今月の少女は2018年8月19日のデビューコンサート〈LOONAbirth〉でデビューした大韓民国の12人組ガールズグループだ。

‘今月の少女研究団’という50人に上る練習生の群れから選りすぐった12人のメンバーらとともに毎月月に一人のメンバーを公開する、異例的な規模のデビュープロジェクトに大きな注目を集め、最終的にヒジン、(株)ヒョンジン、ハスル、女真、ビビ、キムリプ、率直、チェリ、イブ、中宮、高原、オリビア恵(コンゲスン)が選抜されてデビューした。

正式デビュー前のアルバムでビルボードワールドアルバムチャート5位圏に進入して正式デビューアルバムが多様な記録を達成するなど、デビュー当時新人としては大変異例的な成績を出した。

デビュー後活動ではメロン、リアルタイムチャートの進入、エム・カウントダウン1位、アルバム初動販売量約五万枚など、中小企画会社のガールズグループであることにもかなり目立つ成績を出しただけでなく、海外ではビルボードワールドデジタルソング・セールスチャート1位、アイチューンズアルバムチャート56ヵ国1位、米国アイチューンズシングル-アルバムチャート1位、米国ラジオチャートトップ40参入やK-POPガールズグループ歴代最長記録チャートである、ビルボード200チャートへの進入など様々なチャートと指標で前例のない成績を記録している。

また、完全体デビューアルバム[++]から一番新しいアルバムの[12:00]まで全てのアルバムが米国アイチューンズアルバムチャートで1位をした唯一のグループという非常に異例的なタイトルも保有している。




グループ名

「今月の少女」という名前は毎月、私たちは一人の少女に会います。というキャッチフレーズとともに、正式デビュー前に行った「今月の少女メンバー公開プロジェクト」を縮約した、毎月一人のメンバー公開を盛り込んでいる名前です。 また、この’月(moon)’の少女という意味もあって、今月の少女の世界観には月と密接な関係があります。

公式英語名はLOOρΔもしくはLOONAです。 LOOρΔは「今月の少女」の初声である「ㅇㄷㅇㅅㄴ」を再配置したものであり、これは「月の女神」、「月」という意味を持つ英単語「luna」、「lunar」を応用した名前でもあります。

ボーカルとしての実力

メンバー全員音域帯が非常に広く、ラッパーのジンソルとチェリ、オリビアヘ、ボーカルが相対的に弱いビビとヨジン、高原などのメンバーもA3(1オクターブ時)からD5(3オクターブ時)までは安定的に行き来することができ、メインボーカルのチュとハッスル、キムリプはなんとE3(1オクターブ米)から真性ではE5(3オクターブ米)まで上り下りすることができます。

メンバー全員がサブポジション以上の実力を持っていて、自分のパートで見せるポイントがあります。 メンバーの実力が落ちていても所属事務所は魅力を引き出せる多彩で新鮮な曲を提供しています。

このような理由のため、今月の少女内で密かに実力順位が存在しても直接的なメイン、リード、サブなどのポジション区別がないです。 ハ·スルが直接、すべてのメンバーが主人公のグループだと明らかにしたりもした。

メンバー全員がとても綺麗で目立つ声を持っています。 そしてその中でも浮かび上がる曲を抑えてくれる 確実なベースがあって 曲が立体感があって聞きやすいです。 偶然なのか、すべてのユニット構成がメインボーカル級のメンバー+声がきれいなメンバー+曲の雰囲気を活かしてくれるハイトーン+曲の雰囲気を作ってくれるベース構造を持っています。

イタリアなどのヨーロッパで旋風的な人気を集めているが、その理由は「メンバーたちのユニークなビジュアルとメンバー別に異なる個性的な声」だという。

ダンスの実力

このリンクの映像はデビューアルバムリードシングルの”favOriTe”の密着カメラで、振り付けの難易度が非常に高いですが、12人のメンバーが基本的に安定した群舞を合わせる。

この映像は公式チャンネルにアップされた NCT 127の「Cherry Bomb」ダンスカバー映像です。 原曲の振り付け自体が難易度があるにもかかわらず、完璧にこなして話題を集めたんです。 実際、多数のK-POPリアクションYouTuberたちが「今月の少女」を認知し、ファンにさせる映像の一つがまさにこの映像です。 今も照会数が上がっています。

振り付けを練習する時、映像を撮った後、1フレームもう一回回してみて、細かくディテールまでチェックしながら、ダインワンの刀群舞のため、動作を一つずつ細かく合わせる。(ex. So Whatの活動当時、手を上げる振り付けには、手を自分の眉毛まで上げることにした。)

ポジションはないが、振り付けの隊形でヒジン、金リプ、チェ·リ、イブ、オリビアへ5人をよくセンターに立たせながら、ダンスでサポートしている。 そのほかにも中と真率もセンターによく立つ方です。

ビジュアル

メンバー全員が多彩な美貌を 持っています。 正統的な美人像、キュートで独特な美人像、個性的で独特な美人像が共存し、多彩な魅力を持っています。

「今月の少女」に初めて接する大衆も「今月の少女」のビジュアルを見て驚く場合が多い。 中小企画社でデビューしたグループであるにもかかわらず、メンバーたちが一様に個性的で優れたペースと平均した人気を持っているからです。

国内では高い人気を謳歌していないと思われるメンバーたちも、海外では一躍的なファンと人気を駆使します。 おかげで、ファンの皆さんが満足しているようで、ルックスは低く評価されています。

メンバー公開·ユニットプロジェクト

「毎月私たちは新しい少女に出会います」

今月の少女メンバー公開プロジェクトは、ポラリスエンターテイメントの子会社であるブロックベリークリエイティブが披露するプロジェクトで、毎月1人の少女を公開してシングルアルバムを発売し、一定数のメンバーが公開されるとユニットとして活動し、ユニット3つが集まって完全体が結成されると本格的な活動に乗り出す新概念の新人ガールズグループデビュープロジェクトです。

2016年10月を皮切りに毎月新しい少女を公開し、計12人のメンバーを約22ヶ月の間、順番に一人一人の魅力をアピールすることができるプロジェクトアルバム(曲+ミュージックビデオ)を公開してきています。 2018年3月付けでメンバー全員および 各メンバー別のソロ曲が全て公開されました。 そして5月、最後のユニットのアルバム発売と新しい形のステージが公開され、8月19日にデビューコンサートLOONAbirthでデビューしました。

6月のユニットリパッケージストーリーについては、18ヶ月より4ヶ月先の1年10ヶ月先となっており、最後のユニットである今月の少女yyxyのユニットアルバムであるbeauty&thebeatのリパッケージは現在未発売となっております。 もしユニットリパッケージまで発売されていたら、9月や10月に完全体でデビューしていたかもしれません。

ただ、最初のメンバー、ヒジンがデビューした2016年10月から最後の12番目のメンバー、オリビアヘがデビューした2018年3月まで18ヶ月かかり、’18ヶ月’と言及されたHyunJinアルバムの紹介にはデビューまでではなく、12人のメンバーとシングルを1年6ヶ月間公開するという内容しか書かれておらず、結論的に間違っている話ではなかったです。

このプロジェクトの総予算は約99億ウォンだそうです。

最初から練習生で12人のデビュー組が決まっていたわけではなく、メンバー選定直前の練習生のテスト撮影などの社内オーディションにより、次のメンバーを選抜するという方法で進められた。

このようなシステムは、優先的に各メンバーの実力が伴わなければできない上に、個人の実力が良いからといって全体がうまくいって成功するという保証はないという短所がありますが、一応基本技及び個人の魅力アピールをはっきりと見せてから始めるものであり、個人としての関心ももっと受けるようになり、ひいてはグループ認知度を安定的に上げることができるという長所があります。

12人という大勢の人がデビューするときは、それとなくメンバー間で外見·実力の優劣をつけたり、何人かのメンバーにだけ関心が集中し、個人的な認知度が落ちることが多数発生しますが、このように一人ずつ知らせるとそのようなことが比較的少なく起きるので、メンバーにとっては集まってくるより利益が多い方法でもあります。

そしてこのプロジェクトは成功し、デビュー前からビルボードワールドアルバムチャートに入り、アルバムを4万枚以上販売し、公式YouTubeチャンネル照会数1億を達成するスーパールーキーを作り出したのです。

世界観

「今月の少女」は、LOONAverseという独自の世界観を持っています。 メンバー全員が独自の世界観を持っており、その世界観がユニットの中で合わさってそのユニットの世界観が合わさって今月の少女のLOONAverseを完成させる構造となっています。 ここで誤解してはいけないのが、今月の少女の世界観(LONAverse)が12個に分かれるのではなく、12個の世界観が今月の少女の世界観(LONAverse)に合わさることです。

世界観は、PVやティーザー写真、そしてアルバム紹介などで、世界観が多く現れています。

特に海外ではこうした世界観を非常に好みます。

余談

「今月の少女はメインボーカル、ダンサー、センターなどの公式ポジションがないグループです。 ヒジンとハッスル、ジンソルの言及を見れば、曲ごとに順番にパートが多くなることも、少ないこともあるように見える。 実際、「今月の乙女」の曲は、メインリードボーカルを別にせず、曲ごとに似合うメンバーにパートを分配していました。

それぞれのユニットにはそれぞれ特色の挨拶があるのに対し、完全体は特別な挨拶がありません。

今まで出たメンバー個人のアルバムとユニットアルバム、 完全体のアルバムの規格が全て同じです。

今月の少女固有のイントロ映像があるんですが、公式映像が始まる時に出てくるハングルの子音で「ㅇ.ㄷ.ㅅ.ㄴ」の子音が出て、子音が動いて「LOONA」という文字になって月が消える映像がそれです。
ヒジンからオッドアイサークルまでは、月の形が左から右に変わり、イブからは右から左に移動します。 また、月は13までは黄色の月でしたが、金立からシンボル色の月が現れます。 完全体デビュー後も月が消える方向、色の順番などが変わってきています。

最年長のビビ、末っ子のヨジンを除いた 残りのメンバーは2人、3人ずつ同い年です。 1996~2002年生まれの12人の中で1998年生まれが一人もいません。

メンバーたちの会社入社順序はヒョンジン→ヒジン→キムリプ→ジンソル→ビビ→ヨジン=ハッスル=チェリ→イブ→チュウ→高原→オリビアヘの順です

メンバー12人のうち半分がB型で、過半数以上がMBTI性格において外向的(E)という結果が出ました。

MBTIには真摯な方です。 一度は宿所で「私は~した時~してほしい」(ex. 悔しい時はじっとしておいてほしい)という質問に手を上げる方法で、お互いについて知ったこともあるそうです。

その他にも、メンバーたちは全体的に映像編集が好きなようです。 これにより、メンバーたちが直接編集する「ダルログ」というコンテンツも誕生しました。

メンバー全員がiPhoneのユーザーです。

現在メンバー全員が同じ宿所に住んでいますが、生活パターンが皆違って寝る時間もまた違うので、一日に一度も会わないことがあると伝えられている。

メンバー12人の中で、なんと4人が11月生まれです。 しかも11日、13日、15日、19日と、いずれも中旬に集中しています。

トッポッキとパンが好きなメンバーと、 行けないメンバーが結構います。 ヒジン、ヨジン、ジンソル、チェリ、イブ、コウォントッポッキが好きで、ヒジン、ヒョンジン、チュ、キムリプ、チェリがパンが好きです。 そしてヒョンジンとキムリプはピザが好きでジンソル、チェリ、チュはナスが食べられないそうです。

メンバーの過半数以上が愛犬を飼っています。

公演などの部分で「今月の少女」だけの名称があります。 ファンミーティングは「PRIMIER GREETING」、オンラインコンサートは「ON WAVE」、 ファンサイン会は「Orbit Ring」といいます。

「今月の少女」メンバーたちが主人公として出るウェブドラマがあります。 タイトルは、私たちが初めて会った時を覚えていますか?ロFacebookとYouTubeで視聴できます。 1本当たり3分~7分程度の短い映像です。 ちょっと恥ずかしいかもしれません。

ファンサイン会は公開順のヒジン、ヒョンジン、ハッスル、ヨジン、ビビ、キムリプ、ジンソル、チェリ、イブ、チュ、コウォン、オリビアヘの順で行われます。 たまにアップユニット、ラインユニットそれぞれデビュー順のヒジン、ヒョンジン、キムリプ、ジンソル、イブ、オリビアヘ、ハッスル、ヨジン、ビビ、チェリ、チュ、高原の順に座ることもあります。

「韓国で2番目にありふれた名字である李さんがチームにはいません。

アメリカアイチューンズの全ジャンル、K-POPジャンルチャートで [XX] アルバムが逆走行し、1位を記録しました。 これはRed VelvetとTWICEに次ぐ、 韓国ガールズグループの歴代3番目の記録です。

「外国のファンがミームの要素として多く使ったりもします。
特に「stan loona」ミームは有名なのか、あちこちでよく使われています。

ナビスコの菓子ブランド「チップスアーホイ」の公式ツイッターを管理していた管理者が入れ替わるまで、19年の約1年間、「今月の少女」について相当頻繁に触れてきました。 いきなりファンにさせることを勧めたり、最愛曲について討論したり、コントアカウントで「オビッ」会員加入を試みたりする。 系列会社にも伝染したのかヒジンとチュウが『オレオトースト』を作ると『オレオ·ゴント』で言及しましたが、『チップス·アホイ』が先でした」と自負したりもした。 ただし、2019年末に該当SNSの運営者が交代したため、その後は言及されていない。

その他にも編集アプリケーションフィックスアートが [#]アルバムティーザーチャレンジに 割り込んで宣伝したりもしました。

Categories: K-Pop

0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder