の記録にフォーカスを当てています。 ブンバヤ、火遊びに続き最後のようにまで3連続ワールドデジタルソングセールスチャートで1位に上がり、ワールドデジタルソングチャートで1位になった唯一の女性アーティスト、シングル5曲でアメリカで計113,000回のデジタルダウンロードを記録、バブリングアンダーホット100チャート13位、ソーシャル50チャート19位。

2017年8月24日、火遊びチャートの1億ストリーミングを達成し、1億-1億クラブに加入しました。

#練習生時代から男子練習生が練習する場所と女子練習生が練習する場所を分けていました。 アイドルグループになっても整形手術、恋愛などは徹底禁止だそうです。

映画「ジャスティス·リーグ」の予告映像で、「最後のように」PVも再生されました。 「バットマン」役の俳優ベン·アフレックが、椅子に座り眉間をしかめたままどこかを見つめているところ、その後ろのモニター画面に最後のようにPVが放映されたのです。 映像の45秒付近の劇中でフラッシュを演じたエズラ·ミラーも「BLACKPINK」が好きだと話した。 そして本編にもMVが登場しました。

ミッド「ザ·ボールド·タイプ」にデビュー曲「口笛」がOSTとして挿入されました。

最後のように、活動以来ピンク色のグループ専用ハンドマイクを使用しています。 グループ名がBLACKPINKなのでピンク色を選んだようです。

2017年一年間発表した音源が、 シングル1曲だけです。 人気を集めている新人なのに、デビュー以来実写アルバム1枚もない膨大な(?)作業量に、ヤン·ヒョンソクなりに衝撃が大きかったのか、次のアルバムはミニアルバムであり、これにより時間が少しかかるという立場を明らかにした。


空白期間があまりにも長く、トゥドゥトゥドゥでカムバックした時、本当に爆発的な人気を得たが、笑い話として「ファンの皆さんがこの成績を見て、YGがまた新しい記録に向けて長い空白期が出るのではないか」と心配している。 トゥドゥトゥドゥの活動の時はランニングマンにジスとジェニが出演していて、ランニングマンのメンバーたちが「BLACKPINK、よく見たいです」とヤン·ヒョンソクにビデオレターを送らせたりもしました。

YouTubeの照会及び購読者数からも分かるように、海外ファンダムはとてつもなく能力者も多いように見えます。

2018年3月19日YouTubeのチャンネル登録者数が600万人を突破、2018年6月25日現在860万人を突破、2018年7月26日現在1,000万人を突破し、韓国女性歌手YouTubeチャンネルの中で登録者が最も多いです。 YouTubeの購読者数が世界のガールズグループ1位を達成しました。 「米国のガールズグループであるfifth harmonyを追い抜いたのです。 2019年10月18日現在、YouTubeチャンネルの購読者数は3,070万人を超えました。 2020年12月14日を基点に5,440万人を超え、これは韓国YouTubeチャンネルの中で1位であり、世界のYouTubeチャンネルの中で14位に該当します。 歌手としてはジャスティン·ビーバーに次いで世界2位を占めています。

メンバー全員に弟がいません。 ジェニーとリサは一人娘です。

大半が韓国国籍のメンバーを中心に構成されたグループですが、『韓国人』のような感じがするメンバーはジスしかいないというのも特徴です」 ジスは韓国で生まれてずっと育った反面、ジェニーは韓国で生まれて10歳の時から5年間ニュージーランドに早期留学して来て、まるで同胞のような感じがあり、2017年知り合いのお兄さんとV LIVEを通じて自らニュージーランドをHome(故郷)だと思うと言いました。 そして、ネットフリックスのドキュメンタリーを通じて、幼い頃ニュージーランドで受けた教育が現在の自分を作ったと言及したりもした。 ロゼはニュージーランドで生まれてオーストラリアで育った同胞2世です。 英語のネイティブスピーカーであり、韓国ではなくオーストラリアを故郷と思っていて、韓国とニュージーランドの二重国籍です。 リサは当然純粋なタイ人です。 ですから、生まれから韓国で作られた韓国ガールズグループであるにもかかわらず、非常にグローバルな印象を与える独特なグループであることは明らかです。 そしてBLACKPINKのメンバーたちもインタビューを通じて自ら韓国文化と同時に西欧文化のアイデンティティを持っていると言及しました。 このような点から、海外のファンや海外マスコミとのコミュニケーションが容易であり、何より海外のファンとの情緒的·文化的コミュニケーションまで可能だという長所がある。

ミニアルバム1集「SQUARE UP」を発売した日、メンバー全員に個人インスタグラムができました。 オープンしてから4日だけが、メンバー全員のフォロワー数が300万人を超えました。

YouTubeのPV公開後、初の24時間再生数ランキングで「DDU-DU DDU-DU」が約3300万台の再生数で、世界中の女性アーティストの中でテイラー·スウィフトの「Look what you make medo」に続き2位となりました。 その後YouTubeによって公開された「DDU-DU DDU-DU」の24時間再生数は約3600万台で、K-POPミュージックビデオの中で最も多い24時間再生数を記録しました。

2015年11月15日、YG社屋のファンが歌声が聞こえたので動画を撮ってインスタグラムに載せたが、実はその歌がForever Youngだったことが海外BLINKの間で話題になっている。 掲示板によると2NE1だと思いましたが(当時YGガールズグループは2NE1だけだったので…)、全く聞いたことのない曲だったと。 KBS2FMの楽童ミュージシャンである「スヒョンのボリュームを高めましょう」でジェニが「Really」と「SeeYouLater」はデビュー当初から持っていた歌だという。

BLACKPINKの歌を、カラオケで直接聞けば 分かると思いますが、本当にたくさん歌います。

K-POPアーティストの中で、 振り付け映像の再生数が最も多いです。アナザーレベルのこれまでもトゥドゥトゥドゥの振り付け映像と、Kill This Loveの振り付け映像の再生数が3億ビューを突破するほどの最強でしたが、2020年7月にアップロードされたHow YouLike Thatの振り付け映像が、従来のトゥドゥトゥドゥ、KILL THIS LOVEさえ圧倒する破格的な再生数の推移を見せ、2021年1月6日に約6ヶ月ぶりに K-POPの振り付け映像が、初めて更新されました。計11の振り付け映像、 すべて1億再生を突破しています。

2018年8月、BLACKPINKオフィシャルYouTubeチャンネルの購読者数が1,000万を突破し、ダイヤモンドクリエイターアワードからK-POPガールズグループ初のダイバートン#を受賞しました。

Categories: K-Pop

0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder