“ONE IN A MILLION! こんにちは、TWICEです!!”

TWICEはJYPエンターテインメント所属で2015年にデビューした、韓国人5人、日本人3人、台湾人1人からなる、9人組の多国籍ガールズグループです。

Mnetのサバイバル番組SIXTEENを通じて、ナヨン、ジョンヨン、モモ、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツウィが 選抜され、TWICEのメンバーとして活動しています。

デビュー年度から現在まで多くの記録を立てており、K-POPを代表する女性グループの一つとして活動しています。

グループ名

グループ名の「TWICE」は、「目で一度、耳で一度」感動を与えるという意味で、パク·ジンヨンがSIXTEENを進行中につけた名前です。 ブランドネイミストのパク·ジェヒョンは、「マイリトルテレビジョン放送で最近デビューしたアイドルの中で一番良いチーム名です」と評価した。 発音的に強い音があるため認識しやすく、有名な単語だが、不慣れで新鮮さを取り揃えたという評価です。 愛称は「トゥドゥンイ」で、TWICEと末っ子の合成語です。 デビュー当時のJYPの末っ子グループという意味で付けられた愛称です。 2018年、Stray KidsのデビューでJYPアイドル末っ子 脱出、2019年以降はITZYのデビューでJYP女子グループ末っ子も脱出しました。

シグネチャーサウンドはメンバー達が一緒に 「TWICE!」と叫ぶサウンドです。

挨拶の言葉

挨拶で使う「ONE IN A MILLION」も パク·ジニョンの歌詞の 一節から取っており、100万グループの中で最高になるという意味です。 また、3枚目のミニアルバム収録曲には、ONCEのための ファンソング「ONE IN A MILLION」があります。 挨拶をする時、独特なポーズをしますが、両手の人差し指を伸ばして1を作って顔の左右にあてるのです。 このポーズは、左手の人差し指で1、両目を00にして100を作り、右手の人差し指で1を作ってONE IN A MILLIONを形にしたものです。 デビュー初期、何度か挨拶ポーズに関する解説をしたが、理解が容易でなかったためか、反応はぱっとしなかった。 しかし、2017年11番街の広告モデルになってから、このポーズが自然に数字の11を意味するように見えるため、広告とモデルがよく合っているという評価を受けたりもしました。

掛け声、応援法

メンバー達のファイトスローガンは “TWICE! TWICE! 頑張ろう!”です. TWICEが意味するようにグループ名を二回叫んで, 頑張ろう”という一節は実は末っ子の名言のおかげで誕生したスローガンです. ツウィがSIXTEENゲリラコンサートの広報ミッションの途中、カフェで「かき氷を食べていきなり育ちましょう」と言ってしまい、あまりにも突然の発音と合わさってインパクトが強すぎるため、メンバーたちが真似してから スローガンとして定着しました。

メンバーたちが一番好きなファンたちの掛け声はメンバーたちの名前を順番に呼ぶことです 年齢順で、イム·ナヨン-ユ·ジョンヨン-モモちゃん-サナちゃん-朴ジヒョ-ミナちゃん-金ダヒョン-ソン·チェヨン-ジョーツウィOne in a Million TTでは導入部に、KNOCK KNOCKでは曲が終わる時、LIKEYではモモで始まるダンスブレイクで使われる掛け声です。 特徴はメンバー全員の名前を3文字で合わせて年齢順に呼ぶことです。 韓国人メンバーは苗字まで付け、苗字の数が多様な日本人メンバーは、苗字は省略し、名前の後ろに「チャン」を付け、ツウィは「周子偉」なのに、「周」を速く発音すると聞こえる「趙」を付けて趙紫偉と呼ぶようになりました。[7] メンバー全員の名前を連唱した後に ‘One in a Million’まで付けるんですが、実はメンバー数も多いし、年齢順で覚えなければならないのでかなり高難度です。 以後、各歌ごとに応援フレーズが一つずつ付いてくるのですが、「TT-世界に一つだけのTWICE!」、「Knock Knock-私の心を!」、「Likey-Likey-Like-Like-Likeを押してください!」 TWICE!”Heart Shaker-私の心臓をときめかせます! 「TWICE!」、「What is Love?-私の愛はまさにあなたです! 「TWICE!」、「Yes or Yes-僕の答えは一つだよ、Y.E.S. TWICE!」、「FANCY-今君のところに行くFANCY, TWICE!」、「Feel Special-眩しく愛しています!」 TWICE!」です。 しかし、「FANCY」の掛け声は活動序盤まで使われ、今はナジョンモサジミダツに変わりました。 ダヒョンとナヨンが特に好きなようですね ダヒョンは音楽放送アンコールの時 歌ったことがあります。

公式 カラー

公式カラーは2016年9月23日、アプリコット(712C)とネオン·マゼンタ(812C)に決まりました。 グループ名がTWICEなので、2色を使用し、同時にONCEとTWICEが一緒にすごすという意味だそうです。 APRICOTとNEON MAGENTAの2色をグラデーションして作ったもので、注意するべき点は2色を一緒に使うことで公式色だということです。 公式カラーが決まる前はピンクやメロンなどを使っていました。

公式応援棒は2つの色に加え、色が自由に変わる機能を持たせ、議論の余地を抑えた。 アイドルファンクラブ界で公式カラーが重なるのはとても敏感な問題だが、賢明に解決したという評価もある。

メンバー

TWICEのメンバーは、2015年5月5日から7月7日までの約2ヵ月間Mnetで放送されたサバイバル番組「SIXTEEN」から選抜されました。 元々暫定的定員は7人だったが、ここでパク·ジニョンが最終話でメジャーに確定した7人の他に、「TWICEをもう少し完璧なグループにしてくれるメンバー2人を選定する」というコメントを飛ばし、エキストラカードでツウィ(視聴者選定)とモモ(JYPスタッフ選定)を選定し、合わせて9人になった。 これと関連し、モモの選抜に対する公平性論議が起こりました。

とにかくデビューしてからは、大体JYPの好みと大衆の選択がうまく組み合わせられ、最高のメンバーを選抜したという評価を受け[15]、特に追加抜擢されたツウィがビジュアルセンターとして活躍し、TWICEの認知度と舞台構成力に大きく寄与しており、ツウィの選抜は良い意味で再評価されています。

また、メジャー事務所に所属するK-POPガールズグループの中では、サークル以来初めて、日本人が3人もメンバーに選ばれました(モモ、サナ、ミナ)。 以前もシュ、あゆみ、クォン·リセといった在日韓国人出身のK-POPガールズグループのメンバーはいましたが、彼らはみんな単独韓国国籍だった。 1990年代末に活動した多国籍ガールズグループ、サークル(韓国人+中国人+日本人)と2007年にデビューした福岡出身キャッツの日本人メンバー、スンシム(本名:大鶴 綾香)以来、久しぶりです。 ちなみに、これら日本人メンバーはいずれも関西地方、正確には京阪神圏出身です。 だから日本人メンバー3人が日本語を書く時、東京=日本語の韓国人は話し方からかなりの異質感を感じることができます。 特にサナが日本語を話す時は、「日本語は全然分からないのに、訛りを使っているのはわかります」という反応がほとんどです。

ツウィの場合は台湾人の中では初めて、韓国のアイドルとしてデビューしたケースです。 ちなみにアンバー、マークとヘンリーはツウィとは違って、それぞれ台湾系アメリカ人、台湾系カナダ人です。 その他に中華圏国籍を持つ韓国アイドルがいましたが、台湾国籍で台湾で生まれ育ったのはツウィが初めてです。 実際、中華圏の芸能メディア「賓果日報」は、ツウィのネクセンヒーローズ試打の際、「台湾正>」(台湾出身の妹)を表現し、SIXTEEN放送中は台湾メディアから取材を受けました。

ビジュアル

TWICEの最大のメリットは9人ともきれいだと評判で、平均ビジュアルが高いということです。 そこで付けられたニックネームが、 「きれいな子の隣にきれいな子がいるグループです」 これは現在、ガールズグループによく使われている「きれいな子の隣にきれいな子の隣に…」という別称の事実上の始まりでもあります。

また、比率も非常に良いです。 検索窓でTWICEを検索したら出てくる どの写真でもメンバー全体の比率がいいことが分かります。

それぞれのビジュアルも個性も違うため、芸能やマスコミでもビジュアルでかなり後押ししており、新しいアルバムが出るたびに外見が全盛期を更新してファンに大きな歓迎を受ける。[24] 訳もなく「パク·ジニョンが覚悟して 顔で選んだグループ」という言葉が出るほどです。 2018年旧正月特集で日刊スポーツで実施された現役アイドル21チームを対象にした「ビジュアルトップアイドル」を尋ねるアンケート調査で、(1人選んでほしいという意味のアンケート調査だったにも関わらず)多くのアイドルチームがTWICEチーム全員を選び、「TWICE」が2位となりました。

2019年現役アイドルたちを対象にした「顔の天才」アンケート調査でツウィが1位、そしてサナが3位を占めるなど、様々な外見アンケート調査でとても多くの順位にランクされたりもしています。

2020年、現役アイドルを対象にした「顔の天才」アンケート調査でも、ツウィが2位タイのTWICEが4位タイに選ばれました。

その他

まず、JYPが追い求める芸能人として備えるべき人性(真実, 誠実, 謙遜)に対する教育の効果があったのか性格も良くて明るい方だし、メンバーがみな善良だという話がよく聞きます。 また、練習生時代からデビューの入り口だったSIXTEENに至るまで、気苦労と苦労で泣いて笑ってきたメンバーたちだからか、9人ともかなり絆が深く、親しみを感じます。 デビュー前からナヨンを中心に、ジョンヨンやジヒョなどの「お姉さんライン」で、すでに、妹らに対し、格式ばらず、お互いいたずらをし合いながら、活気に満ち、自由な雰囲気を作っており、おかげで、メンバーの組み合わせを誰もがつけておいても、相当相性がいいと思います。 特にメンバー同士の親密さが 大きな長所です。 このような親密さを間接的に見せる例として匿名で書いた手紙を時々誰が書いたのか当てているのが見えますが。 例えば、優雅な私生活6話の「ヒーリングキャンプ」編で、ローリングペーパーの時間には匿名で書かれた手紙を読んで誰が書いたのか一度に当てるとか、「夢見ろ」で匿名でメンバー同士で賞を与える途中にも直筆を見なかったにもかかわらず、本人を当てるなどチームの相性がすごいということを断面的に見ることができる部分です。一緒に同居同落して4年目になる2019年に出たTWICE TV “8回ガオンミュージックアワード”のエピソードを見ると目をつぶって手だけ触ってメンバーを合わせるゲームをしてかなりの的中率を見せてくれるほどお互いをよく知っている間柄であることが分かります。

ユニークにメンバーたちは、 3つの国の出身なんです。 韓国人5人(ナヨン、ジョンヨン、ジヒョ、ダヒョン、チェヨン)、日本人3人(モモ、サナ、ミナ)、台湾人1人(ツウィ)です。

ファンたちは「資本主義の微笑みがないようで嬉しい」と言う。 大体いつも明るい笑顔を維持しており、礼儀正しい善良だという周りの評価が多い芸能人たちの間で事例がよく載せられ、音楽番組が終わった直後とファンサイン会の後記、そして事前収録の後記などで現われる予定です。

率直さを売り物にしているせいか、チーム全体が機密保持をなかなか守れていないのです。 いわゆるネタバレの妖精たちです。 メンバー全員が神秘主義とは程遠い性格のため、そのように思われる。 新曲の振り付けや特別コラボ舞台を観客の前でただ集まって練習したため、それだけでもどんな舞台になるか推測できるほどです。 特に新曲準備期間に、ほかの歌手らはコンセプトやヘアスタイルなどを徹底的に隠しているのに比べ、TWICEのメンバーらは、ただチーム服を着たまま歩き回る写真が撮られたりもした。 特に、代表的なネタバレ妖精であるサナは、あらゆるネタバレを無意識的にしてします。 A型でした!…いや、B型だったんですか? 2016年半ば以降は、サナだけでなく他のメンバーも様々なネタバレを知らないうちに、または意図的に(代表的にこの方)流しています。 2017年旧正月アイドルスター陸上選手権大会では、次のタイトル曲であるKNOCK KNOCKの振り付けをネタバレしたりもしました。 最近LIKEYをネタバレしたくて焦る姿を見せて、 いくつかの部分はそのまま堂々とネタバレしました。

他の成績も注目すべきだが、特にユーチューブのプロモーションビデオで大変強みを見せている。 2015年にOOH-AHHへ、2016年にはCHEER UPで2年にわたってK-POPガールズグループのミュージックビデオ再生数1位を達成しました。 これはユーチューブが重複アクセス数と不法アビュジングアクセス数をフィルタリングして再編された14年以後、ガールズグループのアクセス数としてはBLACKPINKがユーチューブの様々な記録を破壊する前まで最も早い推移と言える。 ミュージックビデオ自体の完成度とアイデアも良いが、それに加えてオフライン活動がほとんど不可能なTWICEの海外ファンクラブでユーチューブ視聴を主要ファン活動にしているからです。

音源成績の爆発力もいいですが、特に注目されるのはロングラン記録です。 CHEER UPは先輩グループの伝説的なヒット曲と共に「Lovesick Girls」に続き、ガールズグループMelon最長期トップ102位タイの記録を保有しており、デビュー曲である「優雅に」を除いては全ての曲が公開後一度もMelon100位以内にチャートアウトされたことがない珍記録を保有しています。 2017年5月には各曲が逆走を始め、いわゆる「チティナクシ」4曲がすべてメロン38位内に入るという珍現象もありました。

「SIXTEEN」時代の代表格は言うまでもなくダヒョンでしたが、デビューしてからはメンバーも次第にその魅力を発揮しています。 例えばツウィとミナのように茶目っ気たっぷりな外見で行動や話し方がとてもコミックだったり、モモのようにデビュー前の憂鬱な印象が強かったメンバーがデビュー後にそのままギャグキャラクターになってしまった場合のように。 特にジョンヨンはある瞬間から愛嬌がぐんと増えて元々得意だった顔の書き方と共にユトマクチョンの顔を持ったメンバーに急浮上する一方, ナヨンは長姉としてSIXTEEN時にはすぐれたリーダーシップを見せていたがデビュー後にはある瞬間から長兄になって序列9位になって急にキヨミになってしまったケースなどです. 舞台外の姿も可愛くて魅力があるという好評がほとんどです。 チェヨンも可愛いキャラクターと 赤ちゃん猛獣のキャラクターで噛みつきを担当しています。

ファン層が、全メンバーに 均等に分布されているのが特徴です。 もちろん、ファンではなく一般人を対象に一番多くの認知度を積んだメンバーは明確です。 しかし、各種コミュニティでTWICEを知っている人が好むメンバー名を言及していることを見ると、メンバーの名前が相対的に均一に書かれています。 ファンの間ではどこにもない「狂った組み合わせ」で、「イプドクルートは9つあるが、エンディングがない」というのが定説となっているが、案の定、実際に某南町のサイトで実施された女子芸能人人気投票で、9人全員が本選に上がったりもした。 2016年ギャラップアイドル選好度調査で上位20位に3人、2017年ギャラップアイドル選好度調査で4人と男女グループを合わせて最も多くのメンバーが個人で上位20位に入ったグループでした。 2018年ギャラップアイドル選好度調査で上位20人に5人が入り、ガールズグループで最も多くのメンバーが 上位20位に入りました。 また、2019年ギャラップアイドル選好度調査で上位20元に4人が入りました。

上で述べた通り、JYPガールズグループにしては バラエティー感がいい方です。 大々的に何人かのメンバーを除いて伝統的にJYPガールズグループはバラエティーに弱い面がありましたが、TWICEはデビュー時間と比べてもバラエティーでより多くの話題を呼んで活躍を見せています。 まず基本的にお姉さんグループに比べて茶目っ気が多いメンバーが多いし、またTWICEはJYPでも覚悟を決めているのか本当に多くのバラエティーに出していて、独自芸能もたくさんする方です。 自己表現も上手でリアクションもいいせいか様々なバラエティーで話題になっていて反応もいいです。 何より先輩グループたちはお姉さんラインが静かな方であるのに対して、TWICEは冷静な給食団弟ラインよりはお姉さんラインがもっと興があふれてよく遊ぶ方なので自然に皆一緒によく似合います。

ファンサービスが非常に熱く、(逆朝貢、YouTube公約映像、特別ファンサイン会など)スケールも格別なのでTWICEがよく「ヘジャイス」と呼ばれますが、これはインターネット隠語の「ヘジャスらしい」と「TWICE」の合成語です。

メンバーそれぞれの外貌と個性が 皆とびっきりでありながらもお互いに違います。 「一人のメンバーに惹かれてファンになり、疲れそうになると他のメンバーの魅力を発見することになり、結局、このグループの魅力魔の数から抜け出すことが難しい」というファンが多いです。 別名「回転ドア」です。 メンバーの中で、いわゆる「障壁」がなく、上述したようにファン層がまんべんなく分布している特徴があると言えます。

余談

TWICEのデビュー当初のコンセプトを「ワイルドエッジ」とパク·ジニョンが直接説明したという記事が多かったが、パク·ジニョンは一度も「ワイルドエッジ」という表現を使ったことがありません。 彼はただSIXTEEN制作発表会の際のインタビューで、「ワンダーガールズとMiss瑛のカラーを受け継いでいくものの、もう少し新しくアップグレードした感じが必要だと思います。 ヒップホップやワイルドな感じが補強されます。 彼らの健康と親近感を受け継ぎながらも、エッジのある雰囲気が加わるガールズグループになりそうです」と語ったのがすべて。 しかし、インタビューを書きとめた記者たちがインパクトのある記事の見出しを作ろうとしたため、「ワイルド+エッジ」という新造語を作り出したのです。 そしてTWICEがデビューしてからは、記者たちが先に 「ワイルドエッジ」のコンセプトについて質問したため、 「TWICEのコンセプトはワイルドエッジ」になってしまったのです。 実際にTWICE V LIVEに出演したパク·ジニョンは 「ワイルドエッジ」について全く知りませんでした。17分24秒ワイルドですよね? どういう意味ですか?
誰も出所を考えずに時間が経ち、結局TWICEのデビュー初期のコンセプトは ワイルドエッジというのが定説になってしまったため、2017年11月1日に放送された週刊アイドル327回では隠された「ワイルドエッジ」を探すコーナーを進行しました。 そして18年11月 YES or YESで久しぶりにワイルドエッジに 戻ってきました。帰ってくるように見えました。結局FANCYとBreakthrough[81]でワイルドエッジが何なのかをはっきり見せてくれました。 さすが記者達が全ての悪の根源です。
TWICE TV2 ep22:13 ワイルドエッジ 字幕、5:30頃サナのワイルドエッジコンセプトの言及があります。

ミニ4枚目のアルバムの前までは、パク·ジニョンが作った歌をタイトル曲にしたことのない[82]二つのグループのうちの一つでした。「83」カラーポップを追求するコンセプトで、デビューから3集までタイトル曲はブラック·アイド·必勝が担当し、スペシャルアルバムはJYP所属の作曲家イ·ウミンと日本の作曲家脇坂真由の共同作曲です。
そして17年5月に発売された4枚目のミニアルバムで初めてパク·ジニョンがタイトル曲であるSIGNALを作曲することになりました。 その後も、5枚目のミニアルバムのタイトル曲「What is Love?」と1枚目の日本正規アルバムのタイトル曲「BDZ」、8枚目のミニアルバムのタイトル曲「Feel Special」を作曲するなど、タイトル曲を与え続けている。 以前に比べてはパク·ジニョンの作詞·作曲に対する反感が減ったが、だからといって歓呼する立場でもない。

95年生まれのナヨンが一番年上で、中間ラインの96年生まれ(ジョンヨン、モモ、サナ)たちは早い誕生日のジヒョ(97年2月)まで含まれて、広くタメ口を使っていました。 97年生まれのミナは17年5月まではジヒョを除いてお姉さんと呼んでいましたが結局ジョンヨンの主導で96-97年生まれ大統合宣言をしてジョンヨンからミナの5人のメンバーが友達になることにしました 実は96年11月生まれから97年3月生まれだから半年も差がありません。 しかし、ミナは未だにジョンヨンのことを「お姉さん」と呼んでいるという。 98年生まれのダヒョンから給食団の妹ラインで チェヨンとツウィは99年生まれの同い年です。[84] 全員北東アジア国家出身なので、 ナヨンの亥年の概念を持っていて、 ジョンヨン、モモ、サナ、ジヒョが ねずみ年、ミナがうし年[85]、ダヒョンの寅年、チェヨンとツウィが うさぎ年です。

年齢、序列、尊敬語の概念がほとんどなく、最年長のナヨンから末っ子のツウィまで、気兼ねなく親しくしている。 もちろん、年が離れているメンバーは「オンニ」と呼びますが、敬語は「放送用」でない限り使いません。 96ー97ラインの5人が全員6ヶ月以内に生まれて3月生まれのミナまで早生まれを適用して同い年で過ごしており、給食団も円満に過ごしています。 このようなチームの雰囲気とは反対に、ティーザー映像公開、Vアプリ個人映像、写真集の順序、フォトカードの包装まで公式的な場合には必ず年齢順に整理されていて妙な対比を成すのです。

メンバー全員を呼ぶ時は、生まれた順に 頭文字を取ってナジョンモサジミダチェツです。同じ年でも誕生日まで数えてジミー(ジヒョ、ミナ)、チャツ(チェヨン、ツウィ)と呼びます。 V LIVEのタイトルを見ると、執着に近いくらい こうなったきっかけが「知り合いのお兄さん」で 紹介されたんですが、地方のファンサイン会[87]で ダヒョンがトイレに行ってる間に確認できなくて出発して 後でダヒョンを迎えに来たのが決定的な理由になったんです。 その後は、何かをする時には必ずナジョンモサジミダチェツを確認するそうです。 そして、これはTWICEの象徴となり、前述のようにティーザーからフォトカードの包装まで全て異変がなければ無条件ナジョンモサジミダチェツの順に出てきます。

JYP入社日はジヒョ- 2005年7月15日[88]、ジョンヨン- 2010年3月1日、ナヨン- 2010年9月15日、サナモモ- 2012年4月13日、チェヨン- 2012年6月6日、ダヒョン- 2012年7月7日、ツウィ- 2012年11月15日、ミナ- 2014年1月2日、 練習生期間はジヒョ- 10年4ヵ月(3750日)、ジョンヨン- 5年8月6月6日、ダヒョン- -2012年6月6月、ダヒョン-肝臓を全て合わせれば14,404日(39年5ヵ月18日)です。

SIXTEENに投入される前は練習グループ別に分けて練習するJYPの方針に従い、シックスミックスデビュー組だった ナヨン、ジョンヨン、ジヒョがグループ、 日本チームのモモ、サナ、ミナがグループ、キッズチームのダヒョン、チェヨンは チョン·ソミと一緒だったそうです。 ツウィは他の外国人練習生たちと 親しかったんですって… このように以前はお互い知っていてもよそよそしい仲だったメンバーもいましたが、SIXTEENで泣き笑いしながら親しくなったことが今のチームワークに役立ったという。

JYP所属のアーティストの中で、 初めて専門のTFチームが出来たグループです。 それも主務部署と同じ役職で、社長団のすぐ下に位置する独立した部署であり、twicetagramのJYPスタッフ名簿によると職員は10人に達するということです。 2015年に行われたJYPエンターテインメント内部調整後に発売されたので、その恩恵を享受したようです。 TWICEの2年目頃に解散し、アーティスト3本部に改編されました。

全員が宿舎生活をしていますが、2017年下半期まで使っていた宿舎ではナヨン-ジヒョ-ミナ-サナの 4人が一番大きい部屋、ダヒョン-チェヨン-ツウィの末っ子ラインが真ん中の部屋、ジョンヨン-モモが一番小さい部屋、このように4人、3人、2人で部屋を分けて過ごしていた。 別に厳格に分けたわけではなくスケジュールや状況によってそのまま他のメンバーのベッドで眠る場合も多いです。 各部屋の特徴をよく見ると、メンバー全員が最も汚い部屋に4人部屋を指定しました。 人数が多くて、海外メンバーの すべての生活道具があるので 荷物自体が多いんです。 4人部屋の場合、平均就寝時間が午前3~4時だといいます。 スケジュールが遅く終わることもありますが、 おしゃべりのせいで遅く寝る場合が ほとんどです。 3人室は給食団が使用しており、2段ベッドの上の階はチェヨン、下の階はダヒョンが使用し、ツウィは隣に個人ベッドを使っているそうです。 普段は一番静かな部屋だが、ナヨンとジヒョのようなお姉さんたちに「遊んでほしい」とせがまれるという。 二人部屋はジョンヨンちゃんとモモちゃんが一つのベッドで、途中で大きなぬいぐるみを置いて寝るそうです。 この2人は、2人だけが別々に部屋を使っているためか、親しくなったため、チーム内で「夫婦」とからかわれているそうです。 TWICEの優雅な私生活や、V LIVEなどの放送で明らかになったことによると、 メゾネットタイプになっているようです。 リビングルームが9人が集まっているので十分であるほど広く、メンバーたちが過ごす部屋の他にもクローゼットが別にあるなどかなり良い環境の宿です。 2017年下半期にJYPの社屋移転に合わせ、TWICEも同様に移転したと言われていましたが、誤報によるものです。 V LIVEから変わったルームメイトのために こうやって知られてますが そのルームメイトは 日本の宿舎のルームメイトのことです。 そのため、韓国宿舎の移転有無は分からない状態です。

9人もいるんですが、宿舎にはバスルームが3つもあるのでそれほど不便ではないと。 洗う時は順番なしに先に起きるなりに入って洗うといいます。 ナヨンとジヒョはお互い逆のスタイルなので重ならないため、一緒にシャワーする場合が多く、チェヨンとツウィはシャワーするのにかかる時間がほぼ同じだという。 一番長く時間がかかるのは一番白いダヒョンで、 コンサートをするそうです。 水は節約して使わないと。 ダヒョン、その次がサナだけど、 サナは時間の調節が出来るそうです。半身浴をする時が問題で、ダン·ダヒョンのVアプリで、「リアル入隊プロジェクト」、「本物の男」に行ってきた後、シャワーの時間がかなり減りましたと話した。 推測するに、軍隊はなんでも10分以内にぎりぎりなのでそうなったようです。 最近(2018年10月知り合いのお兄さん)に明らかになったところによると、 依然として浴室が3つある宿舎に住んでいることが明らかになりました。

メンバーが多いため、移動する時はライトバン2台に分乗するのですが、序列の概念が希薄なTWICEらしく、特に決まった車や配置はなく、その都度乗るという。 2016年まではカーニバルを利用しましたが、ヘメコチーム同伴時には3台動員されたこともありました。 2017年にあたりスターレックスに車種を変えました。 移動が多くて車での待機時間が長いアイドルグループらしく車で顔色を伺うゲームをしたり音楽を大きく流して高声放歌をしたりもします。 モモはほとんどの時間を寝ていて、ツウィは寝ている時もしゃんとした姿勢で目だけ閉じているそうです。 2020年基準で再びカーニバルを使用しています。

他のメンバーは右利きだけどジヒョとジョンヨンは左利きです。 ただ、箸の使い方は左手で鉛筆は右手を使うといいます。

少女時代とともに誕生日と血液型がまんべんなく分布しています。 誕生日にするとジヒョ(2月)、ミナ(3月)、チェヨン(4月)、ダヒョン(5月)、ツウィ(6月)、ナヨン(9月)、ジョンヨン-モモ(11月)、サナ(12月)。 そして血液型も一人もいないAB型を除けば[91] A型が4人(ナヨン、モモ、ミナ、ツウィ)、B型が2人(サナ、チェヨン)、O型が3人(ジョンヨン、ジヒョ、ダヒョン)です。 そしてチェヨンは、(Rh-)という珍しいケースです。 デビューまで一度も血液型検査を受けたことがなかったというモモは、本人の血液型を漠然とO型ではないかと思っていたのですが、結局、ウサ生2話で検査した結果、A型であることが明らかになった。 余談で放送される数日前、サナが自分のV LIVEで視聴者が質問したモモの血液型について思わず”A型でした”とネタバレを答えたが、間違いに気づいて急いで”いや、B型でしたか。 「O型ですか」としどろもどろに言葉を変えたりもした。

メンバー全員が本名を使っているのですが、モモやサナという名前も一見すると芸名のように見えますが、本名です。 サナ、ミナ、モモはどちらも日本人でサナは漢字表記が「,夏」、ミナは漢字表記が「南」、モモは漢字表記がなく日本語表記が「もも」です。 ただジヒョ、ジョンヨンは改名をしただけです。 ジヒョは本名がジスだったけど、 デビュー前に正式に改名してジヒョが本名になりました。 ジョンヨンの場合、本名のキョンワンから改名してジョンヨンになりました。 また実の姉である俳優コン·スンヨンとよく言及されるためコン·ジョンヨンと連想する人が多いです。 ユ·スンヨン、ユ·ジョンヨンが本名です。 その他にも名前が3文字以上ある場合が多い外国人メンバーでも全員本名が2文字である点もある。

家族関係は全員両親が元気で、兄弟は妹一人(ナヨン)、姉二人(95)、姉一人(96)、一人娘(サナ)、妹二人(ジヒョ)、兄一人(ミナ)、兄一人(ダヒョン)、弟一人(チェヨン)、兄一人(ツウィ)と言います。 ユニークにもジヒョより生年月日が遅いメンバーは女兄弟がおらず、ジヒョより生年月日が早いメンバーは男兄弟がいません。プロファイラー級分析(…)ですね

ペットは犬派が多いです。 もちろん宿舎で飼っているわけではなくメンバーたちの実家にいるのですが、愛犬家と確認されているメンバーにナヨン(クク)[97]、ジョンヨン(ポソンイ[98]、ナナン)、モモ(3匹もいる。 プリン、ラッキー、ペコ)、サナ(イチ)、ミナ(レイ)[99]、ダヒョン(アリ)、ツウィ(グッチ、ミンジュン[100])などがいます。 メンバーより犬が多くて猫を飼っているメンバーはジヒョ(プヨ)がいます。メンバーの中では動物を怖がるのはダヒョンが唯一です。 子どもの頃、犬に噛まれたことがあって、まだ犬や猫がいたら、最初からほかの部屋に逃げて出られないそうです。 しかし、そんなダヒョンが2017年9月に自分のトラウマ克服のために子犬一匹を養子に入れました。 名前は「アリ」で大きいという意味の昔の言葉から取られています。 サナが欲しがっているのを見ると、 宿舎じゃなくて実家で飼っているみたいです。 ジヒョは犬が好きではあるが、ちゃんと飼ったことがないため、犬をどのように抱っこしたり可愛がってあげたりするかが分からず、むやみに扱うことはできないという。 最近はVアプリ放送中に猫を飼いたいと言及したりもしました。 モモの場合は、犬の毛アレルギーがあって触るとくしゃみをして肌荒れになりますが、実家に3匹もいるのであまり気にせずに連れて遊ぶそうです。 その他にもナヨンはコン·スンヨンの猫が好きだと言って表情を真似するなど、別にペットを隠すことはないと思ってもよさそうです。

外国人メンバーのミサモツは母国の基準では背が高い方です。 ツウィ(170センチ)は言うまでもない長身で、日本人メンバー3人のモモ(163センチ)、サナ(163センチ)、ミナ(163センチ)など日本女性にしては大きい方に属する。 それで、TWICEのメンバーが靴を履く時、ツウィだけは他のメンバーとの身体バランスを調整するため、ある程度ハイヒールを履きません。

ONCEたちによってTWICEの メンバー別の習慣が明らかになりました。 ミナは気分が良ければペンギンのようにバタバタして, サナは食べ物を持って食べる時いつも丁寧に両手で食べ, ダヒョンは恥ずかしい瞬間に髪の毛で目を覆い, ナヨンは遠くにあるのを見る時手で望遠鏡を作って見ると言います.[102]モモは何かを表す時、手を丸くして表現する習慣と 大きい食べ物を食べる時舌を出す習慣があります。 ジヒョはいつも話す時、 両手をたくさん使います。サナ:赤ちゃん一人抱っこできそうです。

メンバーたち、特にミサモのくしゃみの音が かなりユニークです。 サナは咳をする時、咳をした後に 「アバババ」こういう声を出したり、 モモは「酔って」と言います。” こんな 音を 出すと ミナは めっちゃ ミナらしく 最初から 音を 出さない(…) 以外に ジヒョは 疲れた時に 起こすと 咆哮します。

メンバーたちの名前で、 ナヨン体のようにアドリブをします。 トゥドゥン本人も、ファンも使います。 代表例はシン·ナナヨン、隠れたヒョン、プクラブジヒョなどです。

生まれつき尋常ではない経験をしたチームなので、涙もろいメンバーがいます。 特に、「お姉さんライン」がそうだが、ナヨン、ジョンヨン、ジヒョが涙の3大将でよく涙を見せる。 練習生の期間が長く、シックスミックスのデビュー失敗とサバイバルまで経験して気苦労が多かったからでしょう。 ミナ、サナ、モモもやはり涙目になる方ですが 少し我慢する場合が多いです。 意外と末っ子ライン鋼鉄の給食団は涙が少ない方。 その中でもツウィは公式席上で一度も涙を見せたことがないことで有名でしたが…2016年6月27日に放送された「冷蔵庫をお願い」で中国フュージョン料理を食べている途中、母親のことを思って涙を見せた。でも最近、メンバーたちの報告によると ツウィは、メンバーたちが一緒にいる時 一番泣いているメンバーだそうです。

マネージャーがファンの間で人気がかなりあります。 他のアイドルグループのマネージャーとファンの関係がオンラインゲームのGMとユーザー(良く言えば愛憎、悪く言えば甲乙)関係であるのに対し、TWICEのファンの多くはマネージャーを「親切、ウィットがある、苦労するのにも優しい、フィードバックが早い」と評価している。 事実、終始一貫して流れがちなアイドルファンを統制していると、強圧的な態度がそれとなく出やすいが、そのようなマネージャーがファンの間で評価が良いというのは容易ではないことです。 特に、放送出演が多いチョン·ジュンギル(AKA。ジャルジャリ)マネージャーをはじめ、チョン·ジョンウン(AKA。テンド)マネージャー、キム·ナヨン(AKA。悲しさ)マネージャーなどの有名なマネージャーは、ファンサイトに別に掲示物が上がったり、フォトショップ処理された写真が生産されるほどです。 事実上10番目のメンバーです。

優雅に活動しながら「Let Me See~」で始まるダンスブレイクが音楽番組の舞台に立つたびに異なって披露された。 ダンスブレイクバージョンを集めた映像です。

ダンスの実力についてはモモが評価する[119] 自分を1位、次にミナを挙げました。 バレエの基本を身につけたダンスだから、自分とは違う雰囲気の魅力があるんですよ。 そのほか、みんな優れた実力を持っているが、振り付けの習得が遅いメンバーとしてチョン·ヨン、サナ、ジヒョを挙げた。 実は、3人が自首しました。

ダンス歌手なので基本的に体が柔軟で運動神経が良いです。アユッテはこの反対に自評したようですが。 メンバーの中でナヨンを除いて全員開脚が可能で[120]、特にミナとダヒョンはとても体が柔らかいです。ミナはバレエして、ダヒョンは鷲ダンスですか? ジョンヨン、モモ、ツウィは腕力もあるし、 チェヨンとジヒョはそれなりに速いです。他のメンバーに比べて運動神経が相対的に良くないと思われるメンバーが、ナヨンとサナで、この2人のメンバーが野球場始球式を通じて見事な投球と打撃姿勢で反転を見せたりもしました。 サナはインタビューで、「柔軟性は問題ないが、バランス感覚がゼロだと認めました。

デビュー直後からあまりにも多くのスペシャルステージを してきたからか、メンバー自ら振り付けのミスが 多かったことを告白したことがある。 正直1回用放送なのに他のグループの曲をしたり、初めから複数のグループのメンバーと一緒にコラボ舞台を飾るのが多かったので、練習量が保障されていないことを酌量しなければならないようです。 「知り合いのお兄さんTWICE」編ではクイズの正解として「私たちみんな振り付けの穴」と言いながら飛び跳ねながら楽しんだりしました。 実際には、いくつかのライブ舞台をカウントした結果、サナとジョンヨン、ツウィが頻繁にミスをしたそうです。 ナヨンは、「見え透いたナヨンなので目立たなかったけど、細かいミスが多い」と告白した。 しかし、その中でもモモとミナはほとんど振り付けミスがないというから、やっぱりダンシングモシーンとバレエ11年経歴者です。 ダンスミス集です。

出演料対比最も効率の高い芸能ゲストたちです。 所属事務所自体が一発芸やオーバーなリアクションを推奨しておらず、特に面白さのある芸能MSGを警戒しています。 パク·ジニョンPDのバラエティー哲学「ありのままの自然な姿」をデビュー前のSIXTEENから教育を受けたためか、わざとらしくないそのままの姿を見せるタイプで、これが自然な笑いを誘います。[122] 9人に時間を与えれば、 自分で作って放送分を作るんです。 また、(どのガールズグループも同じでしょうが)自主番組などでは面白い姿を多く見せているし、芸能人または放送人として成長している段階なのでこれから発展することが期待されます。 特にデビュー3年目を迎えたミニ4集「SIGNAL」の活動期間に出演した各種番組で自然で瞬発力のある姿で活躍し相対的に不足していると思われていた芸能界でも好評を得ています。 さらに、ヒョンドンとテジュンがMCを務める週刊アイドルシーズン1と現在MCのアイドルルームを経て、ドニコニが芸能人に育て上げたという評価が多い。 これはアイドルルーム家庭訪問特集の時、JYPの新社屋を訪問してパク·ジニョンと会った時、パク·ジニョンもダヒョンをはじめとするメンバーをヒョンドンとテジュンが芸能人に育てましたと認めた。

ミニアルバムの活動期に国防日報が将兵560人を対象に「国軍放送慰問列車にぜひ招待したいガールズグループ」を調査した結果、TWICEが2位を占めた。 #その後、ミニ2集の活動以降は 「軍隊生活の力になる歌」で CHEER UPが1位を占めました。#

毎アルバムのタイトル曲ごとに、 MVの反応がすごくいいです。 YouTubeのミュージックビデオの再生数を基準にした時、デビュー曲であるOOH-AHHハゲは、男女、ジャンルを問わず同年のデビュー新人の中で最高成績を記録し、その後も着実に上昇し続け、2016年11月11日、K-POP歌手としては初めてデビュー曲のミュージックビデオYouTubeの再生数1億を突破しました。 (PSYの記録を除いてはですね)

メンバーの半数が外国人なので、その国でも注意深く注目しています。 台湾ではツウィのTWICEメンバー抜擢のニュースが話題になり、2015年には話題の人物に登録されました。 日本の場合、あまりにも市場が大きいので台湾ほどの反応ではないですが、少なくとも韓流ファンの間では非常に熱い反応を示すグループの一つです。 本格的に日本進出を果たした後、日本側マネジメントを担当するワーナー側が予想していた以上に反応が熱いです。 特に日本のガールズグループは極度の男性ファンダムの消費に依存する傾向が強いが、TWICEの場合、紅白歌合戦の選好度調査で男女性比が52:48と出るほど、JK(ジョシコセ:女子高生)と呼ばれる10~20代の女性ファンダムが強力です。

V LIVEをよく利用しています。 デビューを準備していた時期からTWICE TVという名前でVアプリのリアルタイム放送を行ってきました。 特に「Like OOH-AHH」の活動が終わると、個人別放送が始まりましたが、メンバー個人の魅力をアピールするとともに、非活動期のネタに飢えているファンの喉の渇きを効率的に解消してくれています。[123]公式的にアップされる定期的な放送も盛りだくさんですが、メンバーたちが突然始まる突発映像が多いことで有名です。 特にナヨンとサナスポ妖精たちがよく放送を開始し、たまにはほとんど全メンバーが交代でV LIVE放送をする場合もある。 2016年9月現在、Vアプリの放送回数1位にランクされており、総再生時間はなんと47時間にも達しています。

KBOリーグ、LGツインズの始球式イベントで、各メンバーが好む数字で背番号を決めました。 2016年4月3日のピンカイベントでメンバーたちが明かした背番号の意味は、ナヨン(TWICE 9(!!!)、ジョンヨン(好きな数字がないので0)、モモ(お父さんのアメフト、背番号64)、サナ(12月生まれ)、ジヒョ(2月1日生まれ)、ミナ(日本語で3(3)がミツ(7)、チェヨン(7)、ツウィ(7)がナナツ、2(7)の頭文字を取っています。 その後、One More Time日本の活動衣装にもこの数字が小さく入ったが、日本のインタビュー[127]でサナ(12)とジヒョ(21)は誕生日と共に1、2がそれぞれONCEとTWICEを意味すると説明し、ツウィは「25が私がきれいに見えて」と初めて明らかにしたので、メンバーたちも驚きと爆笑を禁じえなかったです。

正式デビュー以前、日本の芸能人の中で真のファンと言える人は日本のファッション誌SEVENTEENのモデルである江ノ沢愛美とジャニーズWESTがいます。 江ノ沢愛美は少女時代の日本ショーケースまで行くほど根っからのファンだったが、シックスティー流入に優雅にカバーダンスがSEVENTEEN公式ツイートに上がったり、横田真由とのティーダンスがインターネットで記事になったりした。 ジャニーズ·ウェストは、台湾系が含まれた関西出身メンバーのグループで、もともと韓流関連の言及をよくする方だったが、「チアアップ」からは目立ちすぎてTT踊ってほしいと応援する道具を作っていたファンがいたほどです。

9月19日に行ったvアプリ(49分54秒から)で、サナが明かすダヒョンとツウィ以外全員がピースを使っているそうです。 ツウィは髪の量が多くて、ダヒョンは髪を染めたのに、髪が傷まないと言っていることから、頻繁なカラーリング、脱色、パーマなどで髪が切れて、レイヤーができて仕方ないようです。[130] ピワイス(ピース+TWICE)ドリップと、 あるONCEが「かつらグループファイト」と言うと 可愛く怒るサナはおまけ。

あいにく、海外旅行の番組で、2回ともメンバーのうち1人が抜けていたんですが、 「TWICE TV 5」の撮影当時はジヒョが膝の負傷で参加できなかったし、「団結しなければ出ない」の撮影時はダヒョンが負傷で参加できなかった。 結局、メンバーたちの願いの一つであった「メンバー全員での海外旅行」[131]は、TWICE TV6人シンガポール編で行われるようになりました。

日本には雨女ギミックがいます。 日本の放送でのインタビューで、「日本に来るたびに雨が降る」と言ってジヒョが最近習った言葉で、「あれを話したが、あいにくにもその時も外では台風の影響で大雨が降っており、サナがジヒョをアメオンナに追い込んだ。 しかし、ジヒョは始球式の度に雨天取り消しを起こしたダヒョンが原因ではないかと反論し、まだ検証が終わっていない状態です。

2010年代初め、李明博(イ・ミョンバク)政府で韓日関係が急速に冷却されたことがあってその後大韓民国の芸能人たちはずっと紅白歌合戦に出演していませんでした。 しかし、2017年末ついにTWICEが紅白歌合戦に出演して6年ぶりに韓国の芸能人が紅白歌合戦に出演することになりました。 メンバーの中でミナ、サナ、モモが実際の日本人で、これによって韓国に行って国威宣揚をちゃんとしているこの3人のメンバーでTWICEが紅白歌合戦に出演する機会を得ました。#紅白歌合戦に出演したTWICEはTTを日本語に翻案した歌を歌いました。

TWICEのメンバー達は、特に○また○というあだ名を持つメンバーが多いです。 1番目○にはそのメンバーの名前の頭文字が、2番目○にはそのメンバーの特徴の頭文字が入ります。 たとえば、サトブル[132]、ユトマク[133]、トゥプトカ[134]、ツト撮り[135] などがあります。

2018年初めにオヒョン高校の生徒たちが”Likey”をパロディーしたこの映像がインターネットで話題になりました。 オフィシャルツイッターでもリツイートされたし、 トゥドゥンたちを見てすごく笑ったそうです。 その後、同じオヒョン高校の学生たちが2019年初めに「What is Love」のパロディー映像もアップロードしました。 その他、果川ムンウォン中学校の学生たちが2016年にTTをパロディーした映像も話題になりました。 この時、メンバーたちが見て ありがとうと言ったことがあります。

2018年1月16日、KBSコメディアンのアン·ユンサンが運営する吹替シーンのアン·ユンサンYouTubeチャンネルにTWICE”Likey”のパロディー映像がアップされました。 有名政治家や俳優のモノマネをし、PVに該当人物の写真を編集して入れた、ギャグ風のパロディー映像です。 現在YouTubeのオリジナル映像は非公開で、Facebookにパーマ動画が残っています。
2018年6月7日アン·ユンサンが前回の映像はLikeyのミュージックビデオ著作権のため削除され、また映像をアップしました。映畵ですよ

2017年初めにKnock Knockカムバック活動から2018年末まで とてもタイトなスケジュールを持っています。2017年2月20日にKnock Knockでカムバックして同月24日に日本デビュープロモーションWhat’s TWICE?、3ヶ月後の5月15日にSIGNALカムバック、1ヶ月後の6月28日に日本デビューベストアルバム「#TWICE」、4ヶ月後の10月18日に日本デビュー。ndy Pop カムバック、その後2ヶ月目の4月9日にWhat is Love? カムバック、そしていきなりデビュー当初はしなかった大学祭を走ったりした、1ヶ月後日本Wake Me Upカムバック、そして5月20日に国内コンサート、その後8月まで日本と東南アジアの海外コンサートツアーがあって7月に韓国でもう一度カムバックします。 そして9月には日本で正規アルバムを発行し、10月には3周年まであります。 大体、平均的に見れば、3ヵ月ごとにカムバックするが、ここの国内放送スケジュールやコンサート、大学祭、年末の舞台などを考えると、あまりにもあせっている気がする。 ほぼ月間、ユン·ジョンシン月刊 TWICEですか?

最近、メンバーたちがTWICEの公式ツイッターで 検索しているそうです。 実際にファンの皆さんの作品を見てVアプリで認証しました。 このためツイッターに常駐するONCEは「TWICEが見守っている」というスローガンで常に議論を起こそうとしないようにしています。

7月20日付けのミュージックバンク(DanceTheNightAway)で1位の公約として氷を口にくわえたままアンコール舞台を披露した。 アンコール舞台映像はリスたちが 歌ってるみたいです。

メンバー全員がアイドルルームのTシャツにハマっている。 第10回で初出演した時、モモがアイドルルームのTシャツに目をつけ、空港ファッションを公約に掲げてもらいました。 26回に出演して長袖Tシャツを獲得しました。

アンユンさんがこの前の”Likey”のパロディーに続いて、今度は”Yes or Yes”でパロディーをあげました。 文在寅(ムン・ジェイン)、李明博(イ・ミョンバク)、安哲秀(アン・チョルス)などのほかに金ジョンウン、トランプ、トオル、朴元淳(パク・ウォンスン)などさまざまな人物たちの声帯模写が出ています。 映畵ですよ

2018年11月28日に日本でTWICE公式パズルゲーム TWICE-GO!GO!Fightin’-が発売されました。 韓国では設置できません。

2019年1月15日にインドのAiplex Software Private Limited社がOOH-AHHにLIKEY、YES or YESに対する著作権虚偽申告をしたため、ミュージックビデオが削除されるハプニングがありましたが、現在は正常に復旧されています。 この会社は以前から有名ポップ歌手のPVに虚偽申告をしたり、一般YouTuberにも虚偽申告をするなど、海外でも有名な会社です。 その他にも1月15日、BLACKPINKのトゥドゥトゥドゥ、ジェニーのソロ、ヴィのSINGUARITYが 削除されましたが、再び復旧されました。 ムカデって何ですか…

アユッテのメダルは計3個を保有しており、金1、銀2個でいずれも旧正月大会で獲得しました。 金メダルは2017年元日新体操のミナ(ボール)、銀メダルは2016元日シルム(ナヨンモモジョンヨン)と2019元日アーチェリー(ダヒョンチェヨンツウィ)で獲得しました。 アーチェリーと共に陸上、シルム、新体操など多様な種目に出場して来たが、2018年からはアーチェリーだけに出場しており、陸上経歴の長いチェヨンが2018秋夕大会からアーチェリーに転向しました。 いつからかメンバーたちが、 アユクデのMCを担当しています。 今MCを務めた経験があるメンバーは、 ナヨン、サナ、ダヒョン、そしてジヒョです。

TWICE星ができました。 誕生日は2019年10月20日、 TWICE4周年記念の日です。 星座はLibra、つまりてんびん座です! 座標はRA15h44m21.12-05°49「50.4」dec11.37magLibで、星サイトはここにある! サイトに入ってTWICEに言いたいことを残せます! 真っ暗な宇宙の中で最も輝くあの星あの星 その横に大きい君のTWICE!

一部のメンバーが彼女級の体格になりました。 ツウィはソウォンと背がほぼ同じになって、 ジョンヨンはイェリンと背がほぼ同じになりました。

ユニークにもメンバーたちのMBTI結果は、 かなりユニークです。
まず、外向型Eが出たサナを除いて全てI内向型。 さらに、サナのMBTIも、外向型の中で最も内向的だというENFP。
直観型Nが出たモモ、サナ、チェヨンを 除いた残りは全部S現実主義型です。
T思考型が出たナヨンを除いて全部F鑑定型です。
J判断型が出たジョンヨンとダヒョンを除いた 全部P認識型です。

ビルボードジャパン Top Artists of the Year 2020 Top 10 に含まれ9位となりました。

2020MAMAで「CRY FOR ME」という曲で サプライズステージを行いました。 リパッケージタイトル先行公開曲だとかICAN’T STOP MEとのタイトル曲競争で押されたという曲がまさにこの曲だとか収録曲から外された曲だとかなど様々な推測がありましたが、一応メンバーたちはONCEたちへのプレゼントだとだけ言及しました。 結局12月8日のコントを通じてデジタルシングル方式で公開することにしました。 CRY FOR ME文書を参照します。

2021年現時点でデビュー7年目になったアイドルですが、歌唱力や実力派メンバーのソロ曲がまだありません。 メインボーカルのジヒョだけでも覆面歌王に出てすごい実力を誇るほどすでに実力が証明されたのに、どうしてこの点を生かしてくれないのかファンの立場ではもどかしいです」

Categories: K-Pop

0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder