第4世代の一見えトゥモローバイトゥゲザー、外信好評の中の活動ソンリョ

トゥモローバイトゥゲザー/写真=ビッグヒットミュージック提供グループトゥモローバイトゥギャザーが正規2集活動をソンリョた。 海外有数のメディアは去る5月31日に発売されたトゥモローバイトゥゲザー(スビン、FRBは、ボムギュ、テヒョン、ヒュニンカイ)の二番目の正規アルバム「混沌の章:FREEZE」とその成果を集中照明した。 アメリカの時事週刊誌タイムは「近年Kポップアーティストが発売したロックジャンルの曲の中でトゥモローバイトゥギャザーの「0X1=LOVESONG(feat。Seori)」は、目に見える曲だ」と賞賛した また、フォーブス(Forbes)はトゥモローバイトゥギャザーが米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」で5位を記録したのと「トップアルバムセールス」チャートでトップを占めたニュースを伝えて”これら北米でベストセラーを複数回達成した数少ないグループの一つ」と述べた。 アメリカの有力音楽媒体コンシーケンス・オブ・サウンドは、「トゥモロー・バイ・トゥゲザーは2年という短い期間に「アルバムからのスキップ曲がない(no-skips)」は、名声を築いてきた」とし「彼らが見える自由な感性は、新人アーティストの間で珍しいない。これらのジャンルでも、トーンでも危険を冒すことを恐れていなかった」と好評した。 バズフィード」「混沌の章:FREEZE」は(トゥモローバイトゥゲザーの)前のアルバムと同様にメンバーら個人的な経験でもあるが一緒に混沌の時期を経て成長している全世界のファンに共感を呼び起こす」と「トゥモロー・バイ・トゥゲザーが音楽で聞かせる話の範囲はますます広がっている。これらの音楽の世界の拡張は、今回のアルバムに参加したすべてのメンバーのアーティスト的成長と接している」と評価した。 また、ローリングストーンは「トゥモロー・バイ・トゥゲザーは「第4世代Kポップグループリーダー’あるいは’イッボーイ」と呼ばれており、急速に成長した。これらの音楽に込められたメッセージは非常に明確なために、10台の成長痛の個人的な話を伝達し、リスナーに接続される」と伝えた。 ローリングストーンインディアは「これらの最後の2年間の成長を経験している若者たちに道を照らす灯りがされたと同時に、大人たちには、自分の10代を浮かび上がらせた。人生の混沌の中でも、単独ではない感じを与えて、巨大なファン層を構築し、チャートでも優れた成果を興し。これらのメッセージは、時代にとらわれない、完全に彼らだけのものだ」と評価した。 一方、トゥモローバイトゥゲザーはトレンディな音楽とパフォーマンス、共感高い歌詞で、全世界の10代の若者の熱狂的な支持を引き出して「混沌の章:FREEZE」の活動を終えた。このアルバムに米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」で5位に進入して、3週連続チャートインを維持するなど、ファン層と話題性の両方を捕らえた「第4世代のアイドルの代表走者」として位置づけた。 キム・スヨン韓経ドットコム記者[email protected]

BLACKPINKは「まるで最後のように」がSpotifyで3億ストリームを超えているとして世界的な影響を示し続けています

BLACKPINKの曲はストリームで急速な成長を見せています! 詳細を知るために読み続けてください。 BLACKPINKは「まるで最後のように」がSpotifyで3億ストリームを超えているとして世界的な影響を示し続けている BLACKPINKのレーベルYGEntertainmentによると、4人のメンバーからなる「It」グループの曲、 「AsIfIt’s Your Last」は、7月5日に世界の音楽プラットフォームSpotifyで3億ストリームを超えました。 この成果は、BLACKPINKがリリースした6番目の曲として「AsIf It’sYourLast」をマークします。 「Kill​​ThisLove」、「How You Like That」、「DDU-DU DDU-DU」、アメリカの歌手セレナ・ゴメスをフィーチャーした「Ice Cream」、ジェニーのデビューソロ曲「 それだけでなく、BLACKPINKは世界的な影響を示し続けています。最近リリースされた曲だけでなく、デビュー初期のグループの曲も、プラットフォーム上で月間1,450万人のリスナーがいるSpotifyのストリームで急速な成長を見せています。 (写真:Instagram:@blackpinkofficial) さらに、 BLACKPINKの他の曲「BOOMBAYAH」、「Playing With Fire」、「Lovesick Girls」、「Whistle」は、Spotifyの2億ストリームを超えました。 「ForeverYoung」は1億8000万ストリームを超えました。 現在、BLACKPINKは、プラットフォームでこれまでにリリースしたすべての曲で合計160億以上のストリームを蓄積し、2,280万人のフォロワーがいます。 onSpotify-トップK-Popガールグループとしてのランクを維持しています。 「AsIfIt’s Your Last」は、2017年6月22日にシングルとしてリリースされました。 YGエンターテインメントの社内プロデューサーTeddyPark、Lydia Paek、Brother Su、Future Bounce、Choice37によって書かれ、プロデュースされたこの曲は、クラシック、シンセポップ、レゲエ、ハウス、ムンバトンのミックスとして説明されており、その歌詞にはメッセージが含まれていますまるで最後の愛であるかのように、全力で愛するように頼むのです。 この曲は、ビルボードの世界デジタルソングセールスチャートを上回り、ビルボードのトップ25Youtubeの曲に選ばれました。夏。 BLACKPINKおめでとうございます! ここで「最後のように」をもう一度聞いてください: [埋め込みコンテンツ] 「BLACKPINKTheMovie」セット今年の8月に初公開する 他のニュースとして、BLACKPINKはデビュー記念プロジェクトの一環として、デビュー月である今年の8月に映画「BLACKPINKTheMovie」のリリースに向けて準備を進めています。 「4 + Read more…

アイズウォン、最終的には再結合最終霧散会話交わしたが、実現し採る[公式]

ガールズグループアイズ員が25日午後放送された「2020 SBS歌謡大戦in DAEGU」で素敵な舞台を披露している。 「2020 SBS歌謡大戦in DAEGU」はコロナ19防疫指針を遵守しながら、出演陣と現場の安全のために、すべてのステージを事前録画に進行した。/写真提供=SBS/写真=キム・チャンヒョン記者chmt @ ガールグループアイズ員の再結合が、最終的に行われなくなった。 CJ ENMの関係者は6日、スターニュースに立場を伝え、「企画会社と様々な可能性を開いて置いて会話を交わしたが、最終的に実現されていなかった」と公式立場を明らかにした。 CJ ENMはこれと共に「再会するかどうかにかかわらず、メンバーたちの前途に多くの激励と応援お願いします」と付け加えた。 アイズ員は、過去2018年に放送されたエムネット「プロデュース48’を介して結成されたプロジェクトをグループで多くの愛を受けた。アイズ員は荘園領主権ウンビ宮脇咲良ガンヒェウォンイチェヨンチェイェナギムチェウォン矢吹タマラキム・ミンジュホンダひとみアンユジンジョユリなど12人で構成され、4月29日に結成2年6ヶ月ぶりに活動を終了を公式に宣言している。 アイズ員は「プロデュース48’放映終了直後の2018年10月29日初めてのミニアルバム「COLOR * IZ」(カラーライズ)で正式デビュー、「ラビアンローズ」(La Vie en Rose)をはじめと「ビオルレタ」、「幻想童話」、「フィエスタ」、「パノラマ」など多数のヒット曲の活動を続けた。アイズウォンの最も最近の活動曲は、2020年12月に発表した「One-reeler(ウォンキーラー)/Act IV」であった。 しかし、アイズ員は「プロデュース」シリーズの操作の疑いが裁判の結果、実際にであらわれて製作陣が実刑を宣告されるなど大変な苦労を払わなければならいた。

「シンガーゲイン」イスンユン、今日(6日)「夜間作業室」に出演…積載会う

イスンユンが積載と出会う。 歌手イスンユンは7月6日積載が進行するネイバーNOW。 「夜間作業室」に出演する。この日の放送ではイスンユンは高品質のライブで夜遅く、一日を終えてファンに耳親孝行をプレゼントする予定だ。 また、イスンユンは、リアルタイムでのリスナーと身近にコミュニケーションする予定で知られて放送前から熱い期待を受けている。特にこの日の放送ではイスンユンの「夜間作業室」初出演で、二つのミュージシャンが披露ケミに音楽ファンたちの気がかりなことが集まる。 イスンユンが出演を発表した「夜間作業室」は、深夜の時間にふさわしい暖かく穏やかな感性で視聴者たちに多くの愛を受けているライブショーだ。 先月22日イスンユンは新曲「聞かせてたかった」を発売して活発な活動を繰り広げている。新曲「聞かせてたかった」はどこ染み込んだかの種をキャッチすることができないながらもぐる当てうごめく心を、最終的に吸っててたい話を盛り込んだ曲だ。 イスンユンが直接作詞と作曲を担当したこの曲は、バンドアッラーリーカンションのメンバーが作業に参加し、完成度を高めた。中毒性のあるギターリフと清涼なバンドサウンド、イスンユン特有のボーカルが加わってファンに多くの愛を受けている。 イスンユンが出演するネイバーNOW。 「夜間作業室」は6日午後11時放送される。(写真=ショープレイエンターテイメント)

ジョン・パク、12日カムバック確定…新譜「outbox」ティーザー公開

歌手ジョン・パク約2カ月ぶりに新曲に戻る。 ジョン・パク12日二回目のミニアルバム「outbox」を発売する。これに先立ち、ジョン・パク、所属事務所ミュージックファーム5日公式SNSチャンネルを通じてジョン・パクの新しいアルバム「outbox」のティーザー映像を公開した。 この映像は、穏やかなピアノの旋律とジョン・パクのナレーションが加わって感性的な雰囲気を醸し出す。特に映像末尾には、新しいアルバム「outbox」の発売のニュースをお知らせして目を引いた。 ジョン・パク、5月に発売したシングル「Daydreamer」以後2カ月ぶりに新曲でカムバックの便りを知らせストリング歩みを示している。高速カムバックの便りを伝えたジョン・パクどの新曲に戻るか、ファンの関心が高まっている。 ジョン・パク安定した音楽活動を通じて、R&Bソロの真髄を披露し、自分だけの音楽世界観を構築している。 「あなたの思い」、「Falling」、「これがないのに」、「世間知らず」など多数のヒット曲で愛されるジョン・パク、魅力的な中低音のボイストーンと独特のソウルフルなリズム感でリスナーと活発にコミュニケーションしている。 特にジョン・パクドラマ「ヴィンチェンツォ」、「椿咲く頃」、「都市の男女の愛の方法」など多数のドラマOSTに参加して甘美な声で劇に雰囲気を加えた。 一方、ジョン・パクの新しいアルバム「outbox」は、来る12日午後6時、各種音源サイトを通じて発売される。 写真=ミュージックパーム提供

今のまま表示するしテヨン、週末のような快適サマーソングWeekend [6時★サロン]

/写真=テヨン「Weekend」のミュージックビデオ少女時代テヨンが快適週末のようなサマーソングに戻ってきた。 テヨンは6日午後6時、新しいシングル「Weekend」(ウィークエンド)音源とミュージックビデオを公開した。 「Weekend」は、軽快なギターとレトロなシンセサウンドが調和したディスコポップジャンルの曲。繰り返される日常からしばらく離れ週末だけはしたいように自由に送信し、先頭に立たれるまま残したい気持ちを表現した歌詞が印象的だ。 最も近い海一人だけの映画館はリードリーは通りもいいから ふわり離れ見るdrive ツボク歩いても良い何足届くように今を残してみようしoh 「信じドゥトテン」らしくテヨンの声は「Weekend」の最大の魅力である。張り上げる高音やアドリブなく無関心吐き出すボーカルとナグトハン歌うラップが自然で甘くある。 テヨンは今回の曲について「聴きながら少しでも苦しい心なしに楽しい週末送ったら良いだろう”という風を伝えた。テヨンの風通り聞く自体にどこかふわり離れた気にさせて快適なサマーソング「Weekend」だ。

信じ聞くテヨンから、火曜日にプレゼントされたWeekend [ジュークボックス]

(エックスポツニュースジョヒェジン記者)グループ少女時代兼歌手テヨンがときめく週末のような新曲「Weekend」で「信じ聞くボーカル」修飾語を立証した。 テヨンは6日午後6時、新曲「Weekend(ウィークエンド)」の音源とミュージックビデオを公開した。 テヨンは「I(アイ)」、「Rain(レイン)」、「Why(ワイ)」、「Fine(ファイン)」、「四季(Four Seasons)」、「飛ぶ(Spark)」など多数のヒット曲を保有、大きな愛を受けてきた。優れた歌唱力で様々なジャンルの曲を消化、「信じドゥトテン」という修飾語を持っているだけに、久しぶりの新曲発売のニュースは、大きな期待をかもし出した。 この日公開された「Weekend」は、軽快なギターとレトロしたシンセサウンドが調和したディスコポップジャンルの曲。テヨンの甘いボーカルは快適に耳を包み、ナグトハン歌うラップも曲をさらに豊かにする。 繰り返される日常からしばらく離れ週末だけはしたいように自由に送信し、先頭に立たれるまま残したい心を表現した歌詞も軽快なリズムと調和調和ある。 「最も近い海/一人だけの映画館/ただ導かれるようにしてもいいから」、「何の計画がなく完璧なplan/偶然見つけたsecret place/そこ置いてと自分の小さなジム」など休日の自由を味わうする歌詞も笑顔を抱かれる。 のミュージックビデオでも歌詞に忠実、退屈な日常から抜け出して休日を楽しんでテヨンの姿が入れられた。レトロファッションと曲とよく似合う振り付けは爽やか溌剌テヨンの魅力をよく表現し出して楽しさを加える。 新曲発売に先立って、所属事務所を通じて公開した一問一答でテヨンは「「Weekend」聞きながら少しでも苦しい心なしに楽しい週末送ったらいいですね。そして、皆さんに私の週末(Weekend)のように戻ってくる前に期待されて待たれて、帰ってきたら幸せ息抜きがトゥイヌンそんな存在になったらと思います」という風を伝えた。待っている週末のように、聞けば幸せになるボーカルであることを自ら証明したテヨンが示す別の週末がすでに待たれる。 一方、テヨンは8日、Mnet「エムカウントダウン」を皮切りに、今週は、久しぶりに音楽番組に出演して新曲「Weekend」の舞台を披露する。 写真=テヨン「Weekend」のミュージックビデオ

「心配アンハルレ”テヨン、週末をさわやかに楽しむ方法」Weekend」[、レポート]

歌手テヨンが夏を一層ときめくつながる。 少女時代テヨンは7月6日新曲「Weekend」を発売、音源とミュージックビデオを公開した。 新曲「Weekend」は、軽快なギターとレトロなシンセサウンドが調和したディスコポップジャンルの曲だ。繰り返される日常からしばらく離れ週末だけはしたいように自由に送信し、先頭に立たれるまま残したい気持ちを表現した。 テヨンの甘いボーカルとナグトハン歌うラップ曲のときめく雰囲気を極大化する。 歌は「Every morning鳴っBeep beep beep beep音耳ウィングハムめぐる私促していたモーニングなく起きCheese cake一口グラスいっぱい降ったコーヒーアイスでファンシー非常にゆっくりと」という歌詞でゆったりとした日常の朝を描く。 「ふとシギェルみるもう時間は熱豆柴それでも非常にゆったりとして描いてあくび一度精一杯伸ばしも入れ考えて、今日何をするか窓の向こう季節に視線が届いたその瞬間降り注ぐ日差し私の心を叩いて私の手のジェスチャーする爽やか風乗って」という歌詞だけでも休日のときめきが感じられる。 「最も近い海一人だけの映画館は先頭に立た次第もいいからはるかに離れて見るdriveツボク歩いても良い何足届くように今を残してみようし」、一方街角応じ勝手育った小さな名前の分からない花しばらく眺め熱い日差しを避けて、ベンチにちょっと座って見て遅くはペース影の速度に沿って一緒に歩いて、太陽と足を当てた後、ある月の光に沿って戻りたいこと”としながら休日を送信するさまざまな方法を歌う。 「一日あたり世界の話無視したまま、私は私の一日を組み立ててみようして、よりはno no stress悩みならファンシーMove it right left right勝手行ったことのない道何ていようI do not need a map when I roll the streets続き行ってみる利益for a little fun続けup up upより上がって「パートでテヨンはさわやかなシンギングラップで曲の魅力を生かす。 忙しく息をのむような日常を抜け出して、自由を歌った曲であるだけリスナーの日常に活気を吹き込むテヨンの新曲が「信じドゥトテン」威力を発揮する注目される。 (写真=テヨン「Weekend」のミュージックビデオのキャプチャ)

[POP新曲]離れてみる‥信じドゥトテンテヨンと楽しむ甘い清涼夏休日ウィークエンド

[ヘラルドPOP=パク・ソヒョン記者] テヨンが夏と一緒に帰ってきました。 今日(6日)午後6時テヨンの新曲「ウィークエンド(Weekend)」がベールを脱いだ。 「ウィークエンド」は、軽快なギターとレトロシンセサウンドが調和したディスコポップ。繰り返される日常からしばらく離れ週末だけはしたいように、先頭に立たれるまま残したい気持ちを込めて歌った曲だ。 テヨンの清涼、クールな声は甘い休日を楽しむ瞬間がよく盛られた歌詞との相性のような調和を成して目を引く。 「離れてみるWhen the weekend comes/I can do whatever I want/風により、散乱cloud/もっと自由we can go” 「何の計画がなく完璧なplan/偶然見つけたsecret place/そこ置いてと自分の小さなジム” 「路地の端を戻って会うこと/心地よいsurpriseまたときめき/ドキドキドキドキ一日中” だけでなく、ミュージックビデオでも休日の楽しみを満喫するテヨンの爽やかで溌剌な魅力がよく含まれており、視線をひきつける。 テヨンは、音源発売前に公開した一問一答を介して「久しぶりに明るい曲で挨拶することになってうれしいです。」ウィークエンド」が、明るい曲だから、私も笑いながら作業することができたし、これからも多くの笑顔良い気運したい”としながら”快適に聞くことができるよう、できるだけ退屈して楽々呼ぼうと努力した”と伝えた。 特に高い高音やアドリブ区間なく楽に聞くことができる「信じドゥトテン「テヨンの「ウィークエンド」と夏の休日を私見ることはどうだろう。 一方、テヨンの新曲「ウィークエンド(Weekend)」は、今、様々な音源サイトを通じて会ってみることができる。

アイズワン再会霧散… CJ ENMメンバーたちの前途応援[公式立場]

(エックスポツニュースジョヒェジン記者)プロジェクトグループアイズ員の再結合が、最終的に失敗に終わった。 CJ ENM側6日エックスポツニュースに”企画会社と複数の可能性を開いて再結合について議論したが、最終的に不発になった」とし、”再結合するかどうかとは無関係にアイズ員メンバーたち前途に多くの激励と応援をお願いする」と明らかにした。 アイズウォン(巻ウンビ、宮脇咲良、ガンヒェウォン、チェイェナ、イチェヨン、ギムチェウォン、キム・ミンジュ、矢吹タマラ、ホンダひとみ、ジョユリ、アンユジン、荘園領主)は、過去2018年に放送されたMnet「プロデュース48’を介して誕生したプロジェクトグループ。 2年6ヶ月の間、韓国と日本を行き来しながら活発に活動した末、4月、正式に活動を終えた。 アイズウォンはデビュー後、「ラビアンローズ」、「ビオルレタ」、「フィエスタ」、「幻想童話」、「パノラマ」などの曲をヒットさせ、国内外で大きな愛を受けた。以後アイズワンファン層は再結成のための資金調達を推進し、着実に再会説ふくらむこともした。 アイズ員の再会と関連去る6月CJ ENM側は「アイズウォン再会の話が行き交っているのが正しい」とし「所属事務所と様々な可能性を開いた状態」と明らかにしたが、最終的に失敗した。 写真=エックスポツニュースDB