TO THE WORLD!ここはNCTです! こんにちは、NCT 127です!

NCT 127は2016年7月7日にデビューしたSMエンターテインメント所属の 10人組多国籍ボーイズグループであり、NCTで二番目にデビューしたユニットです。

詳細

NCT 127の「127」はソウルの硬度を意味し、韓国、日本を中心に活動する予定だそうです。 つまり、K-POPの本拠地であるソウルを中心に活動するため、K-POPを世界に知らせるという抱負を込めたという意味です。

人数変遷史

デビュー

テイル、テヨン、ユウタ、ジェヒョン、ウィンウィン、マーク、ヘチャン。

NCT #127 LIMITLESS

テイル、ジョニー、テヨン、ユウタ、ドヨン、 ジェヒョン、ウィンウィン、マーク、ヘチャン。

NCT #127 Regular-Irregular

テイル、ジョニー、テヨン、ユウタ、ドヨン ジェヒョン、ウィンウィン、ジョンウ、マーク、ヘチャン。

現在

テイル、ジョニー、テヨン、ユウタ、ドヨン ジェヒョン、ジョンウ、マーク、ヘチャン。

青少年連合チームとして結成されたNCT DREAMとの比較により、「メンバー変化のない固定チーム」という印象が強いが、デビュー以来3年間3人のメンバーが合流し、1人のメンバーが他のユニットに移動して活動するようになるなど、メンバー変動が激しいチームでした。

最初は7人組でデビューしたが、2017年1月9日、ミニ2枚目のアルバム「NCT#127 LIMITLESS」からNCTUとして活動したドヨンとSM Rookiesで公開された ジャニが合流した9人組でカムバックしました。 当時のメンバージェヒョンは「本当に特別なことがない限り NCT 127のメンバーは追加されない」と 明らかにしたことがあるが、2018年10月12日、正規1集アルバム「NCT#127 Regular-Irregular」からNCT Uとして活動したジョンウが合流して 10人組になりました。

2019年から中国人メンバーのウィンウィンがNCTの中華圏ユニットWayVのメンバーとして公開され、NCT 127での活動は中断されました。 以後、ウィンウィンを除いた9人体制でワールドツアーNEOCITY-The Originを開催し、日本初正規アルバムAwaken、ミニ4集NCT#127 WE ARE SUPERHUMANを発売し、2020年にも正規2集NCT#127 Neo Zoneを発売するなど、引き続き9人体制で活動を続けています。

活動、2016年

7月7日、MnetのMカウントダウンでデビューミニアルバムのタイトル曲「消防車」と収録曲の「Once Again(夏休み)」でデビューしました。

カジュアル衣類ブランドデザインユナイテッドの秋冬モデルとアイビークラブのモデル、カジュアルシューズブランドのスーパーコンマビの冬モデルとして活動することになりました。

コカコーラの2016リオデジャネイロオリンピックキャンペーンテーマ曲を歌い、7月29日に25枚目のSM STATIONアルバムを通じて音源が発売されました。

デビュー1ヵ月も経たないうちに広告界のブルーチップに浮上し、特級新人らしい面貌を見せているという。

9月7日、2018平昌冬季オリンピックキャンペーンソングの公開コンサート「力強い歓声」に参加して公演しました。

10月27日、SMエンタメコミュニケーションセンターでユウタとウィンウィンの誕生日パーティーを開催しました。 そして誕生日パーティーに参加したファンの人数は最大127人まで制限されました。

12月23日、「2016年新村通り祭り」の開幕公演舞台に立ちました。

12月26日、SBS歌謡大典でカムバックティーザーが 公開されNCT Uとして活動したドヨンとルーキーズで 公開されたジョニーが登場し127の合流を知らせました。

12月27日、カムバック記念V LIVEを通じて 9人組でカムバックしたメンバーたちが ファンたちとお話する時間を持ちました。 また、27日から公式SNSで映像と写真の2つのバージョンでヘチャン、マーク、テヨンの順に個人ティーザーが公開されています。 また、メンバー達が直接公式インスタグラムで 自分のティーザーをアップしながらファンとコミュニケーション中。 映像ティーザーで、振り付けが少し登場します。

12月28日、タイトル曲名が公開されました。 「Limitless」の公開が予想されていましたが、すべての予想を覆したタイトル曲名は「無限的我」でした。

活動、2017年

1月6日、2枚目のミニアルバム NCT#127 LIMITLESSの音源が公開されました。

アルバムが発売されました。

『無限的我』のランキングでは34位だったNCT DREAMの『チューイングガム』より高い25位を記録し、『Limitless』の全曲がMelonチャートインを成功させました。 アルバムの売上高は以前よりさらに高い初動を記録しました。

2月にドヨン、ジャニ、ジェヒョンの 誕生日パーティーが開かれました。

2017年の旧正月、アユクデにジョニーとユウタだけが陸上60mにNCT 127結成以来、初めて出場しましたが、みんな予選で狂脱し、ユウタはユン·ヨチュンの呪いにかかってしまいました。

6月カムバックが確定しました。 6日午前0時、公式SNSにカムバックティーザー写真が アップされ、3枚目のミニアルバム NCT#127 CHERRY BOMBの音源が14日6時に公開されました。

K-POPグループ初のアップルミュージック’New Artist of the Week’に選ばれ、6月25日にニューヨークのブルックリン·ウィリアムズバーグアップルストアで開かれた「Today At Apple」イベントに招待され公演しました。

8月7日、テヨン、ドヨン、テイルが参加した学校 2017のOST Stay in my Lifeが公開されました。

11月1日、平昌文化オリンピックG-100聖火リレー祝賀K-POPコンサートに参加し、公演を行いました。

12月10日NCT 127が韓国ガールスカウト広報大使に委嘱されました。

活動、2018年

平昌冬季オリンピック期間中にメダルプラザで行われた「ヘッドライナーショー」には2月12日にゲストとして参加して公演されました。

3月14日NCT 2018 EMPATHYアルバムのタイトル曲 「TOUCH」でカムバックしました。

4月12日KOTRAで開かれたモスクワ韓流博覧会(KBEE)広報大使委嘱式に参加しました。 5月14日にモスクワクロックスエキスポで開催された開幕式にも参加し、祝賀公演を行いました。

9月17日、初の正規アルバムのティーザー写真が 公開されNCT Uとして活動したジョンウが 一緒に登場し127の合流を知らせました。

アジアの歌手としては初めて、アメリカのアップルミュージック Up Next Artistに選ばれました。

10月6日、ロサンゼルスのシュラインオーディトリアムで行われたミッキーマウス誕生90周年記念コンサートで、韓国の歌手としては唯一招待され「Regular」を初めて上演しました。 同コンサートは11月4日午後8時(米東部標準時)、ABCを通じて放送される。

10月8日午前9時(米国太平洋標準時)beats1のWORLD RECORDにおいてRegularの英語版を初公開しました。 2018年10月から行われるコラボレーションプロジェクトの初主人公として、ジミー·キンメルライブと2018アメリカンミュージックアワードのレッドカーペットに招待されました。

10月8日午前1時(大韓民国標準時)、Regularの英語バージョンMVが公開されました。

10月8日、ジミー·キンメルライブに出演して「Regular」を上演しました。

10月12日午前12時Regularの韓国バージョンMVが公開され、 午後6時NCT#127Regular-Irregularアルバムの音源が公開されました。 タイトル曲「Regular(Korean ver.)」は音源サイト進入順位(Melon基準)で 24位のNCT史上2番目に高い順位を記録しました。

10月22日午前10時(韓国標準時) ‘UP NEXT’プロモーションの一環としてアップルミュージックが全4曲で構成されたデジタルアルバムを発表しました。 10人のメンバーが呼吸を合わせたタイトル曲「Cherry Bomb」(チェリーバーム)の英語バージョンと、マーティン(Marteen)がフィーチャリングした「What We Talkin’ Bout」、DJ兼プロデューサーのカーゴ·ペンチ(Kago Pengchi)が再解釈した「消防車」のリミックス、「Regular」(レギュラー)の英語バージョンも収録されています。

10月26日 NCT 127がデビューしてから842日ぶりに NCTユニットで初めて地上波で1位を占めました。

リパッケージアルバムNCT#127 Regulateのタイトル曲「Simon Says」がビルボードWorld Digital Song Salesチャートで歴代K-POPボーイズグループの中で最短期間内(デビュー後2年5ヶ月)1位を記録しました。

12月21日、公式ホームページにて2019年初の単独コンサート「NEOCITY:SEOUL-The Origin」の開催を発表いたしました。

活動、2019年

1月26日と27日の2日間、初の単独コンサート「NEOCITY:SEOUL-The Origin」がソウルオリンピック公園のKSPOドームにて開催されました。

2月2日大阪にて初公演を皮切りに、日本ホールツアーNEOCITY:JAPAN-The Origin日程が行われます。

2月9日、江陵(カンヌン)アイスアリーナで開催された平昌オリンピック1周年大祝祭コンサートに参加し公演しました。

2月27日、ワールドツアーNEOCITY -The Origin-の開催日程を発表しました。

2月28日、日本公式Twitterアカウントで4月17日に日本初のフルアルバムAwakenが発売されると発表しました。

3月14日オフィシャルファンクラブ NCTzen 127の募集を開始しました。 無料(BASIC)会員基盤であり、年間有料(ACE)会員登録時に追加特典が提供されます。

3月22日、香港香港亜洲流行音楽節(Hong Kong Asian-Pop Music Festival)に出演しました。

4月5日、ユニバーサルミュージックグループ傘下のキャピトルミュージックグループと音楽コンテンツに関する流通及びプロモーション契約を締結し、グローバル流通はCMG傘下の最大手流通会社であるキャロラインディストリビューションが担当すると発表しました。

4月17日日本初正規アルバム Awakenが発売されました。

4月18日、ABCの「グッドモーニングアメリカ」で「Superhuman」の舞台が初公開され、トーク番組「ストラハン&サラ」にも韓国の男性歌手として初めて出演し、「Superhuman」の公演が行われました。

6月8日付けのビルボード200チャートで 11位でデビューしました。 これは、K-POPグループの中で2番目に高い成績です。

8月8日、キャピトルミュージックグループが主催した「キャピトルコングレス2019」に主要アーティスト資格で参加しました。

9月23日、日本ファンミーティング「Welcome To My Playground」にて日本アリーナツアー追加開催を発表しました。

9月24日、インドネシアテレビアワーズ2019において特別賞を受賞しました。

9月27日、ニューヨークヘラルドスクエアで開催されたiHeartRadioのZ100JingleBallPresentedByCapitalOne®OfficialKickOffで公演を行いました。

9月28日、ニューヨークセントラルパークで開催されたGlobal Citizen 2019で、K-POPアーティスト初の公演を行いました。

11月3日、スペインのセビリアで開催された2019 MTVヨーロッパミュージックアワードにおいて、K-POPグループ初の公演を行いました。

11月5日、イ·スマンプロデューサーとキム·ヨンミンSMエンターテインメント総括社長、リチャード·ラベットCAA社長が、10月17日に米国最大規模のエンターテインメント&スポーツエージェンシーであるCAA(Creative Artists Agency)とNCT 127のグローバル(北米、カナダ、ヨーロッパ)活動を支援するエージェンシー契約を締結しました。

11月24日、昌原競輪場において開催された2019年韓-ASEAN特別首脳会議の記念コンサートで公演しました。

11月28日、ニューヨークマンハッタンセントラルパークからヘラルドスクエアまで4kmを行進するMacy’sの第93回ThanksgivingDayParadeに七面鳥と龍が結びついた形のレゴパレードカーに乗ってK-POPアーティストとして初めて参加し、’Highway to Heaven’を公演しました。

11月29日、ニューヨークのロックフェラープラザで開催されたNBC「トゥデイショー」の2019 Citi Concert Seriesで公演を行いました。

12月5日、サンホセSAPセンターで開催されたサンフランシスコラジオステーション99.7NOWのPOPTOPIA2019で公演を行いました。

12月6日、ローズメントオールステートアリーナで開催されたシカゴラジオステーションB96のJingle Bashで公演を行いました。

活動、2020年

1月27日NCT 127 DAY Gift Song Dreams Come Trueを公開し、3月6日正規2集NCT#127 Neo Zoneが 発売されると発表しました。

2月25日、2回目のツアーNEOCITY-The Awardsの北米公演日程が公開されました。

3月6日午後6時NCT#127 Neo Zoneアルバムの音源が公開され、タイトル曲「英雄(Kick It)」がMelonでこれまでの順位の中で最も高い順位である7位に進入し、NCTユニット歴代初の10位以内入りを記録しました。

3月10日ヒューストンNRGスタジアムで開催されるロデオヒューストン2020のミュージックコンサートでK-POPアーティスト初の公演を行いました。

4月27日、正規2集リパッケージNCT#127 Neo Zone:The Final Roundが5月19日に発売されると発表しました。

5月11日、コロナ19と死闘を繰り広げている国内及び全世界の医療陣と市民を励ますスポーツドクターズリレー応援キャンペーンに参加しました。

5月15日、コロナ19によるNEOCITY – The Awardsの日程延期および払い戻し進行予定計画を発表しました。

5月17日、オンラインコンサートBeyond LIVEの第4走者としてBeyond the Originの公演を行い、NCT#127Neo Zone:The Final Roundのタイトル曲「Punch」、収録曲「君の一日(Make Your Day)」を初公開しました。

5月19日午後6時NCT#127 Neo Zone:The Final Roundアルバムの音源を公開し、タイトル曲「Punch」がMelon最高順位の5位に進入しました。

5月20日基準で正規2集NCT#127NeoZoneが817,666枚、正規2集リパッケージNCT#127NeoZone:TheFinalRoundが400,987枚の販売量を記録し、計1,218,653枚でデビュー初ミリオンセラーを記録しました。

8月20日、日本のミニ2集LOVEHOLICが12月23日に発売されると発表しましたが、11月6日、制作遅延により2021年2月17日に発売されると発表しました。

11月23日KNTV’Power of K’ SOUL LIVEに出演しました。

活動、2021年

1月8日、ワッチャの新作に「NCT 127 教えてJAPAN!」が追加されました。

1月27日NCT 127 DAYに日本のミニ2集 LOVEHOLICの収録曲「First Love」を公開しました。

2月15日、LOVEHOLICのタイトル曲である「gimme gimme」の音源が午前0時に公開され、午後6時にMVが公開されました。

2月17日にLOVEHOLICが発売され、2月23日付オリコンチャート週間アルバムランキングで初めて1位を記録しました。

3月8日コメディセントラルの「ザ·デイリーショーウィズトレバーノア」初のデイタイムスペシャル番組「Remotely Educational」に出演しました。

5月8日、公平なワクチン配布を保障し、コロナ19を解決するための「グローバルシチズン」のオンライン公演「VAXライブ:ザ·コンサート·トゥ·リユナイト·ザ·ワールド」に出演して「Kick It」を公演しました。

6月4日Amoeba CultureのSaveプロジェクトで同名の音源を発売しました。

余談

イ·スマンが2016年1月27日にプレゼンテーションを発表したため、チーム名は前もって計画されたと言えます。

SM Rookiesの「ドンヒョク」は、 本名ではなく「ヘチャン」という芸名で デビューしました。 ドンヒョクという名前はアルファベット表記や発音では表現できないので芸名を使ってデビューしました。 SM Rookies の再現は逆に改名して法的な本名は「ユン·オ」ですが、改名する以前からSM ルーキーズから「ジェヒョン」として活動していたのでSMルーキーズ時代の活動名のままデビューしています。

名前の構成が日本のガールズグループ「AKB48」に似ていて、高度の真似戦略ではないかという反応がある。 実は名前も同じですが、メンバーの合流が繰り返される点で似ている点がいくつもありますが、このようなローテーション計画は1990年代のH.O.T.企画段階から試みてきたものではあります。

2016年7月に発売されたNCT#127で2017年8月11日まで歴代韓国男性アイドルデビューアルバム 初動1位の記録を持つグループでした。

現在まで出たNCTの固定サブユニットの中で、 メンバーたちの国籍が最も多様です。 韓国、日本、中国、カナダ、アメリカと計5カ国のメンバーがいます。

2017年6月22日、M COUNTDOWNでチョンハを破って デビュー初の1位になりました。 NCTのサブユニットの中では2番目の記録です。

2018年10月26日ミュージックバンクで IUを破ってNCTサブユニットの中で初めて地上波初1位になりました。

唯一の中国人メンバーウィンウィンはRegularの活動以降NCT 127としての活動を次第に減らし始め、2019年1月にWayVでデビューしてからはNCT 127の活動を完全に中断しています。 事実上の強制脱退も同然の状況です。 ところが、所属事務所の対応が大きな議論を巻き起こした。 ウィンウィンの活動中断に対する告知もまともにせず、カムバック前日に書き込み数行で一方的に言及しただけで、メンバー本人が直接説明する機会さえ与えなかった。 また、スタッフが127やDREAMのメンバーに公式の席上でウィン·ウィンのコメントをさせない姿を捉えており、127活動は全くできないにもかかわらず127行事でウィン·ウィンのグッズを作って販売する常識以下の運営で議論を呼んでいました。

2020年からメンバーが以前のように公に「ウィンウィン」と言えないようにする所属事務所の奇異な対処はなくなった。 しかし、2020誕生日グッズの広報文にNCTウィンウィンと表記しておいて、インスタとツイッターの公式NCTアカウントには誕生日を祝う書き込みを掲載せず、ウィンウィンファンが困惑する事件があった。 また127の2021シーズングリーティングにも ウィンウィンは入れませんでした。 ただウィンウィンの誕生日である2020年10月28日にはこれまで公式的にはNCTとは別グループのように扱われてきたWayVがNCT2020プロジェクトに参加して公式的にNCTの中華圏ユニットとして認められてからです。 だからウィンウィンが127の活動を 中断したとしてもNCT所属メンバーと表記すること自体は おかしいことではないです。 NCT 2020アルバムにNCTに所属するすべてのメンバーが参加することになり、127の曲である「Music, Dance」に ウィンウィンが参加するかどうかが注目されましたが、結局参加しなかったのを見るとWayVとしての活動だけに参加する計画のようです。

こうした取り組みのため、当時NCT 127のファンクラブの雰囲気は 最悪の時期を迎えました。 ただ、その後はWin.Winを除いて9人体制でワールドツアー、日本初のフルアルバム、ミニアルバム、フルアルバム活動を続け、2020年からは「英雄(Kick It)」と「Punch」の成績がキャリアハイを記録するなど、9人体制でかなり安定した状態です。

2020年2月23日午前、公式ツイッターアカウントが有名ハッカー集団のOurMineにハッキング(…)されました。

大統領府の公式TwitterがNCT 127の公式Twitterアカウントをフォローしています。

グループ名に数字127が入ることを活用して毎年1月27日を記念する127デイがあります。

Categories: K-Pop

0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder